All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

写真は語る!

前回の記事に使える写真を探していて、12月にHIROちゃんから頂いていたアジ写真がお蔵入りしてしまっていたことにきづきました。

もちろんニケライのかわいい写真がいっぱいなんだけど、ちょっと違った目で見るとなかなか面白い。。

アジ界では「絶滅危惧種」と呼ばれているラブラドールの中でも少数派のイエローの盟友ハーマイオニーちゃんと珍しく出走順がつながってのワンショット。ハーちゃんもばりばりのフィールドラブ体型です。
アジ オプデス

ライにしては珍しく後ろ足をたたんでるなぁって思ったら、これ、まさに逆とび失格シーンでした。
さすがのライも一旦止まってから助走なしで跳ぶときはこうなるらしい。
いや、余計なとこ跳ぶな〜〜!
アジ オプデス

本来の跳び方。
アジ オプデス

そして大いに反省したのがこのシーン。
アジ オプデス
ライは左側から走って来て手前から後ろを跳んだ後、Uターンして20番のハードルに向かいます。
写真ではライは進行方向に向かって左側を飛んでいます。
すると、青→の様に飛んで着地します。
アジ オプデス
するとその分大回りして次のハードルに向かうことになるので、タイムロスになっちゃいます。
理想は赤→ラインで跳ばして、ウイングぎりぎりで旋回させること。ハンドラーはそこまで計算して指示を出さなきゃいけないんですが、頭では判っていても、「こっちだよ〜」と引きつけてるうちにズルズル下がっちゃってました。

ニケも同じ。
アジ オプデス
同じことを二回やっちゃうって、身に付いてない証拠だよなぁ。と反省中。

こちらは反対バージョンの成功例。
アジ オプデス
バーの左端から跳んでます。

そして二つ目の反省点。
ライが向こう側からこちらに飛んで来るシーンで、ハードルに近づき過ぎてライに窮屈な思いをさせて、、、、
アジ オプデス
結果、左後脚を曲げて跳ぶ事になってバーを落としました。

ので、ニケの時はもうちょっと離れてみました。
アジ オプデス
この時は反省が生きたかも。

たとえ、1席をもらえたとしても、
「もらえた事は嬉しいけど、こういう走り方をしたかったんじゃなかった」
って時もあるし、
逆に失格になっても
「あのシーケンスは狙った通りに綺麗にハマったなぁ!」
って嬉しくなることも有ります。
その一瞬に感じる愛犬との一体感がなんとも心地よくて、アジはやめられません。


スポンサーサイト

コメント

アジ界では ラブは絶滅危惧種なの?
スピード狙いだと 犬種絞られると思うけど
やっぱり 人との共同作業っていうか
コンビネーションはやっぱラブだよ♪

って……ほかの犬種の事知らないからね(汗)


跳ぶ角度で後ろ足が伸びたり曲がったりするの?
‥‥‥キールはどうだろう?
みてみよ〜〜っと!
2016/02/18(木) 21:36:49 | URL | かすみ  [編集]
ラージクラスはほとんどボーダーになってるかなぁ。
身体の大きさがラブほど大きくなくて、柔軟性があるので、ラブで走ってたひとも、だんだんボーダーに変わってるんだ〜。

脚が曲がるかは助走距離によるかな。
あ、その前に個体差があるので、ニケは曲げて跳んでる事の方が多いんですよ。
2016/02/19(金) 19:38:50 | URL | アテナママ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ylabathena.blog89.fc2.com/tb.php/980-1b0d55ed

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター