All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

4歳になれました

7月1日。
ニケの誕生日でした。
一緒に生まれた小まめちゃんこまちちゃん小次郎君もおめでとう!

無事に4歳になりました。
アテナは4歳になる直前にお空に駆け上った永遠の3歳。
ニケも去年の9月、本当に三途の川を渡りかけた。
(いや〜、呼び戻しが効く子で良かった〜)
あの時、アジスクールの女先生に電話して号泣しながら叫んだ一言。
「うちの子は3歳までしか生きられない呪いでもかかってるんでしょうか!?」

その自分の放った言葉に縛られた訳じゃないけど、ず〜っと怖かった。
ライの誕生日にふと思いついて数えてみたら、アテナの生きた年齢を超えてることに気付いたときは、密かにガッツポーズした。。

パパも大きなトラウマを抱えているようで、給料天引きで動物保険に入った。
「今日は元気が無い」「最近毛艶が悪い」「太った」やら「やせた」とうるさい。
夜中にベッドで寝ていたニケが床に降りて下を向いているだけで、「ニケが吐いた!」と叩き起こされた事数回。(パパは私を起こすだけ〜)

だから、「4歳になました」ではなく「4歳になました」って気持ちが強いです。

ママの好きな美しい斜めの角度のお顔
ニケ 誕生日

パパの好きな美しい伏せの姿勢
ニケ 誕生日

その時ライは定位置で〜
ニケ 誕生日

何を待っていたかと言えば、もちろんごちそう!
ニケ 誕生日
奥にはフランママさんから頂いたビスケット。
昨日、他の用事で会ったのですが、「ニケの誕生日で。。」って話したら、その場で用意して頂いちゃいました。お手数かけてごめんなさい&ありがとう!!
手前のおやつとカードと三角のおにぎり入れ(?)はフィン&キールから。
おにぎり入れの絵は『ポン・デ・ライライ』だったよ!
そんな細かい演出に感謝!!
それから、去年頂いたんだけど、もったいなくて使えなかったオビワンシルク家特注のお醤油をお祝いに開けました(爆)  あ!もちろん人間用です。
ケーキは作ってる時間がなかったので、市販のものに4本のジャーキー立てて、、

「で、まだ食べられないの??」
ニケ 誕生日


今回はこの距離で並んでもらいました〜。
DSC09680.jpg
両者、真剣です。。


最近、ニケとアジをやるのが本当に楽しいです。
ニケは自分の仕事をきっちりとやってくれるし、私もニケの苦手を知りカバーすることができてくるようになりました。ペアとしてすご〜く充実して来たなって実感があります。ミスするのはほとんどが私のせいだって素直に思えます。ニケの能力に見合った有能なハンドラーになりたい。。

普段の生活でもそう感じる事が多いかな。
とても信頼しているし、たまに私の意に反する事をする時には怒るより「ニケはなぜそうしたがるのだろう?」って考えちゃうくらい、いい子です。
ニケにふさわしい立派な飼い主になりたい。。

これからもず〜と元気で一家のエースとして君臨してね。



今度は歯だよっ・・・

昨日、ニケが病気になって以来、初めて歯磨きしました。
どうしても、吐き気がしちゃったらどうしようって思っちゃって、のびのびに・・・
2ヶ月以上放置状態だったから、ちょっと心配だったけど、いつもと変わらず。
「うん、うん、大丈夫」って思いながら前歯を磨こうと思って、口を閉じた状態で唇をべろ~んってめくったら・・
「あれ?こんなに広々してたっけ??」

次の瞬間、「んがっ!」って口を開けてみたら・・
ないっ!
左の切歯(犬歯の隣)が根元からぽっきり!!
歯根はそのまま残ってる。
え~~~~つ!?なんでぇ???
病気になる前には特に変わったところはなかったはず。
その後、食べられない日が続いたし。。
我が家にはいつでもガリガリできる骨が置いてあるけど、子供の頃からかじってたものだしねえ。。

今日、病院へ行ったら「途中から折れているなら抜いてしまうこともできるけど、これだと歯茎を切らないと歯根を取り出せない。大掛かりな事になってしまいます。どうも、つい最近欠けたわけでもなさそうなので、様子見にしましょう。」ってことになりました。
はぁ。。。
「こんな折れ方をするのは相当な衝撃でぶつからないと、、なんだけどねぇ」と、先生。
心当たりないよ~(泣)

先生のアドバイスは
「お祓いに行け!」


ここはのりさんの言う通り
「命の代わりに歯を神様に差し出したんだよ」
って思うことにします。

そして、今以上にケアしてあげる決意をしました。

負けるもんかぁ~~~~!!

終息宣言!

もう、1週間前のお話になりますが、ニケの経過観察に病院に行きました。
本来なら、この日は9時からパパの病院、11時からニケの病院ってはしごの予定でした。
でも、パパの病院には行きませんでした。

なぜってね、、
パパ、前日は大学のゼミのOB会の打ち合わせだったんです。
自分の親より年上のうるさ方がいるし、お世話になった先生が退官されるので、無理して出かけたのは分かります。でも12時まわっても帰ってこない
携帯に電話したけど出ない。腹が立って、
「なにやってんの?明日病院だってわかってるよねぇ?」
と怒りのメッセージを残してたら、ライがあまりの迫力に腰砕けて震えてました。。。。

翌日も怒り収まらず、
「夜遊びできる体力があるなら、電車で行け!」
と言ってやろうと思ってたら、その前に自主的に出かけてました。

多摩川のほとりにある日本動物高度医療センター。
うちからだと国道で1本。
なんだか、通い慣れてきた感じのある道もこれで最後かも。
いや、最後にして欲しいんだけど、ちょっと寂しい気がしなくもない、、
この日もロビーでは待たせてもらえず車待機。
予約時間よりちょっと遅れて呼び出しがかかり、建物内に入ろうとしたとき、パパ登場。
電車でやってきたよ。。。
駅からそこそこ歩くのに。。。
私が怖かったのか?ニケが心配だったのか??

意気揚々とロビーに入って行ったニケだけど診察室に入ったとたん、「しまった!」って顔して引き返そうとしてた。たしか、前回もそうだったよね、、
体重は19.5キロ。ベスト体重まであと1キロかな。
そして、嬉しい事に、2週間前の血液検査の時に最後まで数値が正常値を外れていたALPが正常範囲にもどりました。
先生がおっしゃるには
「肝臓は回復に向かい始めると一気に良くなるんですが、今回は本当にゆっくり、ゆっくり戻りましたね」
って。
ゆっくりと、でも歩みを止めずに確実に。
ふふ、、内蔵までニケちゃんらしい。

「念のため、肝臓と胆のうを強化する薬をもう2週間飲んでもらいますが、抗生物質はもう無しです。通院の必要はありません。本当に良かったですね。」
先生から、こうお墨付きをもらいました。

やった~!
ここで、高らかに宣言したいと思います。
ニケ、完治しました~!!皆さん、ありがとうございました!

お見舞い品

今回、ニケの病気に関して、たくさんの応援本当に感謝しています。
ずっと、頑張れって言ってくれた方、
お祈りしてくれた方、
毒物かもって言ってた時にいろいろ調べてくださった方、
レプトの予防接種について情報をくださった方。
ありがとうございました。

お見舞いの品もいくつかいただいたので、お礼を込めてご紹介。

最初にいただいたのはラブママさんから、サプリ。
お見舞い品
抗酸化、抗疲労、抗ストレスなどに効くワンコも飲めるサプリ。
でももったいないから、ママだけ~(爆)

レオmamaさんからはニケの大好きな鹿肉が届いたよ~。
お見舞い品
ライはニケはポーズ取らされて不満顔。

でも、ゆでたお肉を食べる時はこんな。
お見舞い品
どうしても止まった奇麗な写真が撮れません。ぷぷ。。

hirottiさんのお見舞いはグルカン水。
お見舞い品
グルカンって黒酢酵母の産出物なんだって。
ドライフードにかけて食べさせてます。


フィン&キールからは2段構えで。
最初はイサキとtotowanのおやつがど~んと。
お見舞い品
まだ、ニケが食欲がなくて、食べられないって焦ってたときに送ってくれました。
届いた次の日、ゆでて持って行ったつもりが、ライに残して行くはずだったささみと間違えちゃって。。
ライがまるまる1匹分、頂きました。

第二弾はわらさ(だよね??)
お見舞い品
人間も美味しく頂きました。


オビワンシルクさんからはいろいろセット。
お見舞い品
どれも美味しそうだったけど、田七人参っていう漢方だけは苦かったみたい。
でも、この田七人参、朝鮮人参よりも効能があるんだって!
私も一緒に飲もうかなぁ。

そして、某イヌともさんから送ってもらった酵素。
去年の秋と今年の春に作ったものらしいです。
甘くて美味しい匂いがするので、宅急便が届いたときからまとわりついて離れません。
お見舞い品

やっと座らせて、ハイポーズ。
お見舞い品

片付けたいのに、未練たらたら、、お見舞い品
瓶をなめ回してます。


こんな皆さんのお見舞い品のおかげで、体重も19キロまで増えて、昨日の血液検査ではALPがやや高いだけで、ビルビリンはじめ他の数値は正常値に戻りました。
先生からも
「これで、私たちも『完全に大丈夫です』と自信を持って言うことができます」
と言ってもらえました。
お薬はもうちょっと飲み続けますが、よかった。
ほんとうにありがとうございました!

ニケの経過日記5

はじめに。。
この1週間、過去の経過ばかり書いていて、「今の調子はいかが?」って聞かれちゃいました。
そうですよね~。ご心配しただいて、感謝です。
ニケは元気いっぱいです。
昨日は1ヶ月ぶりにスラロームを数回練習してみました。
ちゃ~んと覚えてましたよ。
肝臓は見えないので、まだまだ油断してはいけないと思いますが、、
土曜日にはまた病院に行くので、いい結果が報告できるといいなぁ。

12日目:9月18日(日)
ニケは相変わらずのささみイーター。
実家にいたときから食べていて、うちにやってくる日の朝も食べさせてもらってた、いわゆるソウルフードなのか?はたまた本能的に高タンパク低脂肪を選んでるのか?
それも、ちょっと食べては昼寝して、目が覚めるとまだ食べてみたり、、
私にはニケが自分で吐かないように調整しているように思えたけれど、やはり、食べる量が少ないそうで。。
「回復しきるまで、体力がもつか、、そう言う勝負になってきますからね。点滴には栄養剤は入っていないので、口から取ってもらいたいんです。」
と先生。知らなかった~。
かかりつけの病院では「点滴から栄養補給できてるから、絶食、絶水」と言われたので、てっきりおんなじなのかと思ってた。。ちょっと、焦る。
実はもう一つ、点滴で知らなかった話がありました。。
初日に、肝性の黄疸と言われた時に可能性が低いながらも、レプトスピラは候補のひとつ。
1週間かけて、たくさんの候補を否定しながら、いわば消去法で原因を突き止めようとしていたのですが、「可能性が否定されない限りは対処療法の中に入れる」ということで、はじめからレプトスピラ用の抗生物質も入っていたのだと、、
点滴代、1日1万円だけの価値はあったのだなぁ。。
ニケは食べて体力をつけること。それが、課題。
それに、
「ここまでは順調に血液検査の数値が改善していますが、もしここで揺り戻しで悪くなるようなことがあったら、その時には我々も『覚悟してください』と言わなくてはならなくなると思います」
とも言われた。まだまだ、安心はできない。

一方、ライはとりあえず、検査機関がオープンする火曜日にレプトの抗体検査をすることに。
そして、その結果次第ではあるけれど、今後のワクチン接種について話し合う。
ライは8月末に8種を受けたばかりだけれども、9種を追加接種した方がいいのか?
ヘブトマディス型だけ受けられないのか等々。
「今回のニケちゃんのケースはいわば交通事故にあったようなもので、じゃあ、今後は9種じゃないとだめ!って言うのも違うような気もするし、じっくり考えましょう」
ってことになった。

関係した人たちへの連絡内容についても話し合い。
その途中で、のりさんが聞いた。
「レプトの患畜の回復曲線ってどんな感じなんですか?」
先生、ちょと考えてから、さらっと答えた。
「変な話、今まで、レプトで入院して元気になって退院した子がいないんでね~」
この一連の騒動のなかで、一番ひや~っとした言葉だった。。


14日目:9月20日(火)
ライを連れて病院へ。
久しぶりにお留守番しなくて済んだのに、いきなり病院だったライ。
お気の毒さま~。
ただし、感染症の疑いがあるので、ロビーでは待てず、車待機。
車からおろしてもらって、ロビーの横を通過するまでは、意気揚々としていたのに、診察室のドアを開けたら「しまった~」って顔してたな。先生に向かって「ウー」言ったくせに、台に乗せられたらしっぽがお腹にピタ~。
こいつは本当に手がかかる。絶対入院させられないな。。

ニケは私といるとささみにくっついたフードも舐めるようになった。
いないときにもささみを食べて欲しいけど、自家製で食中毒にでもなったらイヤなので、置いて行けるように缶フードを持参した。「ささみのスープ煮」はちょこっと食べてくれた。でも、出がけにミンチ&調理した自家製の方がお好みみたい。母としては、ちょっと嬉しい。。
帰りがけ、看護士さんに、缶フードと私がいる間に食べたもののリストを渡す。
メモを見た看護士さん、
「このメーカーのは食べるんだぁ。やっぱり病院食より美味しいのね。」
だって。供血したときにお礼にもらった術後の療養食は狂喜乱舞して食べたので、今回もあげてもらったけど、だめだったみたい。

15日目:9月21日(水)
台風。
のりさんは車の運転を心配してくれたが、明日、どうしてもお見舞いに行けないので、今日行かないと。
「行かないと」って言っても義務感からではない。
先生も看護士さんも「飼い主さんがいるとリラックスしますね」と言ってくれる。
ニケが喜んでくれるなら行きたいのだ。

電車で行くことも考えたけど、止まることもあると思い、やっぱり車で。

実際、ニケは大喜びしてくれたし、帰ろうとしたら、「嫌だ」とわがまま言った。
切なくて泣いた。

幸いにも、往復とも雨、風共にそんなに強くなかった。
でも、適度な緊張感で車では大泣きせずに帰って来れた。
「天が味方してくれている」
そう思った。


16日目:9月22日(木)
夜、病院に電話を入れる。
ビルビリンは2.5まで下がった。
朝ごはんは病院食を完食したそうだ。

そして、先生から、待望の言葉が。
「正式には明日お話して決めようと思いますが、この様子なら退院しても大丈夫かと思います。」
やった~~~!!!

17日目:9月23日(金)
祝日なので、のりさんも一緒。
ニケ、大興奮して、点滴の管を足で踏んでジャンプしたもんだから、管の接続部分が外れて、血が逆流する騒ぎに。
で、それを朝にもやったらしい。。
「正直、点滴はおとなしく寝ていると入りやすいのですが、こうなってくると経口薬の方が有効でしょう。実際問題、点滴をさせる血管もなくなってきていますし。。本来なら、病院でちゃんと薬が飲めるか確認してから退院させたいところですが、これ以上いるとストレスが心配になってきますからね。明日、退院しましょう。」

今日、明日、、
本当はアジの大会で「やった~」と言っているはずだった(図々しい妄想)
でも、ニケは本当に命がけの勝負に勝ってくれた。
だから、何倍も大きな声で言ってあげたい。
「やった~!!ニケちゃん、おりこ~~!」

。。。。完。。。。
<前のページ 次のページ>

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター