All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

ライのディスク大会デビュー

土曜日、ホームグラウンドの寒川で開かれたNDAの大会に行ってきました。
いよいよライもデビューです。
ニケも同じ、プレジャークラスという一番下のクラスに出場するので、文字通り姉弟対決。
2頭だしは初めての体験です。
いつもはおミソで見学だけだったライもまとめて
「選手のみなさ~ん」
と呼ぶのが、すごく楽しい


先攻はライ。
凍てつく寒さではありましたが、無風。地面は乾燥しきって霜さえ降りてない絶好のコンディションでしたが。。

おやじ、デビュー戦のライになんてスローするんだ。。
デビューラウンドはほろ苦0ポイント。
ので、この際、スローは忘れてライだけを見て見ると、ニケとは違う男の子らしい豪快な走り方。
大きくなったねぇ。とちょっとほろりとした母でした。

後攻、ニケの1Rめ。
「逃げるんじゃないか?ちゃんとやれるのか?」とどっきどきだったライとは違い、安心してみていられます。
ええ、ニケのことはね

直前の練習まで調子が良かった投げ手。
本番では大乱調。ニケが自分の力だけでもぎとった9ポイント。
ニケは持って帰ってくると、ディスクをすぐに放します。
せっかちさんなので、ラインの手前でぽろり。
放さないライとは対照的。性格なのかなぁ。
面白いです。


ライ、2R目。

1投目こそ、ちょっときょろきょろしたものの、1R目みたいな大回りもせずに、まっすぐ戻ってくるライ。
13ポイントは上々のデビュー戦となりました。
2R目にして、やらなければいけないことをちゃんと理解したようです。

さあ、ニケ、ここは姉として負けられないよっ!

大暴投の連発にさすがの二ケもなす術がなし。
2R目は11ポイントって、ライより悪い。
たのむよ、パパ~。もっといい条件で姉弟対決させてやってくれ~。

本人は
「タイムをはかりだすと、力が入っちゃう」
と言ってました。
私にも経験があるけど、とにかく出場することが楽しくのびのびやれた時期を過ぎて、いろんなことを考えちゃう伸び悩みのときなのかもなぁ。練習では良い感じなのになぁ。
一緒に参加していたライのオビの先生に、
「パパのメンタル面も鍛えてやってください」
とお願いしてしまった私なのでした。。。
スポンサーサイト

gift

昨日、1月26日はひまわり忌。
アテナの2回目の命日でした。

去年はお休みとって、アジ練にいったりノエちゃんや私の両親に来てもらってにぎやかにすごしたけど、今年は仕事に行きました。

帰りに黄色の花束を買って帰って来たら、玄関先に大きな花束が!!
のえママが来てくれてました。ありがとう!
DSC01876.jpg
右の大きな花束がのえちゃんちの。私の買って来たのより大きくて,綺麗
そして、2年前にイチロー母さんからいただいた蘭が今年も綺麗に咲きました。
お骨の下に飾ってあるのはミリアちゃんのママが描いてくれた絵皿。
この写真が描いてあります。
姉妹 アジ

この写真を撮った頃、正確にはちょっと前のオリンピックの頃,よく流れていたのはミスチルのgift.
NHKのオリンピック放送のテーマ曲だったこの歌は私とアテナの応援歌でもありました。
それまで順調だったアジリティが少し伸び悩んでいた頃でした。
そんな時に胸に響いたのがこの歌詞。

地平線の先にたどりついても
新しい地平線が広がるだけ
「もうやめにしようか」自分の胸に聞くと
「まだ歩き続けたい」と返事が聞こえたよ


そしてその後の歌詞、

果てしない旅路の果てに
選ばれるものとはだれ
たとえ僕じゃなくったって
それでもまた走っていく 走って行くよ


この歌詞の「走って行く」を「歩いて行く」ってうたっちゃったことがあって、「だからなかなかたどりつかないんだよっ!」って自分で大笑いしたことがありました。
でも、たどり着こうと着くまいと、私はアテナと一緒にいることが好きなんだ。
『一緒に楽しむ』いや『一緒にもがく』かもしれないけど、『一緒に!』以上に大切なことがあるだろうか?
そんな単純なことだけど、、

君とだから探せたよ 僕の方こそありがとう

横で,「ママ、何を言ってるのかしら?」って顔して私を見つめていたアテナに、そう歌いかけたものでした。
結局、アジの話しじゃなくて、いろんな気持ちを込める大切な思い出の曲になりました。

そして今、あの頃は気になっていなかった最後の歌詞をアテナに歌ってやりたいと思います。

僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で
ほら 光ってるんだよ
光り続けんだよ


オプデス1度デビュー

日曜日、オプデスのアジ大会に出場して来ました。
出場するのは3回目ですが、最初は『疑惑の3席騒動』、2回目は『幻の金メダル騒動』と何かとお騒がせのニケ。1度デビューの今回は前日に騒動を起こしてくれました。

前回のブログにも書きましたが、午前中に普通に走っていたニケが、お昼、ビッコを引いていたのです。
左の後ろ脚でした。呼び寄せると普通に歩いて来るのですが、止まるとフラミンゴみたいに脚をたたんで、3本脚で立っているのです。慌てて調べみたところ、よ~く見ると肉球の横がちょっと赤くてはれてるみたい。オキシドールで拭いて見るとしみるらしく、脚をぴくぴく動かします。
慌てて病院に駆け込みました。
「明日、大会なのに、急に、ビッコをひきだしたんですぅ!
ニケの主治医の先生は自分もトライアル(狩猟犬競技)のハンドラーでもあります。
ある意味、パッドの怪我を日本一良く見ている先生とも言えそうで,,
「原因はわからないけど,重篤な病気や怪我ではないでしょう」
と言う先生。更に続けて、
「この子達が競技モードに入ったら忘れる位の痛みでしょう。痛くて棄権することにはならないと思いますよ」
そして極めつけが
「一応、抗生物質を処方しておきますが、競技中にお腹がゆるくなるとかわいそうなので、大会が終わってから飲ませなさい」だって、、、
さすが、競技犬とハンドラーの気質を知り尽くした先生だぁ。(爆)

そうは言われてもビッコを引きながら歩いているニケを見て、棄権する覚悟をして眠りにつきました。

翌朝。
ニケは何事もなかったように飛び起きて、私がご飯を用意する間、テーブルのまわりを小走りに回ってました。
下手に触って痛みがぶり返してもいやなので、あえてチェックをせずに出発。
でも昨日の騒動が嘘のように動き回る姿を見てほっとしました~。


今回は3種目にエントリー。
まずはノービス2から。
検分をしてびっくり。
スタートの3基が火曜日に練習したシーケンス、そのままだったのです。
その時は「ニケはフロントでガンガン引っ張るとスピードがでるから、そのスタイルがいいね」と言われました。
練習では1度もミスはしなかったけれど、本番となるとやはりなるべくリスク回避して、確実に送り出しでトンネルに入れたい。最初はそう思いました。
でも、今日は棄権するつもりが、出場できたんだもの。
思いきってやってみよう。

いや~、挑戦して、散ったって感じですかねぇ。
待たせる位置が斜め過ぎてこっちによって来ちゃいました。慌てて押し戻して、ウイングに接触。
トンネルの後のフロントも追いつけなくてオーバーラン。
でも、タイムは完走したチームの中では1番でした。
アジはミスの少ないチームが上位に来るので、タイムは1番早くてもハードルを落として失敗1のニケはノーミス5人の下の6席。
ちょっと悔しかったけど、たぶん、スタートで攻めたからこそ出せたタイム。
チキンにならずに試してみて良かった。
発展途上のチームのハンドラーとして、今後に手応えをつかんだなぁと思う反面、
「スラロームがある1度では失敗が続きそうだからなぁ。せめてノービスぐらいCRしたかったなぁ」
って気持ちもあって、ちょっと複雑な心境でした。

そんな1度の競技はジャンピングから。

スラが3番目。もう、ここで止まっちゃうなぁ。なんてかんがえながら検分してたから、意外にも(?)スラロームがクリアできたら、頭の中は達成感いっぱいの終了モード。
ソフトトンネルの後は直進させず、自分の方に近づけすぎず、左に曲げてハードル跳んだら直進させずトンネルへってさじ加減が大事なのに、頭が真っ白になり全力疾走。それを見て当然直進だと思った二ケをすんでのところで呼び戻し,トンネルに押し込め、、、
のりさんはバー落下したところで、舌打ちしてるけど、、
その後、コース忘れた。。
あ~~!!
せっかく、スラが出来たのにぃ。
ニケの努力を無駄にして、ごめんっ!!



最後はAG1。
スラ券を無駄に使っちゃったので,今度こそ抜けるだろう。。
のりさんでさえ、
「今日はCRなんて考えなくていいから、スラだけ頑張ろう」
と言い出した。
ちょっとどんよりしていた私も改めて思った。
「今日は出場できてラッキーだったんだもんね。ニケ、楽しもう!」

私の気持ちを知ってか知らずか、ニケは競技モードに入っていたようでした。
スタート位置に着いたら、自分からすっと座ったのです。
そうだね、楽しく走ろうね。
(動画は私の絶叫が入ってますので、音量注意です)

唯一のピンチはスラロームの後。
抜けるのが心配なので、ニケがスラを終わるまでは私も方向を変えずに直進。
その後、右側を後ろに引く感じでフロントして、次のハードルを飛ばそうと思ってました。
ところが、思いのほかニケがピッタリくっついていたので、とっさに送り出しに変更。
これはママのナイス判断。
そして、この斜めの方向から跳んだらそのまま左に走って行きそうなのに、ちゃんとママの要求を読み取って右に反転したのはニケちゃんのファインプレー。
ソフトトンネルに入れた時には「これは行けたかも」って思って、DWでは俄然大声で鼓舞する私。
よ~く見ると、DWのタッチの時点で満面の笑みを浮かべ、最後のハードルを跳んでる最中に手を挙げてます。
いや~、嬉しかった~。
惜しくも表彰台を逃して4席でしたが、タイムがね~。
二ケちゃん、タッチ3基とも「おやつ探しタイム」を取っているので,タイムは完走したチームのビリに近い。
でもノーミスなので、上位に食い込んでます。さっきと逆パターン。これがアジリティってゲームの醍醐味です。
もっとも、AGは席次よりも上のクラスに上がる条件(オプデスの場合減点7点以下を2回)をクリアできるかがハンドラーの最大の目標なんですが。。

今回も過去2回と同じく、騒動を起こしながらも、最後は笑顔で帰路につくことが出来ました。
次回は3月かな。
その時も笑顔で帰れますように。
あ、でももう騒動はごめんです。

ナイショだよ

今朝、ニケのオビ練がありました。その後、ちょっとスラ練したのですが、抜けた。。
明日、オプデスの1度デビューなのに、、、
家に帰って来て、「マイスラ持って行って公園で練習しようかなあ」なんて思って、ふと見ると、左の後ろ脚を浮かしてる!そういえばさっき脚を拭く時に「ギャン!」って言ったので、気になって蜜蝋クリーム塗ったんだけど、、
午後から病院に行こうと思いますが、スラ抜けの心配どころじゃなく、明日出場できるのかが問題に。。
はぁ。。


本題は昨日の夜のライの話し。
我が家ではたいてい、パパが先に寝る時に二ケもついて行きます。
「あ、ベッドで寝られるのうれしいわ~」って感じの時と
「本当はママとくっついてたいけど、パパがかわいそうだから~」って時がありますが。。

かたや、ライはママのストーカー。
以前はニケにつられて2階にあがってましたが、ママが来ないことに気づくと大騒ぎ。
結局一人でもどってくるんですよね~。
最近はそこら辺がわかって来たらしく、パパに誘われてもついて行きません。

昨日も、そんな夜でした。
お風呂上がりにマミーを飲もうとした私。
でも新しいコップ出すと洗うのめんどうだし~、さっき使ったおっきな茶碗使っちゃえ!とずぼらして、茶道で使うみたいな茶碗に並々とマミーを注いでいたら、寝ていたライが、がばっと起きた!
「ママ!美味しそうな匂いがするワンよ!」
「じゃあ、少しわけてあげようか」
マミー
お利口に座るライ。

が、もう少し茶碗を下げた途端、、
マミー
「それ、ママの~!!少し分けてあげるって言ったじゃん!!」と焦る私。

何とかライのお皿に入れようとしたけど、、、
マミー
既に移すべき液体は残っていなかった、、、

諦めて茶碗を放棄。
マミー

茶碗を舐め尽くしたライ、自分の皿もチェック。
マミー
そっちには1滴もはいってませんからっ!

こんなお行儀悪いことしたの、パパにはナイショだよ。
それから、ライだけ飲んだの、姉ちゃんにはナイショだよ。

皆の兄ちゃん

ある日の午後、姉弟がソファーでまったりしていた横で、PCを開いていました。
二人の実家、エア家では12月30日にライの弟妹が生まれました。
その子供達の様子が毎日ブログにアップされているのを覗くのが、楽しみなんです~。
この日も、いつもの通り動画をみていたのですが,いつもと違うことがひとつ。
いつもはミュートにしてあるのですが、この時は少し音量をあげてました。
丁度授乳シーンで、おっぱいが欲しくて、ミューミュー鳴いてるパピー達。
その声に反応して、、
パピー
「おっ?なんだなんだ??」なライ。
ニケは声には無反応で,携帯(で撮りました)をいじってたからこちらを見てます。

ライは初産の第一子。つまり、エアトゥルー母さんの子供たち、み~んなのお兄ちゃん。
ちびっ子達の声が気になるようです。
パピー
ちょっと引くとね,ビクターの犬みたいに頭を傾けてPCの音声を聞いてるんですよ。

ニケはライが群馬で生まれた瞬間、神奈川の自宅で時計をみて吠えました
実はライもね、12月30日に遊んでいたのをピタッとやめて、宙をみて吠えたのです。
「あれ?もしかして、生まれたのか!?」
予定日は1月1日だったから、まさかね~、と思いつつもその日の夜にブログをチェックしてみると
「ああっ!本当に生まれてる!!」
でも、時間は午前11時から午後1時くらいまで。ライが吠えたのは2時過ぎでした。
あはは~、ライ君、テレパシー感じるのちょっと遅過ぎ~。


「あ、おっぱい飲んでる!」
パピー
わかってるのかどうか、授乳シーンに釘付けのライでした。

そんなライの弟たち、オーナーさん募集中です。
興味がある方はぜひ、エア家のブログを見てくださいね。

ライのアジ初レッスン

ライ君、本日初めてのアジレッスンに行きました。

オビを初めて2ヶ月ちょっと。
まだまだ形になるものは何もないけれど、先生にもすっかり慣れてお勉強する環境になって来たかなぁと、思えたので先生にアジのレッスンを始める目安について聞いてみたら、「アジはアジですすめてかまいません」とのこと。先生、ご自分でアジもディスクも楽しむ方なので、こういうところは理解が深いです。
ニケは5ヶ月くらいでレッスンを始めたけれど、求めていることを理解しようとしたのは1歳近くなってからだったので、ライはそれくらいから始めるとちょうど暖かくなったころからスタートするのでいいなぁという希望をもちつつ、今のうちにネゴっておく為に、アジの先生に「オビの先生から、こう言われました」と報告。
すると先生は、「だったら早い方がいいでしょう。今度の日曜日、朝の時間が空いてますよ~」
そんなわけであれよあれよと言う間に当日~。

アテナの場合は5ヶ月びっちり、オビレッスンがあり、その後ようやくアジでした。
ニケの時はオビ練半分アジ練半分の基礎レッスンから始まりました。
でもライは「オビはオビの先生にお任せするから」と言うことで,いきなりアジのレッスンを開始。

最初はドッグウォークの板に慣れる練習。
姉さん達の時はこんなに慎重じゃなかったような。。

最初はよけていたライくん、その後もわかってるんだけどうかわからない歩きかた。
でも、いざ斜めに立てかけてタッチの練習を始めると、なかなか良い感じ。
「ウォーク」のコマンドで板に飛び乗ること、先端で止まってママを見るとおやつが貰えることを素早く理解したみたいです。

ニケはこのメソッドの1期生でした。
先生も試行錯誤、私も目的とするものがよく見えず、更にニケはまだパピーだったので、それはそれは苦労したのですが、それがちょっとは糧になっているようです。

結局、ノーリードで誘導なしでできるようになるまで小一時間練習しちゃいました。


続いてハードルの練習。
これまた、自分がバーを跳んだのは初めてです。
一番下のバーなのでライにとっては跨いでる感覚しかないとおもいますが、あとが悪かった。。

たぶん、集中力がキレたライ。
ボールを持ったまま大暴走。
このまま呼び戻しの練習になりましたぁ。。


ところで、休憩時間に、先生が
「これで、今年のおもてなし杯は二ケとライ、ダブルで跳べますね」と。
てっきり、出し物をふたつやれと言う意味かと思ったらさにあらず。
「トンネルは二匹一度には入れないから、ニケが先かな。この練習は難しいですよ」だって。
先生、一体、我が家に何を求めてるんですかぁ

ジェットストリーム風に

(ストリングスのミスターロンリーのBGMにのせて)

冬の深夜。愛犬と共に庭に出る。
寒さにちょっぴり身をすくめる私を出迎えてくれるのは満天の星達。
ゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、
夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
皆様の夜間飛行のお供をいたしますパイロットは、私、アテナママです。
(なんのぱくりオマージュかわからないお若い方はこちらを
星座


最初に目に飛び込んで来るのはオリオンの三ツ星。
これは私の愛しい子供達、アテナ・ニケ&ライの象徴。

そしてその三ツ星を見つめるアルデバランの赤い光は私のまなざし。
4月生まれの私の星座である牡牛座の中にあるすばるは子供達とのきらめく思い出。
ライも私と牡牛座で八白土星。これから運命共同体として生きていくんだね。

ぎょしゃ座のカペラはさながらニケ。
美しい形をした星座の中できらめく限りなく0等星に近い1等星であり、限りなく周極星に近い星。
すごく秀でた星なのに「全天一」「沈まない」などと自己主張しない奥ゆかしさが二ケに重なり愛おしい。

カストルとポルックスはアテナとママ。
子供は半分は他人でしょ。でもアテナは100%ママの分身。
そう思ったことが何度もあった。
いつまでも寄り添って輝き続けるアテナの星。

そして、おおいぬ座。
そう、このおおいぬ座の物語から名前を貰ったライラプス。
シリウスの様にはっきりと自己主張する明るい子。

アテナがうちにやって来る前から思い描いていたシーンを演じてみよう。
私はシリウスを指差しながら、ライにこうささやいた。
「ライよ、あれが、お前の星だ!」(注:星一徹ではないですからね!)

すると、ライは潤んだ瞳で私を見つめた。

その目がこう言っていた。




「かあちゃん、おれ、まだおしっこじょーじょー出るんだじぇ。」

あ、そう、、、


はっ!?
ニケ??
星がよく光る夜にはうちの小さな庭でも、闇に溶け込んだニケの姿は探しにくい。
「ニゲ~~~、どこ?」
すると闇のなかからす~っと抜け出して現れる。
「あんた、忍者かいな」
「って言うか、夜中に『んこ』したのね!フード変えてからよく出るねぇ。。」


こうして私の短い夜間飛行は終わるのでした。

スラ券は1枚?

昨日は、アジスクールの大会でした。

例によって、前夜は準備でおおわらわ。
「明日は、アジの競技会なのに、私はなんで台所に立ってるんだろう??」
「だってスクール杯ってポトラックパーティーの合間にちょっと走る大会だろ?」
と、毎回お決まりの会話。。


当日。
朝一番はAG1から。
コースはスピードが出そうだけど、障害がちょっとずつずれていて、きっちり導かないとはまらない感じ。
まだ地面が凍っていてカチンカチン。
しかも、おニューのスパイクだったので、無理をせず、全部送り出しで組み立てました。
とは言っても、一番の気がかりはスラなんですけどね。。

先生はよっぽど心配だったらしく、「ほめて!」「犬にまかせて!」「すぐ出る!」と熱血指導で並走。
こんな真横を走られてたのは私だけだった~。
しかも、スラでは私より先に&大声で「スルーだ!」とさけびつづけてました。
先生はニケのハンドラーである私のハンドラーなのかっ!??

AGはタイムを計らず、よって席次もつけないので、順位に関係なくCR賞が貰えます。
今回はジュース。地面も凍る寒さの中、貰ったのは『暑さに負けるな・熱中対策水』


そしてお昼をはさんでオープン2
お昼に食べきれなかった頂き物を詰めようと思って水道でタッパーを洗って、ふと振り返ると検分始まってる!
あわてて戻ったのですが,焦ったせいか、なんだか集中力がない。
取り合えず、コースは覚えましたって状態で検分終了。

オープンはクリーンラン賞がついたうえに(今度はビタミンウオーターでした)、3席に滑り込みおやつもゲット。スポンサーは太っ腹なラブフィールドさん。あざ~っす!!
ニケのお姉ちゃんココちゃんが2席でした。表彰式がなかったので、写真が撮れなかったのがちょっと残念。


最後はJP1
なんだかふわふわしちゃった感じで、コースをなぞるだけの上っ面の検分してる。。
さっきのオープンみたいにコース覚えただけで何とかなるほどの実力はないぞ、私。
どうしたんだ、私!?
、、、、どうも、私はお腹がいっぱいになると頭が働かないタイプらしいです。
さっきも、焦るから覚えられないって思ってたけど、単に脳がお昼寝モードだったらしい(汗)


コース攻略がどうのって話しではなく、結局スラだよっ!
女先生が「14番ぬけたっ!」って叫んでるところは、気落ちした私の投げやりハンドリングが原因。
明後日の方向みて、障害じゃないところを指して一回転。
あまりに間抜けな姿に自分でビデオみて爆笑しちゃいました。(反省しろっ!)

、、、実はこの前から不思議な現象が起きてまして。。。
練習のときからなぜかニケがスラを失敗するとココちゃんは成功。ニケが成功するとココちゃんが失敗。
この日もAGでニケが成功したら、ココちゃんはスラをやる前に失格。JPはココちゃんCRでした。
どうやら、この姉妹、スラローム成功券を二人で1枚しかもってないんじゃなか疑惑が浮上中。
たのむから、それぞれ自分の券を購入し(?)2人揃ってCRしておくれ~。

前回のスクール杯より成績は良くなってるんだけど、なんだかスッキリしない大会でした。
お腹はかなり満足したけどね~。

ジャーキーメーカー

2ヶ月くらい前の話しになりますが、我が家でもついにジャーキーメーカーを買いました。

何人もの友人達のブログをみて、欲しいけど、大きそうだし、1万4千円位って高いしなぁって悩んでたら、
「あら、今なら円高だから送料込みで8千円台で買えるわよ」
って言われて購入を決意。
購入したのはこのサイトです。ドル決済なので為替レートが直反映されます。

今日はささみジャーキーを作ります。

作業を始めるとわらわら寄って来る姉弟。既に目が真剣。
ジャーキーメーカー

叩いてココまで平にします。ジャーキーメーカー

そしてならべて~。
ジャーキーメーカー
直径約35センチのトレイです。大きすぎないかと思ったけど、「ちょっと大きい」程度。
しかも、ささみを並べると5枚だから、これより小さいと困るのね~と納得しました。

トレイを重ねてスイッチオン!
ジャーキーメーカーいい匂いがするので、クンクンしてるライと、

舌をペロリンしているニケ。ジャーキーメーカー

キッチンから追い出された後も側を離れられな~い。(笑)ジャーキーメーカー
視線の先は当然ジャーキーメーカーです。はい。

この薄さだと4時間くらいで完成です。ジャーキーメーカー
乾燥すると一回り小さくなるんですが,「味見」で小さくなってるやつも、、
蓋を開けた直後は熱いのでライもみてるだけ~。

さて、冷めたよ。

ライ、目が釘付け。
ジャーキーメーカー

ニケは真剣そのもの。ジャーキーメーカー

最近は、すっかり学習した姉弟。
ジャーキーメーカーがウィ~ンと作動し始めると、そわそわしながらまわりをウロウロしてます。
その姿がかわいくて,本当に買って正解だったと思ってます。

以上、お知り合いが購入を検討しているということを意識したレポートでした。
他にご質問があれば、聞いて下さいね~。
それから、使ってらっしゃる方で、「この食材はおすすめだよ~」とか「こんな使い方もあるよ」って言うのがあったら、ぜひ教えて下さい。宜しくお願いしま~す。

我が家ではささみの他は馬肉の赤身が一番のヒットかなぁ。
脂ののったノルウエー産サーモンは失敗して、ぽろぽろになっちゃいました。。。




走れ!ハンドラー!

我が家、昨年末最後のお出かけがアジ練。
そして今年最初のお出かけもアジ練でした。
たまたま火曜日が最後&最初のレッスン日だっただけだったんですが。
でも両日ともパパがお休みだったので、ビデオを撮ってもらいました。

先週(昨年末)のレッスンの様子から。

ジャンピングの1走目。


ニケはハンドラーが前にいるとスピードにのって追いかけて来る子。
だから、ママは慎重にかつ引っ張る形で上手くこなしたと思ったけど~。

「あと、自分で何が足りないと思いますか?」と先生。
「う~んと、奥のトンネルに入れるのに大回りさせたところですか?」
「違います。全体的にハンドリングに力強さがないんです。もっと褒めながら力強く走って」

外の大会に行くといつも思うのだけれど、私はかなりにぎやかなハンドラー。
身振りも大きいし声も多く出てると思う。まるでアパッチの襲撃かと思う位叫びながら走ってる。
これ以上どうしろと?

とりあえずできるだけ声をかけながら、もう一段ギアをあげて走ってみました。

ハンドリングは全く一緒。
あんまり変化を感じられなくて「変わってますかねえ?」と言った私に
先生は「1秒近く違うはずですよ。今日はビデオを撮ってるから、後で計ってみて下さい。」と。

で、うちに帰って計ってみたら1走目が29秒64、2走目が28秒21。
1.5秒以上早くなってました。大会だと順位が5,6番違うタイムです。
う~ん。そうなのか。

この後2走したのですが、最後はよれよれでゴール後ひざから崩れました。
しかもこの練習が28日。
そしてなぜか太ももが筋肉痛になったのが31日。
まさか3日後ってことないよねぇ??
う~ん、大掃除で普段使わない筋肉を使ったせいだと思いたい。
(って、そんな念入りな掃除じゃなかったけど。)

今年は本気でダイエットしなきゃだめかなぁと思い始めてるところです。。
(思うだけじゃなく、やれ!って話しなんですがねぇ。。)


オープニングは初笑い

明けましておめでとうございます。
年賀状

今年も元気ににぎやかにニケとライ、そして時々アテナの記録を綴って行きたいと思っています。
どうぞ、おつき合いくださいね。

年明け一番は記事にするには小さ過ぎたネタを一挙に発表。

『管理職のりさん』
12月27日のこと。
「そろそろ、大掃除しないといけないけど、何から手をつけていいのやら」と私。
「まずはクリスマスの飾りをしまえ」とのりさん。
「でも、面倒だからアメリカ時代見たいに新年まで飾っておこうかと思うんだけど」
すると、のりさん、慌てて言った。
「バカっ!サンタ7人分の残業代、いくらかかると思ってるんだ!経費節減だっ!」
下の写真のおじさん達のことを言ってるんですが、サンタにも厳しい世の中なのね。。
クリスマス
かくして,管理職のりさんの一言で、サンタ軍団にはその日のうちにお引き取り願ったのでありました。


『必要なのはそっちかい!?』
アジで初級1(最初のクラス)に入ったばかりの頃。
みんなでならんでスラロームの練習をしていた時のこと。
一緒に練習していたチビちゃんが興奮して他の子が走ると吠える吠える。。
とうとう先生が、「これはちゃんと対処しないといけないなぁ」と言い出した。
そして、ハンドラーさんに色々アドバイスをした後、私の方に振り返ってこう言った。
「ニケは『待て』出来ますよね?」
「たぶん出来ると思いますけど」と私。
「じゃあ、その場に座らせて」と言う先生。

オビでは脚側歩行中にわざと他の子やボール等のトラップを置いてそれでも集中して歩く練習をします。
ああ、きっとそれでニケのまわりを歩いて、吠えかけたら叱るんだな。
私もニケが他の子に動じずに待てるようにさせなくちゃ。
そんなこと考えながらその場で座らせて、私もすぐチョーク引けるように体勢を整えたのに。。。
先生は「じゃあ、リード外して」
私「??」
なんでトラップ役の方がノーリードなんだ??
万一迫って来られたらどう対処するんだ??

頭の中が??だらけの私に、さらに先生は
「そのリードもらって良いですか」
い~っ?なんでぇ??
一層緊張感が増す私の手からリードを受け取った先生、
そのまますたすたとチビちゃんのところに行き、
「いいですか、ちゃんと犬に意思が伝わるリードのひき方はね、、、」
とニケのリードをウイングの頭に引っ掛けながらデモンストレーションを開始。

ん?
おいっ!必要だったのは二ケじゃなくてリードだったんかいっ!!

(ウイング=スラロームのスタンド。下の写真で緑と赤の部分。)
練習会




『陽が短いですから』
今度は私の逆襲(?)のお話。

11月の練習会でのこと。1走目が終わったあとで先生の講評があるのですが、最初の話しが
「陽が短いですから,ちゃっちゃと進行できるように、タッチのおやつやスラロームのガードはあらかじめ友達に頼んでおいておいて下さい。私が手伝うと時間を食っちゃいますからね。」
言い訳をすると、みんなわかってる部分はあらかじめ友達に頼んであるんです。
でも、スラロームのガードはハンドラーは「つけない状態でやってみたい」と思うのに対し、先生はちょっとでも不安があったらつけようとするので、結果、先生がつけることになっちゃうんです。

その後、コースをたどりながら攻略方法のレクチャーが済んだ後、、、
先生がぼそっと
「あまりにも皆の出来が悪かったから、僕も走ってみようかなぁ。」
それを聞いて、思わず出ちゃった私の一言
「でも陽が短いから、ちゃちゃと進行しないといけないですよね、どうかなぁ。」
友人ばかウケ。
先生は無言で睨んでましたが,その目は「ナイス突っ込み!」と言っていたような。。(希望的観察)
結局、先生は走らず、練習会は陽のあるうちに終わったのでした。
(スラロームのガード=競技会では使えません)
アジ



さっきやったネットおみくじの結果。
アテナママさんの今年の運勢は
【超吉】
願望:すべて望むがまま。
学問:天才と呼ばれるか、神と呼ばれるレベル。
抜毛:少な目。

「超吉」って「大吉」よりいいのか??
抜毛が少なくてよかった~(爆)



カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター