All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

レトリバー・ミート

土曜日、本栖湖で行われた雑誌「レトリバー」のイベントに参加して来ました。
レトミート

当然のことながら、レトリバーだらけの会場。
レトミート

最初は雑誌に載せてもらう家族単位の写真撮影でした。
レトミート
たぶん、こんなバックに人間が2人加わった写真になると思います。
写真を撮るのに、ずら~っと並んでいて、自分の番が来ると荷物を置いて湖の方に歩いていくことになるんですが、長い間待たされて、「さ、行こうか」と言ったら、当然湖のことだと解釈した2人。水際に一直線でした。
「い、いやっ!今日はお水無しだからね!」って言ったらカメラマンさんが笑ってました。
撮影中は「いいですね~」「最高の笑顔ですよ~」と褒め続けるカメラマン。
も~、うっかり脱いでも良いかと思っちゃう様な褒めっぷりでした(爆)

撮影後も諦めきれないライ吉。
レトミート

隣ではアウトドアグッズの展示会も行われていたので、ちょっと見学。
ディスプレイの風船牛にビビる2人。


今回、初お目見えの布製の焚き火台もありました。
で、ディスプレイとして、その焚き火台の上に鍋が置いてあったのですが、、、
レトミート
二ケ、鍋に顔をつっこむ
当然、何も入っていない鍋ですよ。なのに、何度もこうやって確認してました。
つまり、鍋には美味しいものが入ってるって理解してるってことですよね。
匂いじゃなくて、視覚で動いてるんだって改めてわかりました。

午後からメインのイベントが行われました。
二ケは一発芸大会に出場。
レトミート
輪飛びを披露して、「わんのはな」提供のおやつとおもちゃセットをゲット!
1位の商品はダイソンの掃除機でした!
高額商品ではありますが、今あるダイソンも週一でしか使わないので(だってぇ、箒で掃いちゃった方が早いんだもん)、現実路線のおやつとおもちゃは正解だった~。
いや、それより、この派手なジャンプ、写真が載らないかなぁ。。

それから、沢山のレトの中でライと2週間違いの月例のお友達、ふくちゃんとお話しました。
レトミート
しっかりカメラ目線のうちの子たちと、のりさんが気になるふくちゃん。

のりさん、ふくちゃんをうりうりかまう。
レトミート

そこへ割り込んで来たライ。
「ボクのパパでしゅよ~
レトミート
ちびっ子パワーに迷惑気な二ケ。
ちょっと前までは二ケもこんな感じだったのに、今では他の子を触っても見てるだけ。
他の子をかまっても、一番愛されてるのは私!ってわかったのかな??

もう一人はリズちゃん。
レトミート
リズちゃんに会うのは初めてなんですが、4日前にリズちゃんの分身とは会ってたんです。

このフリースドッグの黄色ちゃんがリズちゃん。真ん中が二ケ。
フリースドッグ

こちらも同じ「レトリバー」の「フリースドッグを作ろう」と言う企画で作ったものです。
この時、リズちゃんのママは「家のはデブだから~」って言ってたけど、失礼だよね~、リズちゃん。
かわいい女の子でした。

私のiPodで撮った写真では二ケの顔がよくわかりませんが、プロのカメラマンさんに撮ってもらった写真が紙面に載る予定。プロの写真がすご~く楽しみな私です。

レトリバーミートとフリースドッグの記事が載ったレトリバーは12月14日発売です。
良かったら、立ち読みして、、い、いや、お買い上げ下さい。
スポンサーサイト

ひとつ越えた

かな~リ昔、テレビ(たぶん徹子の部屋)で中井貴一さんが、
「ずっと自分も父親と同じ年齢で死ぬんじゃないかという恐怖があった」
って話していたのをなぜか印象に残って覚えてました。

その気持ち、今はよ~くわかります。
ニケは6ヶ月になった月の26日に突然一人っ子になりました。
仲良しの姉妹でした。
姉妹
アテナの命が尽きてゆく瞬間、ニケは別の部屋にいたのに、吠えました。
最後の話しをするかのように吠え続けました。

傷心のママを慰め、寂しがるパパを励まし、一家の中心で頑張るニケ。
ニケへの信頼度は100%で、たまにママの意に反する行動を取ることがあると、「何か理由があるに違いない」と理由を探してしまう位です。

そんなニケが再びワンワン吠えたのはライが生まれた瞬間。
二ケを信頼している我が家は迷うこと無く、その子をうちの子として迎えました。

再び我が家に訪れた仲良しな姉弟の姿を眺めるのはとても幸せ。
ライ
でも、幸福感と同じだけ
「また同じ様に6ヶ月になった月の26日に一人っ子になっちゃうんじゃないか」
って恐怖心も大きくなっていったのです。

今日は仕事だったので、いつもより念入りにケージのチェックして、
アテナの骨壺を撫でながら、
「二ケとライを守ってね」
ってお願いして出かけました。

あの日と同じように、今日もパパが先に帰って来てました。
私が帰宅した時には丁度散歩に出たところでした。
帰って来た時に私の姿をみて大喜びして家に駆け込んで来る2匹。
あ~、良かった。

二ケが、そしてライがアテナの歳を越えるまで恐怖は消えないけれど、、、
ひとつヤマを越えられた気がします。

先日、のりさんが少し早いクリスマスプレゼントにiPodを贈ってくれました。
「後ろ、見てみて」
と言うのでひっくり返してみたら

Nike, Lailaps and Athena
to be with you forever

って刻印されてました。
そうだね、み~んないつまでも一緒だね。
かわいい子供達の名前が記された特別なプレゼントになりました。

でも、よ~く考えたらのりさん、自分を入れてない、、、
もしや、自分は私から逃げる気なのかっ!?
と深読みしている私です(爆)

参りました!な練習会

日曜日、アジの練習会がありました。
9月の練習会、10月のスクール杯ともに、そんなに悪い感触ではなかったので、今回もがんばるぞ~と、意気込み充分だったのですが、いや~、4走して全部失格でした。

朝,女先生のところで受付をしていたら、わざわざ男先生がやって来て
「AG走るんですよね?」
と確認されちゃいました。
12月にJKCの大会にデビュー予定のニケ。
その前最後の練習会で本番同様に走ってみるってことになってました。
先生に言われるまでもなくやりますよ。


AGの1走目。

ラージ16組のうち、CRは1組だけ。
現役の2度ペアも軒並み撃沈してるので、仕方がないとは思うんですが,,,
Aフレームは練習ではあれ位リードしても動かないんですが、やはり本番モードではダメみたい。
ふつう1走目は黙ってえんま帳つけてるだけの先生がたまらず飛び出してきちゃった。。。
スラロームはスピードを出す為にあおりモードに変えたんですが、格好わる~い。


やり直しの2走目。

1走目で失敗したところを気にしていたら、別の所を失敗。
自分が走るのに精一杯でニケを見てる余裕がない。。。
う~ん、まだまだですなぁ。。
っていうか、こんなトラップ満載のコース、練習してないよっ!!

午後はジャンピング。
これまた考えるところ満載でいっぱいいっぱいで、私のテンションが
なんだか楽しいと思えなかった。

なんだかとっ散らかった感じで、なんとな~く元気なく走ってしまった。。。

でもそもそも難しいコースでラージ全15組、玉砕。

最後の1走。すっかり意気消沈しちゃったけど気分を変えて盛り上がろうと、大きな声を出してみた。
でも、出来ないもんは出来なかった。。。


とっても勉強になりましたが、まだまだ実力不足ってことかなぁ。
12月デビューを予定していて、これが最後の練習会だったんだけど、この様子だとあやうい。。。 
出場見合わせと言われる前に、とっとと申し込みをしてしまおうと思ってる私です。






レーザーで大興奮

あるまったりした夜。
ふと、「そういえば、昔、アテナやニケとよく遊んだレーザーポインターどうしたっけ?」って思い出して。。
プレゼンで使用するレーザーポインターです。
一時期プロ野球選手の目に当てたりする悪戯が流行って、日本では発売禁止になりアメリカ旅行で探しまわったものです。ある日、テレビでペンギン舎の壁に当てて動かしたら一列に並んだペンギンが光を追って一斉に首だけ動かすのをみて、アテナに試してみたところ、大興奮。もちろんニケも。でも、捕まえることができないので、やがて飽きちゃうんですよね~。
久々の登場です。


予想通りの大興奮。
もう体高は同じなのに、ニケの股下をスライディングしていくライ。
一方ニケは「あの赤いのは捕まらないし、どうもパパが持ってる奴が根元(?)らしい」ってわかってる。
ライはいつそれに気づくだろうか。。。



ま、しばらくは楽しめそうだね。

母親気分??

以前、ニケがライの口の中を舐めるってお話をしたことがあります。
あの時は、丁度歯が生え変わる時期で、血の匂いでもしてるんだろうって推測してましたが、「歯医者さんごっこ」は今も続いてるんですよ。

ある日の午前中。
パパが出かけて、お昼寝中の姉弟。ニケが目覚めて、寝ているライの顔をペロペロ。


ライ、迷惑そうな顔をしながらも、敢えて逃げず。


逃げるどころか前進する奴。。
とうとう、お口をのぞかれた~。


仕上げはお顔ペロペロで、、


なんでだろうなぁ???

サラちゃん、あ~そぼ!

お隣のグローネンダールのサラちゃん。
前回フログに登場したのは、ライがやって来る前でした。

ライと最初に遊んだのは真夏の夕方だったかな。
初対面の時最初の5分は「あたちはニケねーちゃんにあそんでほちいの。あんた、誰??」って感じでしたが、その後すぐにボールの夢中な二ケと遊ぶより楽しいって気づいたらしく、いまではすっかり仲良しさん。

もちろん、写真を撮りたかったですよ~。
でも、夏の間は遊べるのは夕方。動きの速い黒子2匹、、写真には撮れず

涼しくなって来た最近はサラちゃんは自宅のお庭にいることが増えました。
今朝もサラちゃんは自分のお庭でくつろぎ中。
そこへトイレに出たライ。フェンスの向こうにサラちゃんの姿を見つけ、
「ワン!(サラちゃ~ん!ボク、ココだよ~!)」
サラちゃんもライに気づき、そわそわウロウロ。
庭は接していないので、1mちょっとの通路を挟んで見つめあう二人。
ライの鳴き声は「キューン」に変わり、と~っても切なそう。
あんたら、織り姫と彦星かっ!?

そんなロマンチックな2人だったのに、遊べるとなったら豹変。

「やるかぁ~~」なライ。
サラ

応じるサラ。
サラ


ニケはボール命。
サラ

ぱっと見、3人でボールを見つめてる感じですが、、
サラ

ボールガン見のニケの横をパレードが通りすぎる(!?)
サラ

そして、進路妨害されるニケ。
サラ

サラちゃんと遊んでいても、やっぱりニケの持ってるものが欲しいライ。
サラ

仲良く(?)顔を寄せて、なんの相談?
サラ

今日も楽しく遊べたね。
また、一緒に遊ぼうね!

脱獄囚に告ぐ

ニケを最初にアジのフィールドに連れて行ったのは最初のワクチンが終わってすぐでした。
獣医さんやアテナがパピーの頃のトレーナーさんのアドバイスもあって、ワクチンが完全に終了する頃に初めて外にでたのでは社会化の時期を過ぎてしまうから、、ということで、一番リスクの少なそうなスクールのフィールドをちょこちょこ歩き回り、みんなにご挨拶してかわいがってもらいました。

アテナのレッスン中は隣にケージを並べて一緒に待機。
テンションの高い犬やハンドラーが目の前を通るにも関わらずよく寝る子で、先生が
「いつ覗いても、寝てるね」
って感心してたものでした。
わたしとアテナが走るのをお座りしてじ~っと見てたんだそうです。
それが長じて、ソフトクレートの屋根やドア(?)を開けてたって「ハウス」と言われれば、ちゃんと待ってるお利口ちゃんになりました。
クレート
新調したソフトケージ。ドアの所にシェビーさんが作ってくれたアイロンプリントのネームプレートが付いてるのが自慢なの。私がフィールドで検分しているときもこうやってクレート待機していてくれます。
そして、順番が一番だとフィールドから
「ニケ、来い!」
って呼ぶと嬉しそうにダッシュして来る姿が、かわいいのなんの。


時は流れて、、、
はやり最初のワクチンが終わった頃からライをニケのレッスンの時に連れて行ってました。
はじめのうちは、ニケと同じようにじ~っとみんなが走るのを見ていて、「おとなしくていい子だね」って言われてたはずなのに、、、
いつの間にやら、私とニケがフィールドに出ると
「おれもやるんだぜぇ!!!」
と大騒ぎ。

そして、ついに2週間前、、、
ニケはこの緑の新しいソフトケージ、ライはその隣に二ケのお古の青いソフトケージを並べてテントの下で待機してました。ライがお古だった理由はずばり「いつ壊すかわからない」だったからですが、、、

私とニケがコース練習の順番になり、スタート地点まで向かっていた背中に仲間の大声
「ああっ!ライ、行った~」
振り返ると、ニケとは違い、屋根もドアもチャックで閉められていたはずのクレートから飛び出して来たライがこちらに向かって爆走中。
なんでぇ???

どうやったかは不明ですが、チャックの噛んでる部分を綺麗に裂いてました。
つまり、本来なら閉まってるはずなのに、ぱっと見、開いてるかのように見えちゃう状態です。
あ~あ。

脱獄囚は嬉しそうにこっちへかけて来るので、捕まえるのは容易かった。
でも、青い監獄(?)は既に破られてしまって使い物にならないので(二ケなら全く問題ないんだけど)、とりあえず、ニケの緑のクレートに押し込んで、スタートラインに戻ろうとしました。
せっかく娑婆に出たのにすぐに収監されたライはギャンギャン吠え続け,先生が,
「Tさん、ありゃ、だめだ!」
と言うので振り返って見ると、あり得ない場所からライのマズルが見える!!
青いのはいいよ!壊されるの覚悟だったから!
でも新しいのはやめてくれ~!
クレート
側面です。しかも、ネットを破ったんじゃなくて、布の方を食いちぎってます。
ばかぁ!!

とりあえず、車に入れようとしたら、生徒の車種とケージの種類まで把握している先生が
「車もソフトケージでしたよね。ボクの車のバリケンに入れなさい」
と。。

知らない車の他の犬の匂いがするバリケンに入れられても、相変わらず私の声がすると、「おれもやるぜぇ!!」と絶叫。途中でおとなしくなったので、先生がそ~と覗きにいくと、「おれの出番か!?」と嬉しそうにしっぽを振ったらしい。。。


「来週から、うちで留守番させるっ!
と怒り狂った私ですが、先生の「それは可哀想だ」という先生の取りなしで
レッスン中は車待機とういう恩赦を受けたライなのでした。



先日のチャレンジカップの時は家で使っていた折りたたみクレートを持参しましたよ。
クレート
重たくて不便なんですが、当面はこれで過ごしてもらいましょう。

「だせ~!!」ってか??
クレート

脱獄囚に告ぐ。
待機してなきゃいけないところで、暴れるのはやめて下さい。
そして、先生に付いていかなきゃいけないオビ練でビビリになるのはもっとやめてください。


ライのオビ練始め

我が家の甘えん坊君、無事に6ヶ月になりました。
それでは!ということで、オビ練を開始することになり、土曜日が初レッスンでした。

ニケが見てもらっているのはアジと同じ先生なんですが、先生は「オビはニケが最後の弟子」と言っていて、アジに専念したいそうなので、ラブフィールドのママさんに先生を紹介していただきました。
もちろん、私は全然面識の無い先生で、ママさんに電話してもらって、だいたいの話しをした所で電話を変わってもらい「はじめまして、よろしくお願いします」とご挨拶。
そして、予約を決める段階で、、、
「土曜日は朝7時からニケのレッスンがあるので、、、」
「え?ニケちゃん??」
私はてっきり、『さっき、ライって紹介されたのに、ニケって何者??』って意味での「二ケちゃん??」だと思い、
「あ、すみません。ニケって言うのは先住犬の名前で、教えていただくのはライで、、、」
と説明しかかったんだけど、先生の言いたかったのは違っていて、
「ニケちゃんって、えんちゃん(二ケの前腹の兄)のとこのmixiにコメントしてるニケちゃん??」
「え、そうですけど!?」
なんとまぁ、エンちゃんやその姉リフレちゃんも習った先生でした。

レッスンはホームグラウンドとも言える寒川の公園。
先生は初回は顔合わせ程度に考えていたようですが、パパはやる気満々。
基本の動作をちょこっと教えていただきました。
オビ練 ライ
「とーちゃん、おれはなんかやるのか??」

最初に先生がご挨拶代わりにおやつをくれた時には大喜びで貰っていたライですが、先生がリードを持つととたんに「おれ、知らない人には付いて行かないもん!」とばかりに、イヤイヤ。

その後、パパがやってもイヤイヤするときがあり、、、
先生のみたてでは
「パパがチョークをかけ慣れている分、的確に入り過ぎて怖がってるみたい」
あらら~。ライ君、意外に小心者。。

脚側歩行は意外に良い感じ~。

次は伏せ。イヤイヤライ君、パパの動きにつられて頑張りました。


いきなり立止の練習もしてみました。伏せはうちで練習したけど立止はまるきり初めて。

一体何を求められているのか、さっぱりわかっていないご様子です。。ぷぷ。。

そして、「意外にやるじゃ~ん」だった待て。


さてさて、これからどのように化けていくのかお楽しみ。
頑張れライ!

チャレンジカップ

11月3日、JFAチャレンジカップに参加して来ました。
JFAで行われる競技のチャレンジ、レトリーブという下のクラス及び、トライアルボールの年間チャンピオンを決める大会です。参加資格者はこの一年の大会で、3位以内に入賞したことのあるペア。
しかも、なにやら、メダル授与式なるものがあるらしい。
ニケはのりさんとチャレンジで、私とトライアルボールで参加資格あり。
せっかくだから、行ってみるべぇ!と完全に物見遊山モードの参加。

出場名簿をみると、のりさんはチャレンジクラスの40人中ゼッケン13番。私はトライアルボールオープンクラス5人中4番。どうやらランキング順に並んでるみたいなんだけど,どっちが上位なんだ??
どう考えても夫婦揃って真ん中より上にランクしてるとは思えないんだけど、、、

答えはゼッケン1番が(チャレンジカップに出場した中で)トップランカーでした。
開会式前にランキング順に整列し、ひとりずつコールされて入場。
記念メダルを首にかけてもらい、また整列です。
本当はのりさんの授与式の様子を取ろうと思ってデジカメをポケットにしのばせてたんだけど、のりさんがコールされた時、私はコートの外で待機中。もし、逆にのりさんに私の姿を撮ってもらおうとしても、ランク13位ののりさんは3列目に並んでいて、たぶん、無理だったと思う。とても「写真撮るので」って列を乱せる雰囲気ではなかった~。

セレモニーが終わったら、我が家はすっかり満足モード。

そんなわけで、お見せできるほどの内容ではないので、チャレンジの1R目だけ。

のりさんのスローもニケの足も悪くないんだけど、いかんせん呼吸が合ってない。
練習してないからねぇ。。

2R目は、風が出て来て、煽られてミス連発。
最後の一投、ニケの足が完全に戻りきらないうちに(JFAのルールでは犬の4本足が完全にスタートライン内に戻ってからスローしなければならない)投げたてファール。記録はノーカウントだけど、この日一番の綺麗なキャッチ。あ~あ。
のりさん、戻って来て「戻りきってなかった?」と聞くので、「見えてなかったの?ばっかでぇ(笑)」と答えました。真剣モードの時なら「なんで、やれることをきっちりやらないの?」って怒る所ですが、なにしろ、開会式で大会は終了しちゃってるので、、、

そして私のトライアルボール大会。
トライアルボールは犬の体高で3クラスに分かれています。
ニケはオープンクラス。柔道で言う所の無差別級です。
5チーム中にミニシュナちゃんとパピヨンちゃんが入っていて、、、
「ちびっ子はちびっ子クラスで出てくれれば、3チームで入賞確定だったのにぃ。」
って冗談言いながら他の2クラス見てみたら、この2匹、全クラスにエントリーしてました。
投げ練で、私が「やった~!届いた」って喜んでる距離に立ってるのりさんの身長を軽く越えて行く遠投を見て,
「だめだこりゃぁ」を確信。
普段の大会では完全に『色物』扱いのトライアルボールですが、チャンピオン目指して、日々精進している人がいるんですね。まるで、上級クラスのフリスビーのラウンドをみているようでした。私とニケの「公園で遊んでる飼い主と犬が出場してみた」レベルとはまるで違う次元。良いもの見たなぁ。
引き上げて来る時にこれから出場するSSクラスの女性が、シャドーピッチングしてました。
手にはボールの先におもりみたいなのがついた紐付ボールを持って,フォームのチェックしてました。
こんな風に努力している人がいるんだぁ。ってなんだか感動して、「私も、アジ、頑張ろう!」って胸が熱くなりました(まだ、2Rめが残ってるけど,,)

で、その2Rめ。
ふと、途中で
「もしかしたら、ニケと大会に出るのは最後かもしれないなぁ」
って思っちゃったんですよ。
トライアルボールで出るとしたら、たぶんライとってことになって行くんだろう。。。
そしたら、なんだか急に愛おしくなっちゃってねぇ。。
最後の1投を取って戻って来た二ケをスタートラインに立って「がんばったね~」とナデナデしたのです。
その途端、アナウンスが
「あ~っ!ドッグファールだぁ!」
ん??
そうなんです。
JFAでは4つ足全部スタートラインに戻ってポイント確定。その前に犬やボールに触れてはいけません。
私の中ではカウンターが0になったと同時にゲーム終了になっちゃってましたが、ちゃんと迎え入れる所までがゲームなんです。
おもわず
「うわ~っ」
って叫んだ私に、MCは「T選手、悔しそうだ~」って言ってましたが、実際にはファールしたことが悔しかったんじゃなくて
「のりさんと同じことやっちまったぁ~」
案の定、にやにやしながら戻って来たのりさん、私に向かって一言
「ダメじゃん。」
返す言葉もありません。はい。
二人で見つめ合って、げらげら笑っちゃいました。
いいシーズンの終わりでした。

2つのメダルは二ケが頑張った証。
JFA

ライもちょっとかけさせてもらいました。
JFA あらし
来年はふたりとも出られるといいね。

ところで、、、
JFAをYahoo!で検索すると、最初に出て来るのは「日本サッカー協会」まあ、順等なところです。
次に「日本ファッション協会」これもそうかもねぇ。
でも三番目はなんと「日本鷹匠協会」で「日本フリスビードッグ協会」より先。犬が鷹に負けるなんてぇ。
「日本鷹匠協会」、どれだけ大きな組織なんだか興味津々の私です。

冷たいって!!

まだ、先週のお話。
土曜日は会社のイベントで歩いて、日曜日は清里でハイキングを楽しむことにしました。
ネットで良さげなハイキングコースを見つけたのりさん。
「清里の清泉寮発で4時間の行程のコース。iPadに登録したからばっちりさ」と言った。
ところが、出発地点の原村ではauはつながってたんですが,sof○bankはつながらない。
結局、詳細を思い出せないまま、とりあえず、清泉寮へ。

次の不手際は、ナビを「清泉寮」にセットしたこと。
駅前に案内されました。
そういえば、昔、出店(?)があった様な記憶が、、、
その頃はひとつひとつはかわいいけれど統一感の無い建物が並んでるけばけばしい景色と人ごみで倒れるかと思うほどでしたが、なんとまぁ、見事にさびれてました。
慌てて、車を停めて「キープ協会清泉寮」にセットし直し。
駅前で停めても全く迷惑になってない観光地って、なんだかさびし~。

最後の想定外は「ロードレース大会」が開催されていたこと。
清泉寮までは車の乗り入れOKでしたが,車は渋滞。(ソフトクリーム売り場は長蛇の列
ネットで見ることの出来なかった地図(紙!)を手に入れて歩き始めようと下のは11時近く。
長いコースは諦めて「川俣渓谷への小径」1.9キロに変更。

が、このコース、さすがに渓谷コースだけあって、下る下る、、、
ニケだけならノーリードの方が人も犬も歩きやすいし安全なのだけれど、呼び戻しに不安のあるライはそういうわけにはいかず、ニケもフレキシでおつき合い。

下りきったところに、小さな滝があり、ちょっとしたプールになってました。
なんのためらいも無く、泳ぎ出すライ。
清里

10月半ばの清里の滝の水。
冷たくないはずない!と思うんだけど、なんだか楽しそうに、スイスイ泳ぎます。
おそらく経験値から「水は冷たい」と思って飛び込まなかった二ケも、この様子を見て大丈夫だと思ったみたい。
枝を投げたらダイブです。


ぷぷぷ。。。
ニケにとっては思いのほか、水が冷たかったらしいです。
根性で枝を取って帰って来たものの、無抵抗で枝をライに渡し、逃げるように陸に上がりました。
「冗談じゃないわよ~」って心の叫びが聞こえて来そう。

ライはまだまだやる気満々。

すっかり泳ぐのが上手になったライ。
いつもとは逆に陸から枝を狙うニケ。
これを数回やったんですがね、、陸に上がったときライは寒くて、がたがた震えてましたとさ。

ちなみにこのハイキングコース、この滝の先は垂直な梯子を降りなければならないので、犬連れにはお勧めできません。あ、パピヨンちゃんはスリングに入って楽々梯子を登ってきましたが。。

カレンダー(月別)

10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター