All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

ひまわり忌には

すっかりアップのタイミングがずれてしまいましたが、
1月26日はアテナの命日『ひまわり忌』です。
アテナ

3歳10ヶ月でお星様になったアテナ。
アテナ

アテナと一緒に過ごした時間よりいなくなってからの時間の方が長くなっても、いまだに我が家の絶対女王。
命日は甥っ子りょう君の誕生日の翌日だったので、毎年りょう君のお誕生日とセットで話題に上る。
いまにして思えば、それを計算に入れていたのかもなぁ。。
西丹沢 良介
(2段ベッドのアテナとりょう君)

急逝した夜。
あ、いや、その日は呆然として何もできなかったから、多分次の日の夜。
冷たくなってしまった身体をさすりながら、昔友人が言っていた言葉を思い出してました。
「私、好きな人が亡くなったら剥製にしたいんです。そしたら、いつでもそばで触ってられるでしょ。」
聞いた時には「馬鹿なことを」って笑ったけど、気持ちがよくわかる。。
たとえ冷たくたって、こちらを向いて微笑んでくれなくたって、いつまでもこうしてこの美しい毛並みをなでていたい。
でもそんな気持ちでブラッシングしていて。。
アテナは左側を上に向けてねていたので、下になっている右側をブラッシングしようと、足をつかんで引っ繰り返そうとしたのだけれど、、、
硬直したアテナの身体はどうしても動かない。。
寝ているアテナの足をつかんでコロンとひっくり返すのは得意だった。。
と、いうより、絆の象徴だった。。。
アテナが来て1ヶ月ほど経った時、のりさんと一緒に訓練所にレッスンに行きました。
服従訓練の一環で、犬を横にしてなでる→ひっくり返して反対をなでる、というのがあって、のりさんがやるとおとなしくなでられていたアテナが私がやると暴れて言う事聞く気なし!
「あ〜、これは私自身がアテナとしっかり向き合うことをしなくちゃいけないなぁ」と思い知らされた場面でした。

最初のうちは暴れるアテナを押えつけるなんてことが多かったのですが、そのうちごろ〜んと横になるようになり、「はんた〜い」と言って足をつかむと、アテナも反動をつけて回ってくれるようになったのです。
その「はんた〜い」をやってくれないんだ。その現実を突きつけられた時
「アテナ、アテナ、ママはひとりでは「はんた〜い」できないよ。」
って号泣しました。

。。。去年はどうしても白百合じゃなきゃって思ったんだけど、今年はこのビタミンカラーの花束に釘付けで即買い。
ひまわり忌

亡くなった年にイチロー母さんが贈ってくださった蘭。
毎年株分けする以外はな〜んにも手入れしてないんですが、今年も綺麗に咲いてくれました。
ひまわり忌

アテナ

いつまでもず〜っと一緒だよ。


スポンサーサイト
前の記事 雪道散歩
次の記事 そして2日目

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ylabathena.blog89.fc2.com/tb.php/818-f872b841

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター