All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

猟野競技大会

ご心配いただいているニケの足ですが、今日はマッサージの先生にチェックしていただきました。
びっこをひいていた影響か、右の腰がかなり張っているけれど、それ以外に悪いところは見当たらないようです。
ただ、触ってもらった直後はなるべく左足に体重をかけないように歩いていて、ちょっと足場の悪い道で一回だけ足を上げました。砂のフィールドで走らせてみたときは普通に走ってましたし、さっきも足腰のマッサージも肉球にクリームを塗ったときも痛がらなかったので、回復傾向にあるんだと思います。
第一、さっき節分の豆をまいたら、ダッシュで奪取してました。痛さのかけらもありませんでした。
明日は休養&自宅マッサージをして、土曜日に走り方をチェックしてもらう予定です。
なんだか万全のケア体制で、私より待遇いいかも、、、
(以上、昨日の夜のレポートです)


さて、その足の記事の時に書かせていただきましたが、主治医の先生はトライアルをやってます。
去年の4月に見学に行きました。
競技がかなりマニアック。しかも、競技内容が『ゲーム』と呼ばれるうずらを追うというもの。鳥を飼ってる友達に話してみたら「ありえない!」って言われてブログ掲載見送ったのですが、なぜ私が足の怪我に関して100%の信頼をしているのかを知っていただきたくて、思いきってご紹介!


トライアル
一応ニケも鳥猟犬の端くれだもんね。
そして、この頃ライはまだママのお腹の中だった、、、

場所はニケがよく散歩に行く河原です。
このいつもの場所で、私にとっては非日常のアドベンチャーワールドが広がっていて、びっくり。

会場はアジやディスクよりかなり年齢層の高いおっちゃんでいっぱい。
雰囲気はマダギみたいな、ちょっととっつきにくい感じ。
でも、競技ルールどころか出犬表の見方やどこに見に行けば良いのかすらわからないので、たまたま近くを歩いていたおっちゃんを捕まえて、同行した5人で質問攻めにしちゃいました。
すると、まわりにいたおっちゃん達も「こいつら本当に興味があるらしい」と思ってくれたらしい。
解説はもちろん、「コーヒー飲むか?」とか「この犬は必見だからトラックに乗れ」と声をかけてくれました。





さて、、
競技は二組で、河原の草むらを駆け回って、ここに放たれた『ゲーム』を探し出して,ハンドラーに教えるというものです。見つけ出した数の他に、探し方の態度も審査対象なんだそうです。

トライアル
駆け回る犬の後ろを付いて行く。
この2組は珍しく、若い女性のハンドラー。
黄色いゼッケンが正式な選手で、白いゼッケンが参考出陳。
この団体はイギリス系のセター、ポインターの団体なので、他の犬種(ジャーマンポインター等)は白ゼッケンなんですね。レトリバーしか興味のない私にはよく違いがわからないんですが。。。

トライアル
左がハンドラーで右が審判。後ろに見えるのが、見学者の乗ったトラック。

トライアル
手前の子は何か見つけたようです。
獲物を見つけると、ポインターは足をあげて、セターはしゃがんでハンドラーに教えます。それをハンドラーが審判に申告するとポイントゲット。
彼らのお仕事は場所を教えるだけなので、基本的には獲物はとりません。


これを1~2キロくらい歩きながらくり返します。
最後まで行くと、帰りはワンコもトラックに乗っかってスタート地点に戻ります。
トライアル
(おっさん軍団と仕事帰りのワンコ)
このトラックで、足場の悪い河原の道なき道をがたがた進むのは、かなりのアドベンチャーですよ。
ちょっとしたサファリ気分とも言えるかな。。

トライアル
(仕事あがりの満足げな顔!)

この草むら、手入れがされていない場所のなので、足は石ころだらけ、枝やゴミが落ちていることもあれば、細い竹みたいなのの切り後もあって、正直、うちの子たちを歩かせたくはないようなところ。
ちょっとした背の高い薮みたいなところで足だけじゃなくしっぽや口の中を切っているワンコもいたり。
過酷です。
でもね、彼ら、すごく生き生きと仕事をしてるんですよ。
トライアル

トライアル

トライアル

トライアル

トライアル

トライアル

やはり、本来のお仕事をしている姿はいいなあと、改めて思いました。

この後、秋にも同じ場所で大会があって、その時には参考犬として、ラブラドールも参加したそうなんです。
ニケ自身の競技会と重なってしまったので見学できなくて残念だったなぁ。。
今年の春も、ラブラドール、来ないかなぁ。
でも、病院で主治医の先生にそんな質問しちゃうと、なかなか話しが終わらないからなぁ。。






スポンサーサイト
前の記事 ニケ復活
次の記事 ビッコ再発

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/04(金) 14:27:30 | |   [編集]
不謹慎な言い方かもしれませんが…凄い!
みんな、お父ちゃんのためなら~お母ちゃんのためなら~一生懸命!
犬と人間との信頼関係を垣間見た様な気がします。

最近よく思う事があるんです…それは、きらら(犬)は私達に癒しや希望を
与えてくれています。でも、私は彼女に何かを与えているのだろか??なんて…

考え方は少し違うのかも知れませんが、この様な競技やニケちゃん達を見ると
みんな飼い主さんのためにいきいきしています!そして飼い主さんも
それに答えるかのように最上級の愛情をそそぎます!!
それで良いんですよね♪ それぞれ形は違うけれど子供(犬)に対しての
愛情に変わりはありませんね!

なんだか文章がおかしくなっちゃいましたけど…私の気持ちです!
2011/02/04(金) 21:24:18 | URL | きららパパ  [編集]
かあ~っこいい~ですね~。
お仕事中。。。というか、本来の使命みたいなのを思い出したときみたいな顔って、こんなに生き生きしてるんですね。。。
うちの子たちは,水かきあるけど、、りえる以外浮き袋つけないと泳がないし、りえるは水泳が好きすぎて呼んでも戻ってこないし。。。。。。。
このブログ見せて反省会!です
2011/02/05(土) 15:39:13 | URL | オビワンシルク  [編集]
アテナへのコメントありがとうございました。
何年経っても我が家の中心です。。

トライアルですが、ここはわざわざ放鳥してるんですよ。
でも富士山の麓にはまるっきり自然のトライアル場(?)があるそうです。そこの鳥たちは慣れっこなせいか、ポイントさせてくれないんだそうですよ。「鳥も学習してるのねぇ」って妙に感心しちゃいました。
2011/02/06(日) 08:21:17 | URL | アテナママ  [編集]
わかります~。
この子達に幸せにしてもらってるのと同じだけ、自分はこの子達を幸せにしてあげているのか、いつも気になりますね。
でも、思えば、飼い主がそう思っている時点で彼らは幸せなのかも知れませんね。

競技犬達もすごいですが、きららちゃんもプロの看板犬ですよね。うちの子には真似が出来ない技術(?)です。
2011/02/06(日) 08:35:14 | URL | アテナママ  [編集]
わかります!
苦手も面倒だけど、好き過ぎるのも困り者ですよね。
うちの子たちはボールバカなので、おやつがご褒美のときにはちゃ~んと出来ていた練習を、ご褒美がボールに代わったとたんに気もそぞろになっちゃって、ぼろぼろになっちゃいます。。
我が家も反省会かな。。
2011/02/06(日) 08:51:32 | URL | アテナママ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ylabathena.blog89.fc2.com/tb.php/496-12e58321

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター