FC2ブログ

All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

新しい挑戦

のりさんは昔から働くワンコが好きでした。
うちで犬を買うことを決めたときも本当はシェパードが飼いたかったらしい。
私の希望は家の中で一緒に過ごせること。
なので、両方の希望を考えて、レトリーバーってことになった。
私はどちらかと言えばゴールデンがいいかなぁって思ってたけど、のりさんはラブを推した。
理由は働く犬と言えばどちらかと言えばラブって印象が強かったから。


とは言え、自分で何かをやろうと言う具体的なプランがあった訳ではなく。。。
アテナを預かり訓練に出したいという密かな希望はあったらしいけど、一番可愛い盛りと1歳の誕生日を一緒に迎えられないなんて絶対にいや!って私に却下されて以来、アテナが亡くなるまではビデオ係として見守っているだけでした。

アテナが亡くなった時、もちろん、二人ともすごく悲しんだけれど、「愛犬を亡くしたのりさん」と「パートナーを失い、アジラーからだたの人になった私」では感じ方が違うような気がして、のりさんに「パートナー感」を感じて欲しくてニケと訓練競技に挑戦することを勧めたのは私でした。

訓練競技会

以来、ニケとライ両方と頑張って来て、当然、ゼロも後に続く予定なんだけど、、
ゼロは我が家の最後の子。
のりさん、長年の夢がムクムクを頭をもたげて来たらしい。
ある日、こう言った。
「災害救助犬って素人でもハンドラーが出来るかな?」

多分、のりさんはいろんな分野や可能性を考えてリサーチしたに違いない。
その中で一番フィットしたのが災害救助犬だったらしい。
と言うのも、そもそもゼロのママもおばあちゃんも救助犬。
5人の兄弟の中で一般家庭に来たのはゼロだけで、後の4頭は訓練士さんの元で災害救助犬として育てられることになっているのです。
つまり、もともと救助犬候補生のための交配で生まれたゼロは私のエイヤーの決定が無ければ本格的にトレーニングをする子になっていたはずなのです。
犬のポテンシャルはある。(はず)
それなら、、、と

ゼロ 災害救助犬


本当はもう少し目鼻がついてからご報告しようかとも思ったのですが、
私自身もよくわからない世界で楽しみで語りたいなぁと言う気持ち。
救助犬のトレーニングって厳しいとか、短命になっちゃうんでしょって言われたりって誤解を解きたいって気持ち。
そして、普通の家庭犬とおっさんの挑戦を応援していただきたい気持ちで、
初レッスンから2ヶ月の今、ご報告です。
一緒に成長を楽しんでくださいませ〜

スポンサーサイト
前の記事 最初のレッスン
次の記事 こまちとお留守番

コメント

パパさんの決意、素晴らしいです
ラブはそれに答えてくれる犬ですよ
人様のお役に少しでも立つワンコに成長してね
応援してます
2018/08/24(金) 22:51:31 | URL | ゆずママ  [編集]
ありがとうございます。
新しい挑戦にワクワクしています。
立派な救助犬になって、でも出動するような災害がない未来がいいですよね。
2018/08/25(土) 19:48:19 | URL | アテナママ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ylabathena.blog89.fc2.com/tb.php/1140-7368a1e3

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター