All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

ニケとゼロス

最近、ゼロスはニケとよくくっついてます。
ニケ ゼロス

最初は近くだけで怒ってたニケ。
でもゼロスがライと遊び始めたら、自分も混ざりたくておもちゃを持ってウロウロ。
プロレス遊びに夢中なゼロに気がついてもらえないのが不憫で、ライにクレート待機してもらって二人だけの時間を作ったりした結果、、、
ど〜んと乗ってきても、「ん?」でおしまい。
ニケ ゼロス

これをみてるとゼロスって名付けて良かったなぁって思うんです。
アテナの命日が予定日のライの子供。
ニケとの関係が薄いようなきがして、たくさんあった候補の中から「ゼロス」を選んだのです。
ギリシャ神話のゼロスは勝利の女神のニケの兄弟の熱意の神格化。
仲良しになるに決まってます。

お遊びはおもちゃの引っ張りっこが多いです。
ニケ ゼロス

カーペットはずれないテープがついてるけど、ライとプロレスしたら吹っ飛んだ!
ニケ ゼロス

いつの間にやら、立ち位置逆転。
ニケ ゼロス

なんだか仲良し。


でも鬱陶しいとがっつり叱られます。


いろんなことを教えてもらってるゼロだけど、ニケもいろんな影響を受けてます。
以前は掃除機が怖かったけど、ゼロに釣られて、掃除機を跨いで行くようになりました。
ちょっと神経質なニケ。
ライと一緒にニケのナイトになってくれればいいな。

最後はサボった!

お友達が久しぶりにアジのレッスンを撮ってくれました。

いつもアップする大会の様子とはちょっと違ってこれはこれで面白いと思うので、ノーカットでアップします!
本当なら字幕をつけてアップしたかったけど、使ってたYouTubeの字幕機能が無くなってた〜。
新しいのを勉強するのも時間がかかりそうなので、とりあえすど〜ぞ!



スタートから12秒後、バー落下。
大会ではそのまま進まなくてはいけませんが、練習ではライはバー落下させたときは戻って、指摘してます。
「落とさないように気をつけて飛ぶ」って意識づけのためです。

なのでこんな場面は・・
アジ ライ
完全に進路妨害なので、たとえ練習でも指摘はしません。
が、これがどっちが悪いのか判断するのはなかなか難しい〜。

バーを戻して、一つ前からやり直してドッグウォークの先端までが50秒。
折り返してハードルを3つ飛んでトンネルに入れるコース。
確実にライを掴まえて、トンネルにぐいっと押し込まなければならないのですが。。
2時間のレッスンの最後の走り。しかも暑い日でいつもよりバテバテ。
1回目は3番目を飛ばした後自分が半回転するのが精一杯でトンネル方向への最後の1歩が出ない。
2回目はバー落下したので指摘するべきか??なんて思っててこれまた押し込めず。
・・・いや、そう自分に言い訳したけど、もうよろよろで最後の一歩が踏み込めない!
2回同じ失敗をしたのでそこだけ動きを確認。
そしてはっきり「足が思うように動かない!」って気がついたので足踏みしてみた。
そして3回目。
2回目の時は指摘するべきか、、って思ったけど、もうヨレヨレだったので「バーを落としても戻らない!」って確信犯でトンネルに押し込むことだけに専念。

トンネルの後、そもそもヨレヨレなのに押し込んだ分次に向かうタイミングも遅くなり完全に後追い状態。
最後はハードル1本とんでAフレームの奥のトンネルから入るところだけど、
「やり直したくないから、お願いい、行って〜!!」
と言う、ハンドリングじゃなくて祈りでなんとかしたハンドラーなのでした。

ニケライがシニアになって、、、って色々考えることが多かったけど、自分のことも考えなきゃいかん!と改めて思った次第です。

最後にさっき出した写真と同じ時に撮っていただいたかっこいいやつも載せときま〜す。
お口直しにどうぞ!
アジ

アジ

アジ

みいちゃんとヒロ君

もう1ヶ月前になりますが、妹親子がワンズに会いにきてくれました。

最近は子供たちも忙しくてなかなか遊びにきてくれる事が少なくなったので久しぶりのニケライ。

その昔みいちゃんの遊ぼう攻撃に耐えかねてクレートに逃げ込んだニケ。
それを追いかけてクレートに一緒に入ろうとしたみいちゃんに吠えまくったっけ。
そして驚いたみいちゃんは「私はニケのことが大好きなのに」って号泣してました。
そんな二人もそれぞれ立派な大人になり。。
みいちゃん ヒロ君
今回はみいちゃんを「ボールを投げる人」認定したニケ。
ず〜っと飽きずにやってました。
(カーペットが飛んだのは黄色い子たちのせい)
みいちゃんも犬の状態に気を配れるお姉さんになったので、ちょっと投げては休憩たり調整してくれるようになりました。

初対面のゼロは、全く人見知りしないので、呼ばれれば大喜び。

「遊ぶ?」
みいちゃん ヒロ君

ヒロ君の座ってた椅子に飛び乗ってご機嫌。
みいちゃん ヒロ君

つられてライもとびきりの笑顔。
みいちゃん ヒロ君
その後ろでヒロ君の顔を舐めまくるゼロ。
昔は嫌がって泣いたヒロ君も笑う余裕のあるお兄ちゃんになりました。


みいちゃんはまだアテナしかいなかったときから遊びにきてくれてました

ヒロ君の初登場の頃はこちら!
今回この記事を見せたら、小4になったヒロ君は大笑いしてました。

次はどんなシーンになるのかな。

初めてのドッグラン

先週の日曜日、山中湖で行われたセミナーに家族で参加してきました。
もちろん、ゼロも一緒です。

途中で足柄SAのドッグランに寄りました。
ゼロス、初めてのドッグランです。
先にいた優しそうな黒ラブちゃんも混ざってボールを追いかけます。



でも、実際はボールを追いかけてたんじゃなくて、姉さん、兄さんを追いかけていたゼロス。
必死だけど、まだまだ敵わないね。


やがてやってきた1ヶ月年上のゴールデンドゥードルちゃんと遊びました。
ドッグラン ゼロ
ちょっと押しの強いゼロにタジタジになるドゥードルちゃん。
でも嫌なのかなぁって思って離すと向こうから寄ってきます。
元々の性格プラスあちらは初めて飼うわんこでこちらは3頭の末っ子。
その環境の差もあるのかもなぁって思ったりもしましたが、どちらも楽しそうでした。


それから一路山中湖へ。
セミナーは午前中は2時間の座学。
その前にたっぷりガズ抜きしてもらわないとね。

この日のセミナーはバーニーズクラブ主催、ピレニーズクラブ後援のものなので、超大型がわんさか。
我が家のラブは完全に平均より小さい。っていうか、下から数えたほうが早いくらい。

でも、ニケライは周りは全く眼中にないし。。。
ドッグラン ゼロ

ゼロは大きい子とか小さい子とか関係なく、あっちこっちご挨拶。
彼の犬生の中で一番大きなお兄ちゃんにくっついて歩きます。

もっとも、この1時間後にグレートデンとご挨拶したのですぐに記録更新しましたが、、

そして、一番気が合ったのが、1歳になるバーニーズくん。
ドッグラン ゼロ

がっつり押さえ込まれてます。

体重差はあるけれど、ゼロはがっちり型の上に押さえ込まれるのは慣れっこだし、相手の子も上の子がいるご家庭だったので遊ぶのは上手だろうと思ってましたが、お腹の下からすごく嬉しそうな顔をして這い出てきたのを見た時には正直呆れました。

圧倒的な体重差にやられてもやられてもちっとも凹んでない。
ドッグラン ゼロ
やっぱり大物かも。。。

そしてセミナー中。
ゼロはクレートに入っていてもらったのですが、飽きることもなく小首をかしげて講演者を見てたり、ず〜っとお利口にしてました。
やっぱり大物かも。。

この良いところをすくすく伸ばしてあげたいと強く思った母でした。

羽を掴む

パピー達が大騒ぎだったアジ大会。

ライは3度に、ニケはシニアにエントリーしました。

7月に10歳になるニケ。今年いっぱいはオプデスで走りたいと思っているけれど、毎回、「これが最後かもしれない」と思いながらスタートラインに立ちます。
でも、この日のシニアはラージでもほとんどが2桁年齢。
9歳のニケはまだまだ、資格がないくらい。
なので、当然、ハンドラーも全員が熟練ハンドラーなわけで、、
「シニアなのに距離が長い」「コースが難しい」「全員楽しくCRさせて!」「そもそも、なんでこんな暑い時間帯にやるんだ!?」等々、賑やかで楽しいリンクサイドでした。




私はニケをよく見て励ましながら導けたし、ニケはよく応えて走ってくれました。
人馬一体ならぬ、人犬一体の満足の1走となりました。
先週のオプデスの2走もそうだったけど、ずっと追い求めていたダンスを踊るような一体感。
掴んだかと思ったらすぐにふわふわ飛び去ってしまう羽のようなものだと思ったけど、なんだか掴めたような気持ちになりました。

おそらくJKC最後になるであろう表彰台に乗せてもらいました。。
JKC 表彰台

そして、ライ。
JP3はトンネルに入れるところを寄ってきてしまい拒絶1。


AG3はバー落下2


どちらも流れは悪くなかったのに、ポロリと取りこぼしてししまう。。
ライももう8歳。
最初に練習したのは8ヶ月くらいの時だったかな。
そろそろ積み上げてきた長い年月を体現しないとライに申し訳ない、と気持ちが焦ります。
この冬のオリンピックのNHKのテーマ曲の一節
「ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと君は泣いた」
が胸に沁みます。

いつか、願わくばバリバリの現役のうちに、ライの羽も掴めますように。
<前のページ 次のページ>

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター