All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

三人八脚宣言

もう2週間経っちゃったアジ大会の話。

結論から言うとこの2日間でCR一つもなし。
ニケを2度に下げてポイントゲットを狙ったのに、、
この日3度デビューだった姉のココちゃんはWCRに表彰台のおまけ付き。
そんなココちゃんの活躍に多いに刺激され、「ニケもやれるんだ」って前向きになる気持ちと「何やってんだ、自分」って失敗を後悔する気持ちと「2度に出してる場合か?」って焦る気持ち。いろんな気持ちが交錯したけれど、、、

でも、いろいろ考えて最終的に思ったこと。
ライのデビュー以来重複出陳ではあるけれどニケとライ、切り離して考えていました。
両方と走るのはそれは楽しいけれど、コースを混同しそうになったり、アップする時間を十分に取れなかったり、それなりの大変さがあります。でも、それはライをうちの子にと決めた瞬間に覚悟したこと。ちょっとでも重複を言い訳にすることは絶対にやめよう。それは私の意地。
でも、いよいよライの3度も全くの夢物語ではなくなって来た事を考えると、個々ではなく、もっとトータルに全員で勝ちに行く考え方をした方がいいのではないか。。
アジは二人三脚ならぬ二人五脚の競技。我が家は1人と2頭の三人八脚で、ゆっくりだけどパワフルに進もう。

その第一歩としてはまずまずだったと考えてもいいのかもなぁ。
自分で見たくない動画が一つもなかったもの。
そう、肯定的にとらえることができました。

ニケの一番惜しかった一走。

正直、Aフレームに登った時には「もらった!」と思ったんですよね〜。
その油断がいけなかったと多いに反省。

ライの一番惜しかった一走。

2度デビューで思いがけずCRを拾ったときより、ずっといい走り。
これを続けて行けばいずれはいい結果がでるんじゃないかなってちょっと自信がもてました。


そしてこれはライちゃんお約束のお笑い映像。。
2日目のjP2。ニケはCRもないけど失格したこともないE頭先生のコース&ジャッジ。

ちょっと興奮気味でリンクに入ったライ。
しっかり待たせるために
「待てだよ〜。」
「しっかり待てだよ〜」
「待てできる子だよ〜」
と言いながら離れて行ったら、ちょうどうちのビデオカメラの横に立っていたE頭先生がぼそっと
「おもしろいな」

とろこが秒殺。
「やっぱりねぇ」って仲間の声と一緒に先生の一言もビデオに残っていて、、
「しっかり待てたのにねぇ。。」
面目無いっ!

自分のタープに引き上げるとき、リンク内のE頭先生と目が合ったので
「トレーニング不足でした!修行して出直してきます!」
って言ったら、うなずかれた〜(号泣)


おまけはパパに作ってもらった研究用ビデオ。
成功例と並べて見て、なにが悪かったのか一目瞭然。


一応、8走分、YouTubeにあげてみましたので、お時間ある方はのぞいてみてくださいな。
スポンサーサイト
前の記事 さよなら国立
次の記事 親戚会の下見!

コメント

応援してます♪一筋縄にはいかないでしょうが アテナ家でしたら問題ないことでしょう♪ 朗報 お待ちしてます♪

2013/12/02(月) 15:18:31 | URL | にも父  [編集]
ニケとライ、それぞれに合ったハンドリングで完璧に走ることが最終目標かなぁ。
頑張ります。
大変なこともあるけど、楽しいよ!
8日お会いできるのかな?
楽しみにしてま〜す。
2013/12/02(月) 22:43:13 | URL | アテナママ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ylabathena.blog89.fc2.com/tb.php/801-f381894a

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター