All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

お魚美味しい!

シルバーウィークの前半、フィン&キールの王国、花鱗島に遊びに行ってきました。
お互い忙しくて、行く事が決定したのは金曜日の朝だったのに、土曜日にはちゃっかり乗り込んでました。

花鱗島のボスは釣りが趣味、、という範疇を越えて達人。
土曜日もたくさんの獲物を持って帰ってきましたよ〜。

ボス一押しのメインフィッシュは何と言っても2キロの鯛!
花鱗島
綺麗な色をしてます。

興味津々のライ。
花鱗島

ほら、こんなちぃっちゃいお魚もいるよ!
花鱗島

そしてこのお魚さんがどうなったかというと、、
花鱗島
鱗をつけたまま焼いてみました。
生でも焼いても興味津々のライ。

そして、ママがせっせとほぐしてわんこたちのおかずになるのです。
花鱗島
よ〜く御存知のワンたちはおそばに控えております。

期待で満面の笑みのライ。
花鱗島

期待のまなざし。
花鱗島

時々、こんなラッキーなことが、、、
花鱗島

人間は鯛・さば・かつおの3点盛り。
花鱗島

美味しかった〜。
ごちそうさま〜!
スポンサーサイト

好きは怖いに勝るらしい

9月の頭、八ヶ岳にキャンプに行ってきました。
今回は珍しく我が家だけに途中からパパのお友達の人間ひとりが加わるだけの静かなキャンプ。

・・・静かな??
まさかね〜、そんなことございません。
ドッグランの中にテントを張るこのキャンプ場。
テント設営をしながら犬も遊ばせられるのが良いところ。
ニケライも大喜びで走り回ります。
キャンプ 八ヶ岳

こういう時、テンションがあがると意外に聞く耳持たないのはニケの方。
地面に広げたテントの上を駆け抜けて行くのはニケ。
「少し休憩!」って言ってもうろうろし続けるのもニケ。

とうとうパパにボールを没収されちゃった。
キャンプ 八ヶ岳

でも諦めきれないニケ。
キャンプ 八ヶ岳
「誰か取ってくだちゃ〜い!」

当然、パパもママも取って上げる訳も無く。。
「ちょっと怖いけど、ボールは欲しいなぁ。」
キャンプ 八ヶ岳
普段だったらこんな板だけでも怖くて諦めるニケなんだけど、、

いった!
キャンプ 八ヶ岳
「好き」が「怖い」に勝った瞬間。

「ママ、やるでちゅよ!」
キャンプ 八ヶ岳

ちょっとだけだよ〜。
キャンプ 八ヶ岳

ノリノリ。
キャンプ 八ヶ岳

集中すると足があがるニケ。めっさ楽しそう。
キャンプ 八ヶ岳

でももう、休憩の時間だよ。
って言ったのにっ!
キャンプ 八ヶ岳
どん!って、、

でもまぁ、そんな楽しそうなニケを見るのは親にとっても楽しいことなんですけどね。。

撮影裏話

先月後半、またまたエイ出版の雑誌RETRIEVERの撮影に呼んで頂きました。

我が家がモデルになるのは3パターンあって、
ひとつめがトレーニングコーナー (これ!
ふたつめが記事のバックになるイメージカット (これです!
みっつめが体験コーナー (こちらのパターン

で、今回はお家の中で遊びトレーニングのモデルさん。
このパターンはトレーナーの先生にこつを教わりながら新しいことを覚えるので楽しい。
できなければアドバイスしてもらえるし、その過程そのものが記事になるので、ちょっと気楽。
(ど〜んと大きく出るイメージカットも大好きだけど!)

指導してくれる中井先生とご一緒するのは今回で3回目。
そのせいなのか、床に座って打ち合わせしている途中、気が付いたら滅多に他の人には甘えないライが先生の膝に座ってくつろいでてびっくり!

最初の撮影はコーナー表紙のイメージカット。
「ニケ、ライどちらでもいいですよ〜」
と言ってもらって、ちょっと悩む。
でも、笑いながら振り返るって絵だったら、やっぱりライだよね〜。
なにしろ、写真館のモデルやった時、最後には「ライちゃん、一回、口を閉じてみようか?」って言われた位笑ってるんだもの。
得意の振り返っての笑顔であっさり終了。

次がニケとママのkissコーナー。
私が唇を突き出したらニケがチュッってしてくれる。
普段、うちでもやっているのでそんなに難しくはなかったんですが、
途中で「チーズをくわえて誘導する」ってカットを撮ったら、テンションあがっちゃったニケ。
そこから先は口より先に舌が出て来て私の口の中をべろべろ〜。
やめれ〜、化粧落ちるから〜!

で、ママとライのハグコーナーがあって、最後がパパとライ。
パパがビールの缶を開けたら、おつまみの入ったかごを持って行くというもの。
これは断然ライ向き。
なんたって、普段から何かくわえて歩きたい男だもの。
ところが、、、
普段、ダンベルだのクロックス(!)だの口元に持っていけば、ひょいとくわえるライがかごを持つのを嫌がる。
もしかしたら持ち手が細いとか素材に違和感があるのかと思い、持参した手ぬぐいを巻いてみる。
モデル 雑誌
(最後に先生に写真を撮ってもらってるところ。奥では編集さんが布を取ってるところです)
でも、事態変わらず。
パパが強要すればいやいややるけど、それではコーナーのコンセプトに反するし。
と、ここで、中井先生。
かごをポーンと放り投げた!
さっきまであんなにいやだったかごを目の色変えて取りに行くライ。

モデル 雑誌
(かごに夢中)

最初の数回はなぜか大きな口を開けてかごの底をくわえてました。
そして何回目かで、「これはちょっと持ちにくい」と気付いたらしい。
「そうだね、そうだね、どうしたらいいか考えて!」と励ますと
一旦くわえたかごを床に下ろしてちょっとずつ向きを変えながらくわえやすい所を探してる!
やがて「ここが良いみたい!」と持ち手をくわえて歩き出した瞬間、
見ていた人間から
「お利口!」
「ブラボー!」
「素晴らしい!」
と声があがります。
と、その声で「これが正解!」と理解したライ。
かごをくわえたまま部屋中ウイニングランして、最後はドヤ顔で私のところにやって来て
「かあちゃん、オレ、できたじぇ〜〜!!」
と猛アピール。

この正解さえわかってしまえば、あとはしめたもの。
モデル 雑誌
今度は置いたかごを持って来て、そのかごにおつまみが入って、、と撮影はトントン拍子にすすみました。

3時間の予定を2時間で終了!
先生が編集さんにこう説明してくれました。
「この子たちはちゃんと学習のしくみができてるの。人間が何を求めているのか理解しようとして、それにはどうすればいいのか考えることができるのね。そして、今まで学習してきたこれの応用でいいんだ!って気が付ける。そして、それが正解か不正解かも判断できるの。何も出来なかった子が初めて学習出来るようになるのもとても感動的だけど、できる子がさらに能力を広げて行くのをみるのはとても楽しいの。」
横で帰り仕度をしながらちょっと誇らしい気持ちで聞いてました。

が、、
せっかくの力作なのに、なんと、私の後頭部、髪の毛がみごとにはねてました!
誰か教えてくれてもよかったじゃ〜ん!と心の中で叫んだ私でしたが、きっと全員、犬しか見てなかったんだろうなぁ。。

そんなRETRIEVER、14日に発売になってます。
ご購入いただければ幸いです!

夏休みの思い出

夏休みの後半、妹の子供たちが遊びに来ました。
いつもはママと3人だけど、今年は頑張って兄妹二人で電車に乗ってお泊り。

駅で待ち合わせして、そのままハンバーガーショップでお昼にしようともくろんでた私。
ところが、子供達に聞いてみたら、喜ぶかと思いきや、
「ぼく、ハンバーガーはあんまり好きじゃないんだ。」
え〜っ!

仕方なく(?)自宅で焼きそばを作る事にして入った大型スーパーの入り口に自家製パン屋さんがありました。
そしたら、くだんの甥っ子の顔がぱ〜っと輝いて
「おばちゃん、ぼく、パン屋さんのパンが大好きなんだ!見てもいい??」
見ても、、って甥っ子よ。。

まず、姪が揚げパンをチョイス。続いて甥がアップルパイをチョイス。
それを見た姪が「あたしもそれがいいなぁ。」
すると兄である甥が「甘いパンはひとつしか選んじゃいけないんだよ!」
甥っ子よ。。
普段、ママからそう言われてるんだね。ぷぷ。。
「いや〜、おばちゃん的には甘いのふたつでもいいよ〜」
こう告げたときの甥っ子のテンションのあがり方がかわいかった〜。

うちに着いたときこそ、お留守番だったニケライにわんわん吠えられてびっくりしてたけど、遊び出したらすぐに仲良し。
お互い、飽きない女子チーム。
親戚
そりゃそうだよねぇ。こんな時から仲良しだもの。

そして、恒例「ハウス!」
親戚

でもね、しっかり成長した証。
親戚
ちゃんとリードを持ってお散歩できてます。
去年だったかな、、初めてリードを持たせてみた時、念を押しました。
「いい、リードは命綱と一緒なの。これを離したらニケライは道路に飛び出して車に引かれて死んじゃうかもしれない。ニケとライの命を守るのはりょう君とマコちゃんなんだよ。」
その言葉をしっかり守って、ニケに引っぱられて転んだときも必死に起き上がって、冷静に脚に絡まったリードをもどしたマコちゃん。今年は余裕で導いてます。

でもちょっと道草したくなったライにはちょっと負けました。
親戚

翌日、、
雨だったので、ニケライには留守番をしてもらって、コストコに出かけました。
「1000円以下なら好きなものを買ってあげる。この店中回って、最後に選びなさい。」
さあ、この子達が選ぶのはいつも争奪戦を繰り広げるラムネか、チョコか、文房具もあるし、服もありか??
そう思ってたら、店内の試食コーナーでドライクランベリーを食べた姪は次の瞬間叫んだ。
「あたし、これにする!」
ドライクランベリーって、、姪よ、酸っぱくないのか??

そして、本当にぐるりと一周したあと甥が発した言葉。
「ぼくね、(1袋6個入xお好きな味を3袋の)ベーグルと(コストコサイズの)アップルタルトで悩んでるんだ。もう一度じっくり見ていい??」
甥よ、ベーグルとタルトの2択は渋すぎる、、、

妹よ、あなたの食育は成功だよ。。。
そう心で叫んだ私なのでした。。

百合園にて

白馬の旅、ペンションをチェックアウトした後は、別のスキー場でやっている百合園に行ってみました。

ゴンドラに乗る前に笑顔の二人。
白馬 百合園

この後、ゴンドラ嫌いなニケは、やはりパニックになってました。。
ライは余裕で景色をみてるのかとおもいきや、支柱に付いてる滑車部分を通る度にガガガ・・と大きな音をたてて揺れるのでその度にうずくまってました。
白馬 百合園

が、降りてしまえばこの笑顔。
白馬 百合園

百合と子供達。
私の好きなものの組み合わせ!
白馬 百合園

写真の構図としてはこっちが素敵だなぁ〜って思うけど、
白馬 百合園

この、お花が頭の周りを飛んでる感じがライっぽくて好きかも。
白馬 百合園

途中、ボクサーちゃんにご挨拶。
白馬 百合園
まだ若いこの子、ニケに猛烈な遊んでアピールして、がっつり怒られてました。
ごめんね〜。

もうちょっと、写真撮ろうよ!
白馬 百合園

ニケちゃん、飽きて来た?
白馬 百合園

花の間を歩いているうちに、花粉に触っちゃって、黄色すぎる黄ラブになっちゃったライ。
白馬 百合園

スキーと違うので帰りの当然ゴンドラです。
白馬 百合園

ニケが怖がったのはもちろんだけど、こ〜んな所を一気に下ったので、私もわ〜わ〜言いながら帰路についたのでした。。
白馬 百合園

ゲレンデ散歩

白馬の2日目。
ドアを開ければゲレンデという絶好のロケーションのペンション。
夏場はお散歩することができるというので、人のいない早朝に出かけてみました。

夏のゲレンデ。左のリフトの乗り場、、じゃない、降り場まで行ってみよう!
白馬 ゲレンデ

楽しげなライ。
白馬 ゲレンデ

ニケも嬉しそう。
白馬 ゲレンデ

やっぽーい!
白馬 ゲレンデ

朝の散歩はのりさんの係。いつも通り、のりさんと一緒に歩く子供達。
白馬 ゲレンデ

本当に楽しげに走り回ります。
白馬 ゲレンデ


途中で写真を撮りながら最後尾をいく私を時々迎えにきてくれます。
白馬 ゲレンデ

ひたすら家族をファインダー越しにみて歩いていた私にのりさんが
「振り返ってごらん!」
白馬 ゲレンデ
う〜ん、絶景!

帰りはこの景色と家族をみながらの贅沢散歩。
白馬 ゲレンデ

縦横無尽に走る子供達。
白馬 ゲレンデ

爽やかな一日のスタートでした。

カレンダー(月別)

08 ≪│2015/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター