All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

最後はサボった!

お友達が久しぶりにアジのレッスンを撮ってくれました。

いつもアップする大会の様子とはちょっと違ってこれはこれで面白いと思うので、ノーカットでアップします!
本当なら字幕をつけてアップしたかったけど、使ってたYouTubeの字幕機能が無くなってた〜。
新しいのを勉強するのも時間がかかりそうなので、とりあえすど〜ぞ!



スタートから12秒後、バー落下。
大会ではそのまま進まなくてはいけませんが、練習ではライはバー落下させたときは戻って、指摘してます。
「落とさないように気をつけて飛ぶ」って意識づけのためです。

なのでこんな場面は・・
アジ ライ
完全に進路妨害なので、たとえ練習でも指摘はしません。
が、これがどっちが悪いのか判断するのはなかなか難しい〜。

バーを戻して、一つ前からやり直してドッグウォークの先端までが50秒。
折り返してハードルを3つ飛んでトンネルに入れるコース。
確実にライを掴まえて、トンネルにぐいっと押し込まなければならないのですが。。
2時間のレッスンの最後の走り。しかも暑い日でいつもよりバテバテ。
1回目は3番目を飛ばした後自分が半回転するのが精一杯でトンネル方向への最後の1歩が出ない。
2回目はバー落下したので指摘するべきか??なんて思っててこれまた押し込めず。
・・・いや、そう自分に言い訳したけど、もうよろよろで最後の一歩が踏み込めない!
2回同じ失敗をしたのでそこだけ動きを確認。
そしてはっきり「足が思うように動かない!」って気がついたので足踏みしてみた。
そして3回目。
2回目の時は指摘するべきか、、って思ったけど、もうヨレヨレだったので「バーを落としても戻らない!」って確信犯でトンネルに押し込むことだけに専念。

トンネルの後、そもそもヨレヨレなのに押し込んだ分次に向かうタイミングも遅くなり完全に後追い状態。
最後はハードル1本とんでAフレームの奥のトンネルから入るところだけど、
「やり直したくないから、お願いい、行って〜!!」
と言う、ハンドリングじゃなくて祈りでなんとかしたハンドラーなのでした。

ニケライがシニアになって、、、って色々考えることが多かったけど、自分のことも考えなきゃいかん!と改めて思った次第です。

最後にさっき出した写真と同じ時に撮っていただいたかっこいいやつも載せときま〜す。
お口直しにどうぞ!
アジ

アジ

アジ
スポンサーサイト

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター