All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

stallion meets the sun

昨日、FCIインターナショナルアジリティ競技大会に出場して来ました。
JKCの本部が主催の大会なので、大会の格が高く、もらえるポイントも高いのです。
(ポイントを集めると、チャンピオンの称号が貰えます。)
んがっ、ポイントが付与されるのは2度以上のクラスなので、ニケには関係無し。
でも、出陳料は2度以上と同じ1万円也~。
一飛び5千円のバーだけはやめてくれ!!



生憎の雨でした。
とはいえ、極寒の雪中大会や、夏日で集中力が欠けたオプデスと比べれば、二ケ的にはまだまし。

スタートはJPから。
設営されているコースをみて、頭を抱えちゃいました。
ニケの苦手なバーから90°のトンネルが2カ所。
実は、直前の火曜日の練習ではどうしても上手く引きつけられず失敗が続き、とうとう、
「ニケは今日はコースはやめてここの練習だけ」
って言われたのに、結局納得いくまで出来なかったんだなぁ。。



リンクを出たら、そこら辺にいたスクールの友人ほぼ全員に
「バーの上で呼んでるからっ!」
と指摘されてしまいました。うちのスクールでは御法度なんですけどね。
二ケのテンションが高かったので、火曜日の失敗を思い出して「まっすぐ突っ込みそうだ」って、ついやっちゃてました。

でも、私的には、テンションよく、コントロールも効いて、スラも安定していて、3大不安がクリアされて、「よかった~」って走りでした。


そして、AG。
スクールの仲間達とコース設営を眺めていたのですが、どう見てもトラップのないオープンみたいなコース。
「ん?これ、どこかトラップある?」
「いや、わからない。。。ない様な気がする。」
「でもE頭先生のコースだよね?」
E頭先生のコースは練習会それから朝霧の大会で撃沈したオープンのイメージが強くて。。
「実は、とてつもないトラップが隠されてるのかな??」
で、とうとう、今回選手として参加しているうちの先生に
「トラップが発見できませんっ!」
と聞いちゃったら
「無いよ」
だって、、
どんだけ疑り深いんだ、私たち(爆)

ただ、そう言っても、スラの前後がトンネルだったので抜けないように気をつける事と、滑りやすいタッチはニケに任せることは肝に銘じて。。。

今まで1度もミスした事の無いシーソーを飛びました。
そこでも悲鳴が上がったけど、苦手なスラをクリアしてゴールに飛び込んだときも同じ位大きなため息が。。
スラが苦手なのを知っている友人達が「もったいない」って思ってくれたため息です。
でも、これもニケの単純なミスで、今後に課題を残すものではないから、私はいい手応えを感じて満足です。

で、私はこのミスを「雨で滑った」のだと思ってました。
実際、小型犬はAフレームを登れない子が、大型犬はDWを滑って落っこちる子やシーソーで飛ぶ子が続出してたので。。。
でも先生は「DWと勘違いしてたみたいですね」って。
「そうかなあ?」と思ってスローでみてみたら。。

さすがは先生。正解でした。
普通シーソーの真ん中まで来たら止まる為に頭を下げ足を止めてブレーキをかけるのに、、、
二ケちゃんったら軽やかにギャロップしてます。
思わず「あんたはペガサスかっ!」と突っ込んじゃいました。
更に昔聞いた洋楽の歌詞の'stallion meets the sun'が頭に浮かんじゃったらどツボにはまって、夜中に一人で笑い転げちゃいました。(避妊した牝のニケはスタリオンとはま逆だけどね。)
しかも、ビデオではAフレームの陰に隠れて見えないんですが、あんなに飛んだのに、着地したところで、普通にご褒美のおやつを探してるんですよ。
例え、おやつがある場合でもそんなに遠くにはないと思うよニケさん。。。

あ~、面白かった。
でも次回はCRして笑えるといいね。
今回はニケとママ、1回ずつの失敗だったから、次回はお互い1個づつ減らそうね。
スポンサーサイト

緊急:子猫の里親募集

ブログ友達でラブ飼いのオビワンシルクさんが生後1ヶ月位の子猫を保護したそうです。
タオルも餌も入れず、5匹まとめてダンボールに入れて、ゴミ捨て場の横に置いてあったんだって、、
可哀想で、涙が出て来ます。

私のブログは基本的に犬フリークの人中心に遊びに来ていただいてると思うんでが、もし、どなたか里親に名乗りを上げて下さる方とか、広島地方のボランティア団体をご存知でしたら、ぜひ、彼女に連絡して上げていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

オビワンシルクさんのブログはこちら

ライの病院日記

一昨日、ライ君、血便が出た為に病院に行ってきました。
朝は普通だったのに、お昼に追加のうんちが出て、それがだんだんゆるゆるになってもう出ないのにう~んてきばって、血がぽたぽた。。って。
この季節は細菌性の下痢をする子が多いんだそうですが、ライのはそうじゃなくて、食べ過ぎみたいです。
実は、最近、あばら骨が見えてやせ過ぎが気になってフードを増量したのですが、それが良くなかったみたい。
「もともと痩せ体質の子に無理して食べさせなくて良い」そうです。
いや、ライ的には食べる事に全く無理はしてないと思いますけどね~~。
ニケも丁度1歳くらいの頃にオフデスのラージクラスに入れるように「新弟子増量キャンペーン」をやりましたが、ニケは大丈夫だったんですよね。そしたら「男の子の方が腸の弱い子が多いんですよ。女の子を育てた経験があってもちょっと感覚が違うかもしれませんね。」って言われした。
そうなのかぁ。
3匹目の子で、扱いには慣れていたつもりだったけど、違うんだね~。
皆さん、消化が良くて栄養のある食べ物教えてくださ~い!



そして、あれ?そうなの?って発見(?)が、もうひとつあったんです。
ライのお腹の調子について一通り話しをした後、先生が、
「フィラリアの薬、どうしますか?今日持って行くなら、持って行ってもいいですよ」って。
ん?? そのどっちでも良いんだけど的な口ぶりはどういう事??
フィラリアの薬って5月頭から飲むものじゃないんだっけ??
私はそのつもりで4月の末にあわてて血液検査に行ったのにその時に、「まだ後で良いから」って言われたからひと月後に来たのに。
先生が図解パネル付きで説明してくれたのはだいたいこんな内容した。(→こちらでどーぞ
要は、6月20日過ぎから飲み始めれば充分だそうで。。。
だって、前の病院では狂犬病の予防接種を受けに行くと、その日にくれたもん。
私自身は「蚊にさされてから30日で心臓に到達する」って間違った知識を持ってたぁ。。
どこで聞いたんだっけなぁ。。


ほんとうなら先月、血液検査した時に、質問すべき内容だったんです。
でもねぇ。。
私の意識がぶっ飛んだんですよっ!
なぜってね。。

血液検査は2匹一緒に診察室に入って順番に。
まずはニケ。
最近、怖いものが増えた二ケ。可哀想な位震えてました。
でもいい子に採血させてくれました。あっという間に、はい、終わり!

そして、ライ。
抱き上げて診察台にのっけたけど、隙あらば降りようとしてる雰囲気。
私はライの胴に下から手を回していたんですが(要は持ち上げたままの状態)、本気で暴れたら押さえられないなぁと思って、前脚の下に入れていた左手を首にまわそうと手を引っ込めた時、、
ライ、診察台から飛び降りました
と、同時に、何かががっしゃ~ん!!!
診察台に置いてあった採血用の道具が入ってたトレーを蹴飛ばしたらしく、床にいろいろ散らばってる~
ニケは大きな音に飛び上がらんばかりにびっくりしてるし、ライは逃げたい一心だし
「ニケッ!怖くないから大丈夫、そこで待てよっ!!。。。ライ、どこにも行かないよっ!!」
ワンズを目で制しながら、慌てて散らばってた道具を拾ったのですが、、
鉗子が、、、あれって、はさみみたいになってますよね?
バラバラになってました
「んぎゃぁ~~、先生、壊れちゃったぁ~~~!!」
そして、パニックになった私はとりあえず何かしなくちゃと思って暴れるライを抱きかかえて診察台に乗せようとしたら、今度は先生が慌てて、
「いや、待った!このまま乗せても暴れて採血できないので、人を呼んできます!」

そうしてやって来た若い男の先生。
最初はにこやかだったんですがだんだん真顔になって後ろを押さえ、前の方を「死んでも放すもんかっ!」って気迫で私が押さえ込み、ようやく採血が終了。

ヨロヨロしながら診察室を出た後は
「鉗子って弁償したらいくらかかるんだろう??」
ってことしか考えられず、
お会計の時になって
「薬はもうちょっと後でいいから、今日は検査代だけ」
って言われて、後半の『検査代だけ』を聞いて大いに安堵し、前半はスルーしてしまいましたよ。。

次回のワクチンは混んでるから嫌だけど,土日にのりさんについてきてもらわないとなぁー。

あ、そうそう、血便のその後ですが、次の日の朝には普通のでした。
先生に「いきんだらぽたぽた血が出るって痔ですかね??」って聞いてみたのですが、
「犬には人間で言うところの痔って病気(?)はないですよ」
とのことでした。
いや~、まだまだ知らない事だらけです。。。


今度は同級生黄ラブの会:ラン編

先週行ったwoofの続きです。

午後からふくちゃんも合流し、今度はみんなでドッグランで遊びました。
実はふくちゃんちには土曜日の朝、急に連絡したのです。
のりさんが突然、「明日、ふくちゃん、来ないかなぁ」っていうもので、、
のりさんはふくちゃんが大好きらしい。あ、もちろん私もですよ~。
ふくちゃんは土曜日は遊びに行っていて、しかも日曜にはパパが御用事だったのに、母子で来てくれました。
ありがとう!!

Mr.君とライとふくちゃん、4月2日、30日、5月19日と非常に誕生日が近い同級生。
皆で揃ったらどんな遊びをするのかなとか、お子ちゃまな未去勢男子同士はどう反応するんだろう?って色々興味がありましたが、基本はこんな感じ。
woof
ボール馬鹿のニケとなんでも姉ちゃんのものが欲しいライは他の子には興味無しでボールガン見。後ろの3人組は楽しそうにランデブー中。
ライはたまに他の子がやってる事に興味を持つんですが、ニケはね、、
woof
集中すると、前脚が上がります。
あんたはポインターかっ!!?

同じ写真じゃありません。woof
逆足が上がってます。
ついでに言うと、どちらの写真でもライは自分のボールをくわえているにも関わらず、姉ちゃんのボール狙ってます。
ま、ある意味ライの個性だからね。。。

他の3人も個性炸裂でしたよ~。
Danちんは悠然と。
woof ダン
初対面のはな姉(ふくちゃんのママ)さんにいじられても平然と。

ディスク講習会に参加したMr.君の応援に行ったのかと思いきや、背を向けておくつろぎ中。
woof ダン
Dan兄loveなMr.くん。ネット越しにつれないDanちんの背中を見つめているようで,,かわいい~
ライはこのネットの下をくぐって乱入しました、、、でも丁度インターバルの時間だったので、助かった~。
何をしたかったのかと言うと、柵の向こうでニケがディスクをやってたので、なんとかそこに合流したかったんですね。狂ったように吠えてました。やる気があるのはいいんだけど、それはやめてくれ!!

Mr.くんのDan兄loveはライがニケを想う以上かも。。
woof ダン Mr.
左の赤カラーがDanちん、左がMr.くん。
何をおしゃべりしてるのかな?
お家もご近所なんだって。Mr.くんはお散歩に行くと、Danちんのうちの前から動かないんだって。
大好きなんだね。

この二人がいつもの様にガウガウやっていたところにふくちゃん登場。
woof ダン Mr. ふく
「あたちも入れて~」
こうやって見ると、右のふくちゃん、やっぱり女の子顔ですよね。美人さんになったなぁ~。

ふくちゃんはふくちゃんらしく今日もせっせとレトリーブ。(前回の様子はこちらから
woof ふく
午後から参加だった事を差し引いても、この日一番アクティブだったのはふくちゃん。
ニケ&ライのボールに参加し、Dan & Mr.のガウガウにも参加し、合間に他のお友達のところに御挨拶に行き、私が肩の高さまで上げた手に持ったおやつを見事なジャンプでかっぱらい(しかも手は無傷)、どこからか1m以上ある枝を見つけて来てくわえて走り回ってました。
本当に見飽きないんだなぁ。ふくちゃん。(詳しくはふくちゃんのブログで!)

それぞれの個性がキラキラしていつまでも見ていたいけど、もう帰る時間だよ。
最後に皆で記念写真。
woof
左からMr.、Dan、ニケ、ライ、ふく。
なぜか黒ラブのお友達が多くて、集合写真はいつも黄色の子がセンターなんだけど、今回は黒一点(女の子だけど)のニケがセンターです。
楽しかったね。またみんなで遊ぼうね。

本日のおまけ。
スーパー笑顔のライ。woof
こんな顔されると、何度でも連れて来てやりたいって思っちゃいます。はい。


黄色男子の会:プール編

日曜日,Dan君に誘われて、woofに遊びに行ってきました。
Dan君のドッグラン友達のMr.君はライと同じ2010年4月生まれの黄ラブ男子。
「ぜひ、黄色男子の会をしたいです」
ってお願いしてたら、Dan母さんがアレンジしてくれたのです。

woofには立派は25mプールがあるんですが、この日はイベントで使用予定の為、10時から12時までの2時間限定開放。それで使用料1,000円/1ワンコ、多頭割引は無し。だったら、ドッグランで遊んだ方が良いなぁって思って、最初の受付ではプールは入りませんって言ったんですが、、、

ドッグランから、プールが見下ろせるんですが、ニケもライも柵を飛び越えてプールに突進して行きそうな勢い。あわてて再申し込みに行きましたさ~。

こんな顔されちゃぁね~。(後ろは二ケじゃありません)
woof プール

ニケが行く。
woof プール

ライが続く。
woof プール

そうなんです!!前に来た時にはどうしても飛び込めなかったライ
今回は、全く躊躇なく飛び込んでました。
1歳になったら、頑張れるようになったんだねぇ!!

この日一番の大ジャンプ。
woof プール

ニケと仲良く(??)レトリープ
woof プール


同級生のMr.君はこの日、水遊び初体験。
woof プール
ちょっと怖くてパパに抱っこされたまま固まってます。

手を離して見ると縁にしがみついて、、、
woof プール

でもね、ライフジャケットを着て練習してみたらwoof プール
とっても上手に泳いでました。
プールの真ん中にはパパに引っ張られて行って、帰りは自ら泳いで帰って来るの。
初めてのプールに慣れなくてびっくりしただけなんだね。
なんだか、アテナが初めて泳いだ時に似ていて、かわいかったなぁ。

それぞれのワンコが自分のペースで楽しんでいたのですが、一番自分のペースだったのはDan君。

彼のお気に入りはこの浅いプール。
woof プール

大きなプールに誘う母に抵抗したのに、、
woof プール

12時が近づいて、引き上げようとしていたら、、、
woof プール
自ら、す~っとプールに入って行き、悠々と泳いでました。
ぷぷ、、やっぱりDan君は不思議ちゃん


プールから引き上げて、ランチをとっていると、午後から参加のふくちゃんが合流。
さあ、今度はランではじけるよ~。
その様子はまた次回。



妹アルバム:絵里編

ECRUちゃんに会ったのは先週の日曜日。これは全くの偶然。
そして、今週の土曜日はECRUちゃんの同胎の絵里ちゃんと待ち合わせ。

今回の参加者の皆様(ラブのみ掲載)
絵里
左から絵里、うぃす、べん、しょう&HAL(逆かも)、ライ、ニケ。
真ん中の4匹はライのオビの先生のうちの子&預かり犬たち。

絵里ちゃんのお家はベンの同胎の兄弟デューク君が14歳でお星様になった後,新しいワンコを探していたのです。
そんな時、丁度生まれたのがライの後腹の子達。
ある日、先生が熱心に血統のことを質問するので、「もしや?でもこれ以上ラブは増やせないよなぁ??」なんて思ったら、翌週「黒の女の子の予約を入れたよ!」って聞かされて「ええ~~っ!?」
親戚ワンコが知り合い(の知り合い)の所に行くのはとても楽しみだし、なにより、ニケやライを見て、「この子達の血統ならお薦めできる」と思ってもらえて名誉なことだなぁと嬉しかった。(え?先生、違うの??)

その時に「いつか会わせて下さいね」ってお願いしていたのです。
そのお願いをかなえていただく為にわざわざ来て下さいました。

絵里ちゃんもお母さん似。
絵里絵里
JFA トゥルー母トゥルー

でも明るい性格はお父さん似かな?
絵里
ニケ&ライのボール遊びに参加してみる。

でも、迫力に押されて負けてしまうので,、、
絵里
のりさんの鞄に顔をつっこんで宝探し。

良いものみつけました~!!絵里
この得意げな顔ったら、、ぷぷ。。

ラブ軍団の中ではちょっと遠慮勝ちでしたが、スモール軍団が登場したら、楽しくなっちゃって弾けてます。
絵里
耳の生え方、おかしいよ~。


ワンコ達がガス抜きした後は人間のランチに。
絵里 モキチ
モキチトラットリアです。(Batiママ、紹介ありがとう!)
ワンコがOKなのはテラス席だけとはいえ、広い空間でしかもちゃんと木陰になってます。

15歳のベンは一番元気に「何かくれませんか~?」ってアピールしてました。
ベン

絵里ちゃんは時々テープルの上を覗いたり~
絵里
4ヶ月とは思えないお利口ぶりでした。ときどき、キューキュー、ふがふが言うんですが、その鳴き方がライそっくり。で、絵里ちゃんが鳴いてるのに、「ライ、うるさい!」と怒られた事数回。
普段が、普段だから仕方がないね~。

ライ 
ちょっとおりこうさんに見える写真。

ご飯はすごく美味しかったです。
1品の単価はまずまずだったのに、さすがにラブ飼い。みんないい大人なのに欠食児童の様に食べまくり、ランチで6人で21,000円也!!(アルコール無しで、このお値段!!)

ラブまみれで美味しいものを食べて満腹。
あ~、これ以上の幸せがあるでしょうか??
そんな気分でした。

絵里ちゃんは「大きくなったらまた会いに来ます」って言ってくれました。
次に会う時にはどんなレディーになってるかな?
楽しみです。


妹アルバム:ECRU編

GWの最終日、オプデスのアジ大会に参加して来ました。
前日の雨から一転、夏日になった暑さと疲れのせいか、全くテンションが上がらないニケ。
JPもAGも歩く様なスラロームでテンポを崩し、スラ地獄に、、、
他は良かったのになぁ。。

本来ならがっくり落ち込んで帰るはずの我が家が、帰りの車の中で大はしゃぎしていたのは、ある出会いがあったからなのです~。


この子です。
エクリュ
ライの後腹の妹、ECRU(エクリュ)ちゃん。4ヶ月

JPの出走前、入り口の近くで、集中力がないニケに「ニケッ!!何してんの!?」って喝を入れてたら、
「ライ君のお姉ちゃんの二ケちゃんですよね?」声をかけられました。
たま~に、私が「ニケ」って声をかけると、それでピンと来た方から「ブログ読んでますよ」って声をかけていただく事があるので、そうなのかなぁと思いながら「はい、そうです」って答えたら、
「ライ君の妹のECRUです!」って!!

エクリュ


朝から、ずっと、黄ラブのパピーちゃんがお散歩してるのを遠目に見てたんです。
時間が出来たら、声をかけてみようなんて思ってたら、まさか、妹だったとは!!

早速ライと初対面!!
エクリュ
「おまえ、誰だ??」

「なんだか、懐かしい匂いがするぞ」エクリュ

周囲に興味津々なECRUちゃん。
エクリュ


ライはECRUちゃんに興味津々。
エクリュ


「兄ちゃん、しつこいから逃げろ~」エクリュ
ん~、本当は、ライなんて眼中になく、走りたくて仕方がないECRUちゃんです。

。。考えてみたら、もし1年前、我が家が「黄色い女の子が生まれるのを待ちます」と言っていたら、うちの子になっていたかもしれない。そんなECRUちゃんと出会えたのは、6年前アテナが我が家にやって来た日でもあり、2年前ブリーダーさんに黄色い女の子の予約を入れた日でもある、5月8日。因縁だなぁ。。

エクリュ
やっと、並んでお座り出来たのに、シャッターを切る瞬間に変顔するナイスな兄妹。

でも、実際のところは、我が家ではライは来るべきしてうちに来た子だと確信してるし、ECRUちゃんのお家にもドラマがありました。
亡くなった先住犬のCREWちゃんは、同じ犬舎の子。ニケの叔母さんにあたります。
2002年生まれのCREWちゃんは9年もの間、「最後の黄ラブの女の子」だったのです。
そして今年生まれた「最初の黄ラブの女の子」がECRUちゃん。
ECRUちゃんも行くべきおうちに行ったんだね。

エクリュ
黄色組のお座りが決まらず、遠い目になってるニケ叔母ちゃん。

ECRUちゃんが通う予定のアジスクールはオプデスの事務局でもあるので、オプを中心に参加するそうです。
来年の秋のシーズンには3匹揃って,,いや、ニケの姉ココちゃんも参戦予定だから4匹揃って走っているかな。
あ~、ワクワクする~。

エクリュ
ECRUちゃんも頑張ってポーズ!

さて、今日はライのオビレッスンにECRUちゃんと同胎の絵里ちゃんが遊びに来てくれます。
楽しみだなぁ。
その様子は次回!!



おれも選手だじぇ!

GWの終盤の土曜日にはK9ディスクジャパンの大会に参加しました~。
アジはまだまだ幼稚園児のライですが、ディスクではいっちょまえの選手です。
先日の練習では二ケより確実にキャッチしてたんですよ。


今回、二人ともトライアルという一番下のクラスにエントリー。
なんと、各クラスの中で,このクラスが25チームと一番エントリー数が多かったのです。
おかげで、ちゃんと間が空けられて充分準備ができました。

まずは先攻、ニケから。

久々のディスク大会でしたが、頑張りました。
いや、ニケはいつも通り。パパが頑張りました。
一緒に参加していたライのオビの先生にも
「パパ、練習通りの良いスローだったね!」と褒められたので,私も、
「先生!パパにもご褒美のおやつあげて~!!」と言っちゃいました。
5投中4投成功で25ポイント。1Rトップの好発進です。

後攻はライ。

5投中3投成功で12ポイント。(マーカー外キャッチも1点として認められるルールです)
成績としては良い方ではないけれど、大会2戦目の幼稚園児がちゃんとセットして、まっすぐ戻って来て、、、ってゲームとして形になっている事にちょっと感激した私です。
この日、応援に来てくれた実家の母も
「ちゃんとまっすぐ帰って来てすぐに渡してくれるのは二ケとライだけだったわね~」
って言うくらい。

2R目は反対のエリアからのスローです。
右利きには背中から風を受ける形で、まっすぐ投げるのが難しい方向です。

4投中3投成功の13ポイント。最後の場外が惜しかった~。
僅差でつけていたチームに追いつかれ、2位と同点ながらルールにより3位になりました。
でも、久々の表彰台。やったね!

さて、ライも続けるかな!?

...たぶん、ライはこんな風のなかでディスクをした経験がなかったと思います。
ちょっと調子が狂ったような。。
4投中1投成功だけだったけど、この日最長の7ポイントエリアまで行けました。
終ってみれば半分より上の12位。
ライなりに、がんばりました~!

1、2位は同じ人のボーダー兄弟。
カメラ目線がでしょ。
k9 ディスク

今回表彰台に上がった仲間の皆さん。
先生の発案で、首に賞状下げて記念撮影です。
k9 ディスク
個人的にはディスクでのがんばりより、こんなものぶら下げて座ってられる事の方が偉いと思った私。。

そして、それなりに頑張ったでしょうのお二人。
k9 ディスク
表彰組よりいささか表情が硬いと思うのは見ている方の気持ちなんでしょうかねぇ。。
二人とも頑張ったよ。


アジ,オビ、ディスクの優先順位の為、なかなか大会に参加できないディスクだけど、やっぱり楽しいね。

ライの幼稚園生活

アジスクールのクラス分け。ニケが中級に上がったのは下からの突き上げでところてん式。
で、押し上げたのは他ならぬこの男。
ドッグフィールド合衆国
ライを含む同世代の子達が6匹入学した為に、ニケのすぐしたの世代が初級1から初級2に一斉にあがり、更にニケたちが中級に上がったのです。

同じ初級1でもコースをまわれる子と違い、ライ達は通称「幼稚園クラス」に通ってます。
幼稚園クラスの皆さんは、アジの練習時間より「待て~」とか「来い!!」とか「(ボールを)だせ!!」って言ってる時間がながいんですよね~。ぷぷ。

そんなライ君も初アジレッスンから4ヶ月。やっとレッスンらしくなってきましたよ~。

最初はタッチの練習。

最初は下りだけで止まる練習だったのが、だんだん距離を伸ばして来て、2週前位から登りも始めました。

そして、今週、いよいよ、ちょっと低いDWに挑戦です。
先生、前の週から「来週はテープルDWをちょこっとやったら、低いDWをやりましょうね!」って嬉しそうにでした。
新しいメソッドの1期生だったニケはそれはそれは時間がかかったのですが、ライはすごく順調。
先生は「これはニケとライの能力差ではなく、ボクの教え方のスキルの差です。ニケには悪い事をしましたね」って言ってもらいました。ニケの時は私にしては珍しく(なんですよ、本当に)先生に反論したりしてぶつかったけど、今思えば、タッチには何の不安もないので、間違いじゃなかったんだな。。

DWは最初はリード付きで昇らせてみました。
ニケの時はタッチ練習の期間がながかったので、いきなりノーリードで昇らせてみましたので、リード付きはアテナの本当の初期の時以来。私のリードさばきがへたくそで、ライをフラフラさせちゃったのを見かねた先生が、お手本を見せてくれました。

でも、その後交代しても相変わらず、リードさばきがへたくそな私。
先生に「ボクのお手本のどこみてたのかなぁ?」って言われて
「かわいいライライ君しかみてませんでした」とのどまででかかりましたさ~。(爆)

そしてノーリードで。

一度覚えると、新しい事を習ってもなんとな~く応用できちゃったニケとちがって、新しい事をやるとその度に「なんだこれ??」なライ。そのかわり、「あ!おれ、わかっちゃったもんね~」となるとスピードがグンとあがるので、実にわかりやすい。


お次はスラローム。
脱走名人のくねくね男はスラが得意。

始めて1ヶ月くらいの時すでに「スピードはニケより早いよね」って言われてました。(汗)
スラの練習方法も若干変わり、こんな位置からエントリー出来てもずっとリード付きでした。
でもこの日、初めてノーリードにしてみました。てっきり正面から入れるのかと思ったら、「さっきと同じ位置から」だそうで、、、

ライちん、ちゃんと自分で入り口を探して入ってます。えらいぞ~。
先生の目標はスラの真ん中辺りの真横から狙わせて、人間は逆方向に行っても抜けない子を作ることだそうで、、
いや、でもそんな隠し芸みたいな技は要らないんだけどなぁ。。

そして、最後はハードル。
先週からバックスイッチの練習が始まりました。

バックスイッチは最初にやったときから、す~っと反応して、逆を向いたりした事がありません。
「勘のいい子」と褒められましたが、クラスメートのアドックも同じく反応が良い。
アド君のママはアテナの頃からのクラスメートだから、もしかするとハンドラーの伝え方が上手になってるのかもしれません。

反対まわりも。


でも、幼稚園組はやっぱりお子ちゃま集団。
このころになると集中力がなくなって、丁度やって来る、次のクラスのワンコ達のところに挨拶に行ったり、放浪の旅に出ちゃったり。。

ニケのレッスンほど走ってる訳じゃないのに倍くらい疲れるのでした。。。

愉快なスクール杯

4日は恒例のスクール杯でした。
が、いつもと違って、今回はチャリティー大会。
コース検分してから出場したい人は自分でホワイトボードに名前を書き込み、出走前に募金箱に料金を入れるシステム。そんな雰囲気が良かったのかいつもより楽しい雰囲気で始まりました。

オープニングはAG1
ニケは3月から2度相当の中級クラスに進級しています。公式戦には1回しか出てないし、CRしてないんだけど、若手軍団の成長で押し出されたところてん組。
前日の練習ではやる事がことごとく決まらず、「集中力がなくなると声が聞こえなくなって勝手に走るのは二ケの悪いくせですね。それはニケが悪いけど、ハンドラーがもっとパワフルに走って注意を引きつける事はできますよね。」と指摘されたチームニケ。でも、考える事が多過ぎて自分が走る事に精一杯でニケを鼓舞する余裕が無い。
1度は元気に走って自信回復することがテーマ。

スラロームに行くべきところ、シーソーに突っ込んでしまい失格。
慌てて呼び戻す私の後ろから、先生が「ハンドラーが悪い。カラダの向きが悪いから!」と叫んでた。
ビデオを見直してそんなに悪くないよなあって思ってたらどうやら、右手で指示を出しながら、左手で顔にかかった髪の毛を払っているんですが、その左手に反応したらしいです。。
たぶん先生は「カラダの向きが悪いから」じゃなくて「髪の毛を触るから」と言っていた模様。
ビデオをコマ送りにして確認したんですが,左手の動きと跳んでるタイミングがピッタリあってるので手のせいなのか、1回目に跳んだ印象が強くて決めうちしていたのかよくわからないなぁ。。
でも、ほぼイメージ通りに走れたので楽しかったなぁ。。
ちなみに、後ろの音声でカチャカチャいっているのは同じところてん組のメビウスがフレームのドアを引っかいてる音、Aフレームに到達する頃ヒーヒー鳴いているのはライです。私とニケが走ると「仲間はずれにしないでくれ~~」ってなるらしい。

次はAG2
前日の練習で、「明日はチャリティーですからね、好きなクラスを走っても良いですよ」と言ってた先生。
でも12月のおもてなし杯で束になって「2度走ってみていいですかぁ?」と聞いたのに、にこやかに首を振られてしまったところてん組の面々。やっぱり確認しないと不安で~~。
事前に、みんなで「本番みたいな雰囲気でタッチ練習したいんです」って言おう!と作戦会議。
切り込み隊長のメビウス母さんが先生に突撃。
先生は「タッチはちゃんと止めてよ!」と前向きなコメント。
そこですかさず私が「ってことは、ニケもいいですよねっ」ととびきり嬉しそうな顔して確認。
先生、ちょっと呆れながら「ダメって言ったら、泣くでしょ」と。
1度と違って、どこまで挑戦できるかな~って気楽な気持ちなので、本当に楽しい。

スラの後、違うバーを跳んでしまい失格。
でも充分やれるって手応えがあってちょっと自信がついたかな!
ライの絶叫最高潮!

そしてAG3
は、さすがに「どう考えてもやりたいって言ったら『そこに全員正座しろ!』って説教されるよね」と察したところてん組、自重いたしました。


お次はJP1

トンネル前で引きつけ過ぎて軸足にニケがど~ん!で、コテっと転んだ。
実は前日の練習で一番ダメだったのがこのシーケンス。
私の呼び寄せに聞く耳持たず、正面に突っ込む事が多かったニケ。
だから突っ込んですんでのところから引き返す計算でちょっと手前から引きつけたら、今日はえらく反応がよく手に吸い付いてきました。立ち上がる時に先生の顔見たら、「ま、昨日の今日だからこの方が良いんじゃない?」って顔して笑ってました。後は思った通りに出来たかな。
に、しても、女先生、、バッティングのところ、すごいコメント。。
今度から逆トン(トンネルと逆方向から入る事)しそうになったら、身体はって止めようかな。。

最後はJP2

はい、力つきました。。メビウスのカチャカチャもライのピーピー鳴きも絶好調なのにねぇ。。

そして今日のおまけ~。
今回、オープンをお友達のワンコでハンドラーチェンジをして走ってみました。
クロちゃんは日本で2頭しかいないクロアチアシープドッグ。
本来のハンドラーであるパパとは咆哮しながら野性味溢れる爆走をするクロちゃん。
女先生はスタートに座らせた瞬間から笑ってましたが。。

実はアテナと盟友ぽっきーが現役バリバリで走っていた頃には競技の合間にニケとよく遊んでいたクロちゃん。女の子にはめっぽう弱いので、一方的に二ケのヒップアタックを喰らってたけど、私のことも覚えていたらしい。いい子に走ってくれました。コントロールとか考えないで豪快な走りにあわせただけの全力のハンドリングはアテナと走ってた頃を思い出して、楽しかったな~。
ちなみに、ライは静かです。。
姉ちゃんと走っているのでなければOKらしい。。。。

次のスクール杯は10月。
今度はライも出場できるかな?


素敵なBirthday

4月30日はライの1歳のお誕生日でした。
生まれた瞬間からうちの子だったラッピー。
やる事はまだまだお子ちゃまなんだけど、まだ巡り会って1年しか経ってないのかって気持ちです。

そんなライの誕生日。フィン一家からお誘いを受けて、花鱗島で迎える事になりました~。
黒おねえちゃまたちに囲まれた素敵なバースデーになりました。
フィン家のパパ、ボスはライの為に鯛狙いの釣りに行ってくれました。
狙った鯛がつれなかったって、残念がってくれたボス。
でも、この日のファーストヒットをライに捧げてくれるって。。
そういうお祝いしてくれる気持ちが何より嬉しい贈り物です。
あ、鯛はつれなかったけど、美味しいイサキをごちそうになりましたよ。

ママもケーキを作ってみました。
ライ 誕生日 花鱗島
カボチャの寒天ケーキに豆腐クリームで字を書いてみました。(奥はフィン&キールからのプレゼント)

これを前にしてみんなで記念写真を撮って、その後、取り分けて食べようね!
ライ 誕生日 花鱗島
中堅は忠犬になってるのに、年長者と年少者はケーキに色めき立ってます。

ライ 誕生日 花鱗島
ケーキを前に、皆でカメラ目線になって欲しかったのに、私の指示を聞き逃すまいと必死な面々は、こちらをむいたまま。。。

もう、待たせるのも限界なのに、なかなかカメラマンからOKが出ない。
いら~っとした私は思わずのりさんに聞いた。
「ねえ、もういいかなぁ?

、、、、、痛恨の言葉の選択ミスだった。。
たぶん,「まだかなぁ?」と聞けば「『まだ』だ」と思ったに違いない子供達。
「いいかなぁ?」だったもんだから、「『いい』だ!」と判断して、まず、フィンが動いた!
そして今回、効率よくおいしいものを貰うにはフィン姉ちゃんの動きを見れば良いと学習したばかりのライが続き、負けじとニケが続く。。
ライ 誕生日 花鱗島

そして、端でお利口に伏せしてたキールは人間の「あ~」って大声にびっくりしてテープルの下に避難。
ライ 誕生日 花鱗島


必死に拾い集めるも3人の処理能力には追いつけず。。。
ライ 誕生日 花鱗島

やっと出て来たキールはお皿にわずかに残った豆腐クリームを舐めただけでありました。。
ライ 誕生日 花鱗島



カレンダー(月別)

04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター