All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

フィールドのカエル

アジ連戦の真っ最中ではございますが、番外編。

ニケライが通っているアジのフィールドは川の近くのせいか、夏になるとカエルも練習に参加します。
今年はちょっと雨の降った5月のはじめに遭遇しました〜。

彼らの好きな場所はここ。
アジ
ハードルのウイングはバーの高さを変えるための穴がたくさん開いているて高級マンションみたいです。指し込もうとした穴から「こんにちは〜」と顔を出した時には「んぎゃぁ〜〜〜」と叫んでしまいますが、慣れて来るとそっとウイングを倒して、ワンコたちに踏まれないよう、食べられないよう草むらまでご案内。。

これは去年のりさんが撮影した写真。
大人気のウイングマンションでは飽き足らず、個性的な住まいを物色していたらしい彼。
アジ カエル

どこかと言えば、スラロームのポールの中。
これがスラローム。
アジ

ワンコにばんばん当たられる大変なお住まいかと思いきや、彼がいたのはあまり使われない初心者用のやつ。

さて、そろそろご出勤!(なのか?)
アジ カエル

よっこらしょ!
アジ カエル

後ろ姿もどうぞ!
アジ カエル

この子達、こんな穴から出てくるときは綺麗な緑色をしていますが、しばらく地面にいると、砂と同じ色に変色してくるんですよ〜。

これから秋まで、共同生活が始まります。
スポンサーサイト

メジャーポイント

アジの話が続きますがお付き合いください。

18日は埼玉でJKCのアジの大会がありました。

先週、3度昇格を決めたライ。
周りには「消化試合だね」って言われましたが、ここは一気にグランドアジリティーチャンピオンを目指してポイントを稼いでいきたいところ。
しかも、肩の力が抜けて、いい感じに走れたらいいなぁ。。
そんな気持ちで臨んだライのAG2


レッスンを始めた頃からずっと見守っていてくれていたスクールメイト曰く
「ライ史上最高最悪の弾けっぷり!」


失格1(記録上はここで失格)の所はトンネルから出て来て十字と呼ばれる円を描いて跳ぶシーケンス。ハードルを跳べるようになった初心者が一番最初に習う初歩の初歩。
が、地球の軌道からはずれたライ号まっすぐに彼方の星、、じゃなくてハードルに一直線。
いや、そこ、かなり距離があるんですけど、、
ギャラリーの反応も
「おお〜っ。(まさかのそこかい!??)」
失格2の反応こそ
「あ〜っ!(そうそう、そこは引っかかりやすいよね)」
だったけど、失格3は
「おお〜〜ほほほ(笑い)」
そして、Aフレームを上らせてる時の私の
「はいはい、タッチだけしっかりやってくれたらあとは良いから」
的笑顔をみた後の失格4では声も出さず、微笑んでみてたらしいです。。

走り終わって思った事は
「あいつ、先週は良く止まったな。。」
先週、コースを忘れて立ち止まった私を見上げて待っててくれたのは奇跡だったのか。
またもやかかりつけの獣医の先生の
「ライちゃんはアタマかドベかってタイプ」
って言葉を実証してしまった〜。


そしてその後始まった3度の競技。
このところ、ニケとライ、ずっと一緒に2度に出してましたが、先週今週は別々。
規模の小さな大会なので重複しても調整しやすい事、(申し込み時点で現実味を帯びて来ていた)3度に2頭出しの前に慣れておきたかった事。そして何より、60で完成するグラチャンポイントを51まで伸ばしたのでちょっと足踏みしてもいいや〜と思ったことが理由かな。

JP3はハンドラーの検分力の無さが露呈した失格。

最後は毎回タイム減点をくらうAG3。
ここ数ヶ月はレッスンでは先生に
「もう、コースをまわれればいいってレベルは超えてるんだから、タイムを稼ぐことを考えなさい」
って言葉を頂いて、そこに重点を置いていたチームニケ。
練習の成果がだせるかな?



ゴールを駆け抜けてタイムのアナウンスに耳を傾ける。
「ただいまのタイム45秒26」

あれ?標準タイム(これを超えるとタイム減点がつく)より5秒早い?
50秒のタイムぎりぎりで飛び込んだかどうか?と思いながら走っていたので、5秒(端数切り捨て)余裕がある事を知り、逆に増す不安。
「標準タイムを勘違いしてる??」
「まさか、コース端折って失格してないよね??」

結果はCRで7席。
今回は5席までしか表彰されないので、年明けから続いてた外部の大会連続表彰台は途切れてしまいましたが、それ以上に価値のある3度でのポイントカードゲット!

アジリティーはグラチャン(グラントアジリティーチャンピオン)までの60ポイントを全部2度で獲得する事ができます。だからそのつもりでずっと2度に出していたのですが、、
訓練競技のグラチャン(グランドトレーニングチャンピオン)も60ポイントで完成なのですが、その中にはいつも出場している10種目の中等以外に20種目の高等科以上で獲得したポイント、いわゆる「メジャーポイント」が1枚以上入っていなければいけません。
パパはそれを目指して努力&悪戦苦闘してるのを見ているので、アジのメジャーポイントとも言える3度で獲得したカードがなくて「グラチャン」と名乗っていいのか??ちょっと心に引っかかるところはあったんです。
だから、本当に嬉しかった〜〜。

あと4ポイント。夏前に取れるかな??
あと2戦、頑張ります!

子供の日の大会

話は前の記事より1週間戻って5月5日のスクール杯のお話。

最近のスクール杯はAGはタッチ強化の為にタイムは競わず、CRしたら賞品が出ます。
この日はミニトマトのパック。

ニケライともにAG2に出場。
ライはライにはちょっと難しいコースで予想通りの失格!
ニケはふらふらな母のハンドリングに翻弄されて、身体が逆を向きながらも手堅くCR。

そしてコンペになるJP。今回の賞品は1席が宮崎県産マンゴー、2席がスイカ、3席がさくらんぼという何とも美味しそうなラインナップ。

なのに、この時点で3度リーチだったライは本業(?)の.JP2どころかJP1まで失格!
ニケはJP3に出場だけど、大会ではあまり3度は走ってないし、一緒に出るのは外部の大会でも入賞経験豊富な仲間達。先に走ってゲットしたスイカやマンゴーをごちそうしてくれた友達にお返しできなくてもうしわけないけど、とりあえず走ってみるわ〜ってな感じで。



これぞニケ!って走りでした。
決して爆発的なスピートはないけど、きっちり走ってくれる手堅い子です。
特に最後ね〜。母のちょんぼをカバーしてくれました。

この部分。

左手で次の障害を指示します。
アジ

跳んでる間に右手を出して、サイドチェンジするエアプレインという技。
アジ

これがハードルなら完璧なタイミングなんだけど、幅跳びをまっすぐ跳んでるニケは気付かず直進。
アジ

「あれ?ニケ消えた??」と思いながら進む母と「エアプレインだったのかいっ!」と気付いたニケ。
アジ

大慌てで軌道修正してハードルを跳んでくれました。
アジ

こういうところが、ニケのすごいところ。
幅跳びである事を考慮に入れてなかった母のちょんぼをカバーして本日2個目のミニトマトゲット。
そして何と、遅いけどミスなく生き残った形で2席!
スイカをゲットしたのですが、1席だった幼なじみのクロちゃんのパパに
「マンゴーとスイカ取り替えて〜」
と軽く頼んでみたらOKが出て、卸売り価格1500円のマンゴーを手に入れちゃいました。
(ポキパパ、感謝!)
もちろん、スイカもおいしかったんですが(友達のおすそ分けを頂いた)、スイカなら買う機会があるかもしれないけど、こんな高級マンゴーは自腹では買わないと思うので、ラッキーでした!
お味はもう甘くて爽やかで、美味しかった〜〜〜。

子供の日なのに親孝行をしてくれた娘に感謝した一日でした。

母の日の大会

アジ7連戦は子供の日のスクール杯から始まったのですが、Facebookでたくさんのお祝いを頂いたので、母の日の記事がら先にアップしたいと思います。

子供のいなかった夫婦に突然ラブパピーがやって来たのが2005年の5月8日。
翌週、街にあふれる「母の日」の文字を見て「あ!私も母か!?」となんだかくすぐったい気持ちになってから10回目の母の日。
この日は験の良い大凧でのアジ大会でした。

現在、ライはJKCでは3つあるクラスの中で真ん中の2度。3度まではあと一走のリーチ状態。
この7連戦のうちJKCの大会は4戦。なんとかひとつCRして夏前に昇格を決めたい。
その初戦。
この日、私は特別なロンTを着る事にしました。
アテナが初めて出場した外部の大会で優勝賞品としてもらったTシャツ。
胸には『Nike Air』
アテナが取ったニケとお里のエア家の名前が入った、ここ一番って時にしか着ないものです。

そんな中、先に始まった1度の競技になんと「アテナちゃん」がいたのです。
「アテナ、アテナ〜〜!」と叫びながら走るお母さんの声が私自身の声に聞こえて、、
なんだか、背中を押されているがするな〜。

と、思ったのもつかの間。
2度が始まる頃には暑くなってました。
完全に暑さにやられた私。そうじゃなくたって覚えにくいU人先生のコース。
1走目のJPは後3基ってところで、コースが分からなくなってキョロキョロ。
その立ち位置から「ここだね!」って判断したライが違うハードル跳んで失格!

AGに至っては検分し終わってタープに戻って頭の中でイメージを思い浮かべようとしても、そもそも入り口がどっち側だったかすら思い出せない始末。
「あ〜、もう、来週頑張るって事で!」
友達にそう宣言してから向かったリンクサイドで待機中もぼーっとして、、
「もういいや〜」って思う気持ちを、「いやいや、やる前から捨ててどうする!戻って来い、私〜!!」と頬をたたいて奮い立たせてみたりして、、

スタートから「確か、こっち、、」の連続でなんとか真ん中までこぎつけたものの。。
とうとう真ん中で「あ〜、やっぱり分からないや」になっちゃった。。



母が悩む間にライはこっちを見て指示を待っててくれました。
5つある選択肢(シーソーと前・右のハードル普通に跳ぶか裏から跳ぶか)の中から「えいやー」でハードル跳ばしても失格の笛がならなかったところようやく目が覚めた母。
ゴール後、てっきりどこかで手が挙がっていた(ミスがあった)か、タイムオーバーかと思って
「あーあ、幅跳び、勢い良く跳ばせてたらなぁ。いや、それよりど忘れしてなかったら行けてたかもしれないのに。暑さ対策をしっかりしよう。」
と来週リベンジモードに入っていたら、スクールのクラスメイトのミントママが、ぐるんぐるん手を振りながら駆けつけてくれて
「やったね〜、おめでとう!!」と。
「へ?CRだった?タイムは?」
すべてOKだったことを聞いて、その場にへたり込んだのでした。。

ライの2度は3走ともゴールした瞬間に「やった〜」と万歳できる快走がないのですが、それでも過去2回は3席・6席と表彰台に乗せてくれました。
そして今回は1席と0.5秒差の2席!!(3席とは0.02秒差だったけど、、、)
さらに最初の大会でちゃっかり10ポイント取っているので3回でアジチャンも達成です。

表彰台 アジリティー

10回目の母の日。
一番甘えん坊な末っ子長男が最高のプレゼントをくれました。
ありがとうね、ライ。
あと3戦。こんどこそ、ばんざ〜い!と叫べるような走りに挑戦です!

城山散歩

ただいまアジ7連戦の最中で、動画が出来上がったら順次アップしていこうと思ってますが、その前にGW最後の日のお話。

津久井湖城山公園は県立のすごく大きくて整備された公園。
中央高速に乗る時にはいつも近くを通っていたのですが、ゆっくり散歩するのは初めてした。
へぇ、道路からはそんなに綺麗な公園があるとは想像してなかったので、ちょっとびっくりでした。

城跡の山頂へは険しい山道をいくんですが、この日はお散歩コースを歩きます。


途中の津久井湖の見える見晴台で5ヶ月のパピーちゃんと会いました。
「にいちゃん、遊んでよ〜」
城山
せっかくなので津久井湖をバックに写真を撮りたかったんだけど、落ち着かなくて結局断念。。。

花の苑地はたくさんの花壇がありました。
城山

城山

城山

そうそう、おニューのハーネスです。
城山

ちょっと脚を伸ばした水の苑地で。
噴水は裏も通れるんですが、ニケは音の大きさが怖かったみたい。
城山

こちらはルピナスが綺麗でした。
城山

そのうち、山頂に行ってみたいなぁって思うけど、パンプレットにも「かなりきつい」と書かれているので、ちょっとどうしようかなぁと思う私なのでした。

大舞台に強い男?

ゴールデンウィークも終わりですねぇ。
今年はがっつり休んだ感じがしないカレンダーでしたね。

そんな連休のイベントはwoofの前日、訓練競技会からスタートしました。

春と秋に行われるJKCの大会では一番格の高い大会『第86回 2014 春季訓練競技大会』


本当はグラチャンを目指して上のクラスを受けたいところですが、テンションの上がらないニケと集中力が持たないライ、今回も中等科のエントリーです。

ニケはトレチャン(20ポイントでもらえる(?)トレーニングチャンピオンの称号)をとって以来、なんだかすっかりいやいや病になってしまい、楽しそうじゃないどころか、怖がる様子が見えることもあり、、、
ずっと大会はお休みして「やる気を取り戻す」ところからのスタートでした。
4月の頭に出た中部Bでは大きな失敗が2つあったものの終止楽しそうに競技していたので、手応えはあったのですが、、

今回はまたビクビクニケちゃんに戻ってしまいました。
多分、原因は。。。
本部展の駐車場は独特なものでして、リンクの真ん前に停めることができます。
車の中から競技を見る事ができる位置に停める事ができたのですが、そのかわり、車の周りには常に出番を待つ人と犬。
しかも、みんな気合いが入ってるから指導手の声も厳しめ。
ニケの出番は競技開始から2時間後くらい。
その間、ず〜っと周りの緊張感を感じていたらしいニケは、いざ出番って時に車から降りようとしませんでした。
それでも、なんとか頑張ってくれてポイントゲットはなりませんでしたが
「この子は普段はちゃんとできる子ですよね。」
って評価を頂きました。
今度は楽しく自信を持ってできるように、また色々工夫してみようね。


そしてライ。
ライは25組いるグループの最後の出場。そのグループの前に小学生の部があり。
しかも、なぜか順番になってもやって来ないチーム多数、競技開始の時に審判に手渡しする手簿と呼ばれる採点表を持ってき忘れて取りに戻る人数人。
ライの競技が始まる頃には周りは撤収作業が始まってました。。
この環境が吉と出るか凶と出るか。。

前半の規定7課目。

最後の行進中の停座!
審判の先生にまで「ヒヤヒヤしましたね」と言われたものの、なんとか大きなミスなくクリア。

そして、後半、自由選択科目は自分の得意技を持ってくればいいので、たいてい、ここまでくれば一安心なんですが、そうはいかないのが、ライ。
最後の最後10種目めで脱走1回、オーバーランというかウイニングラン数回。
特に前回は「飛越板の向こうに投げられたダンベルをくわえて(往復ジャンプして)持って帰って来る」科目でダンベルくわえて、帰りは跳ばずにウイニングランして撃沈。それがあったにも関わらず95点で合格のところ94.6点だったというなんとも諦めきれない得点だっただけに、今回は「指導手と犬が離れない」「ウイニングランの心配がない」科目で。ま、それでも脱走の心配はあるんだけどぉ。。


もう、ライの場合、最後にリードを付けるまでは安心できませんが、無事終了。
でも最初の科目、パパが離れて行くところで、鳥!!!
ビデオを撮りながら「ひ〜〜〜〜〜っ!と〜り〜〜〜〜!!!!追うなぁ!」と念じてました。
普段は鳥なんて気にしないんですけどね。何を起こすか分からないのがライであ〜る。

審判の先生の評価は
「この子はポイントは取れる子です。さらに上位を狙うためには脚側を強化しましょう」
この毎回ヒヤヒヤする男に「さらに上位」という可能性がある事を示してくれた最高のご褒美でした。
こうなるとコレクターとしてはアジで取り損ねた(?)7席か、本部でしか入手できない9席のロゼットもらえないかなぁなんて期待してしまったりしながら待つ事数時間。
結果発表を見に行ったパパがもらって帰って来たのはまたもや6席の紫ロゼット。
もちろん、少しでも上位の方が良いに決まってるんですが、、
またもやママの野望はかなわず〜。

それにしても、、、、
大会には10ポイントもらえる本部、7ポイントのブロック、5ポイントのクラブと3つの格があるのですが。。
ライがポイントをゲットしたのは今回が4回目。
取ったのは、本部・ブロック・本部・本部ですでに37ポイント。
脱走・ウイニングラン男のくせに、なぜか本部では決める男。
実はアジリティーもAGでCRしたのは全部本部とブロック。
大舞台に強いのか??
でも、毎回きちっとやってくれ!と願う母でありました。。

オレは4歳!

4月30日。
ライは4歳になりました〜。

アジリティーでどんなに派手にどっかんしても「ま、いいか!」と前向きだったのは、それが厄払いみたいに思えたから。
それくらい3歳は我が家にとっては鬼門。
アテナは命を落とし、ニケは辛くも生還した。
2週間前にちょっと体調を崩したときは、本当に肝が冷えたけど、すっかり復活して元気に3歳卒業!!

ママは残業ですっかり遅くなってしまったけど、前の日に作ったケーキでお祝いしました。

ニケと並んでハイポーズ。
ライ 誕生日
飾ってあるビスケットは、妹がプレゼントしてくれたもの。
デコレーションしてる時間もなかったので、ビスケットとブラックベリーをちょこっと乗せて、、

写真をとってるうちに待ちきれなかったライがぺろ〜ん。
それにつられてニケもぺろーん。
ライ 誕生日

止めた方が良かったのかもしれないけれど、なんだか楽しそうだったのでつい、写真優先してたら、いつの間にか立ち上がってる姉弟。
ライ 誕生日

で、強く押し過ぎて台から滑り落ちるケーキに、逃げたニケと飛びついたライ。
ライ 誕生日

もう止まりませ〜ん!
ライ 誕生日

やっと呪縛から解き放たれたよ!
さあ、新しいページのスタートだぁ!


カレンダー(月別)

04 ≪│2014/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター