All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

リアル「要らないんです」

同じ大会のニケの様子。
スタートのJP3は、、、

今回もしっかりカメラ目線〜。

そしてAG3。
ニケはノーミスで帰って来ても制限タイムを越えてしまう事が多いんです。
なので、毎回、スタート前にタイムはチェックします。
今回は53秒。
ところが、先に走ったスモール、ミディアムの足跡ですでにぐちゃぐちゃな地面。
気を使ってくれたジヤッジのS先生が地面の状態の良いところにセッティングし直してくれたのです。
その時、コースもちょっと優しくなり、タイムも49秒に変更になりました。
そしてスタート。

ノーミス帰還。
タイムは51秒90。
う〜ん、残念!
でもまぁ、ニケはもうポイントは要らないし、自宅保管用ももらったから、もうOK.

大会では掲示板に成績が張り出されます。
それを覗きに行ったら、、、
制限タイムが53秒のまま計算されていて、ニケもポイントもらえる事になっていました。。
あれ?
ポイントは表彰式の後でわたされるので、そこまで待って「やっぱりないよ」って言われるのは大変つらい。。
なので、大会の役員だったスクールの女先生に確認。
ジャッジに確認に行った先生、
「やっぱり、49秒だって。ニケ、残念だったね」
とおっしゃってくれたのですが、思わず、言ってしまいました。

「あ〜、先生、いいんです〜。ニケはもうポイント要らないので〜。」

リアルに他の方に言うとは思っていなかったので、気分的には「お〜ほほほ」って笑いたいくらい、気分爽快でした。
が、、
後でふっと思い出したのですが、もう1人50秒台で走っていた子がいたはず。。
その子がどうしたかなぁとちょっと胸が痛みます。

one of the best

花鱗島で無邪気に遊んだ翌週はその年最後のアジリティー大会。

ライとのペアはあまりに不甲斐なくて、前回は2度におとしてポイントを狙いに行きました。
そして、狙った通りにWCRできたものの、、、
内容はひどい!(その様子はこちら。

なので、今回のテーマは「美しく走る」
おたおたしない事。って目標低いっ!

ライのJP3

よく聞くと結構「来い来い!」叫んでますが、、、
久しぶりに気持ちのいいCRでした。
ゴールしたら見ていた友達に「ハンドラーが落ち着いてたね〜」って。
ライもよくお耳が聞こえていました。
スローで見ても、トラップに視線すら送っておらず、しかもハードルを最短距離で飛んでいます。
席次は18席だったけど、ノンボーダー部門(勝手に新設)では、選考会常連のスクールの先輩の次!
タイムは日本代表レベルのトップと3秒しか違わないし。

あとで振り返った時に One of the best って言えるかな!


そしてAG

久々にAフレームで飛び出したライ。私ももうちょっとしのぎ様があっただろうに、わかりにくいハンドリングして失格。
でもその先、Aフレームの下をくぐらせてあるトンネルのハンドリングは狙った通り。
と言うのは、トンネルの正面にはトラップのハードルがあるので、トンネルを出たらすぐに右に曲がらせたい。
足の早いハンドラーは一緒に走って出口で待ち構えられるけど、私のライの能力比だと、完全に後追いで走ることになり、しかも全力でトンネルの横を走っているのを感じたライはスピードを緩めず直進する危険性が高い。
だから、確実に捕まえる事を諦めて、むしろはじめから右に向かって行くのを感じ取って欲しい。
ここがLailaps Wayの見せ所。
ビデオでは切れちゃってますが、少しも迷う事なく右に曲がって来た時には「やった!」って。
そして、最後、なぜがダブルのバーの上に落下するところもライらしくてご愛嬌。


たまたまジャッジの休憩中だったスクールの先生もご覧になっていたみたいで、珍しく「あれは良かった」って褒められました。(私としては褒められたことより心配していたタッチのお小言がなかったのが嬉しかったですが、、)
先生、JPがCRだったのに18席だったって聞いて「大回りさせたんじゃないの??」と。
う〜ん、私的には one of the best だったんだけどなぁ。
その言葉を評価して頂いている現れと受け止めて、更に進めたらいいな。

大好きな場所

まだまだ12月のお話。

ちょっと前までは年に何度もお邪魔していたフィン&キールのお城「花鱗島」。
ニケもライも、一番最初のお泊りはここでした。
それが、お互いに忙しくてなかなか都合が合わず、12月になっての「今年初めて」の訪問となりました。

ワンズが若かった頃には花鱗島をベースキャンプにあちらこちら遊びに出かけましたが、今回は1泊ということもあって、花鱗島でゆっくり。でも子供達にとってもそれが一番楽しいにちがいない。
何しろここは、一番大好きな場所だから。

ゆっくりめに到着した時にはちょうどボスがその日の釣果をさばいているところでした。
花鱗島

子供たちはボスがくれる事をちゃ〜んと知っており、、
花鱗島

メインは人間のお刺身になります。
花鱗島

人間が飲んで食べてを楽しんでいる間、フィンちゃんはのりさんのモモに顎を乗せてかわいくアピール。
花鱗島
後ろのライはフィンちゃんの追っかけ。
キールちゃんが遊ぼうって誘ってくれても、ひたすらフィンちゃんについて回ります。

デザートはこれ。
花鱗島
暖炉で焼いたアップルパイ。


翌日はお昼の仕度をパパ達に任せて。。。
花鱗島

ママと子供達は近所をお散歩。
途中の山でちょっと放牧。

「投げるの??」って大興奮なキール、ニケ。ライ。
花鱗島

それゆけ!
花鱗島

カサカサで大喜びなニケ。
花鱗島

ライもまるでパピーみたいな無邪気な顔して、、、
花鱗島

長老フィンはお荷物を咥えながらゆっくり歩きます。
花鱗島

そして時々、(フィンよりは)若者達のレトリーブに触発されて、その荷物をなげて〜って言うんだけど、、
それ、ライのうんちなんだよねぇ。。
変なもの持たせてごめんなさい!

そして、ママ達のお楽しみは足湯。
ちょっと熱めのお湯に浸かりながら、コーヒー牛乳を飲んでる間、子供達はお利口に待ってます。
花鱗島

というより、おやつ期待??
花鱗島

お家に帰ったらおそばが出来上がってました〜。
花鱗島

短い滞在だったけど、本当に楽しかった〜。
今年はたくさん訪問したいな〜。

Show the flag

さて、新年ではございますが、12月のお話を。

第一日曜日は恒例のラグビーの試合&銀杏並木に。

早速撮影会。
絵画館前で。
銀杏 ラグビー

そしてくるっと反対に回ってグラウンド越しの銀杏並木。
例年はこの間に屋台テントが設置されていて、こんなに見えないのですが、今年はあの不幸な死亡事故の影響で銀杏祭りも中止になっていました。
銀杏 ラグビー

銀杏はもうかなり散っていました。
銀杏 ラグビー

早朝の秩父宮競技場正門。
銀杏 ラグビー

数時間後にはM大スポーツを配ってました。
銀杏 ラグビー

そして裏門。
銀杏 ラグビー

こうやって、早朝と試合前の2回、M大のTシャツを来て『お練り』をするのですが、、
銀杏並木のベンチでちょっと休憩。

写真撮ってもいいですかぁ?
銀杏 ラグビー

うん、いいよ〜。
銀杏 ラグビー

実は彼女はM短大出身ののりさんの会社の後輩。
母校のスクールカラーの紫のコートです。

お散歩していて気付いたこと。
すれ違った時にちらっと見て目をそらすのは相手の応援の人。
「あ、M大!かわいいなぁ」って言うのはもちろん、微笑みながら振り返るのは味方。
「写真を撮ってもいいですか?」って聞く人はM大ファンか犬好きが半々。
それぞれの立場で反応がちがって面白いなぁ。

でも、中には
「お揃いのシマシマのお洋服かわいいわね〜」
っていう全くの無関心派も数名遭遇しましたが。。

今年の犬漢字

さて、大晦日。
今年も後数時間で終わります。
恒例犬漢字ですが、、
今年は『耐』かなぁ。

本当に大変な一年でした。
去年最後の大会でメジャーポイントを手に入れてカウントダウンに入ったグラントトレチャンは足踏みのまま。
アジも撃沈続き。一時は本当に引退しようかと思った位。
『忍耐』を試された一年でした。

プライベートでも不幸が続きました。
4月には会社の同僚が、5月には実家の母が、9月に義父が、11月にはアジの先輩が亡くなり、じっと悲しみに『耐える』一年にもなりました。

そして母の納骨がすんでほっとした直後の8月。父が化膿性脊椎炎で緊急入院しました。
搬送された時には「胸から下は動かないと覚悟してください」と言われた位。
「お父さんの1人の生活が軌道にのるまでは絶対泣かない」とお母さんと約束したのに。。。
私は約束を守れなかった悪い子だ。。
膝を抱えて大声で泣きたいのをぐっと堪えて耐える日々でした。

日に日に衰えて行く母を看護しながら1月にファイナンシャルプランニング技能士3級を、
背骨が弱くなっているので起き上がる事を禁じられてご飯さえ寝たまま食べることになった父のベッドの横で参考書を広げたのに暗くて読めないアクシデントを乗り越えて2級を受ける事にしていたのに、受験日3日前に義父のお葬式というアクシデントのてんこ盛り。
奇跡的に合格できたのは頑張ったご褒美としか考えれません。。

仕事、病院、勉強、、
手一杯で時間がなくてかまってあげられなくて、お留守番ばっかりだったニケライも健気に耐えてくれました。
本当にありがとう。

父は1日3時間の療法士さんが付いたリハビリの他に自主練をして、とうとう団地の4階に帰る許可を得ることができました。
父に負けないように来年は努力が花咲く一年にしたいな。
<前のページ 次のページ>

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター