All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

アテナの写真館

1月26日。今日はアテナの命日、ひまわり忌です。
もう8年。今頃はばあちゃんになっているはずのアテナは永遠の若犬。
そして、相変わらず、我が家のNo.1。

久しぶりに昔の写真が入ったCDを覗いてみたら、かわいい写真がたくさん。
きょうはお昼寝姿を公開しちゃいます。

うちに来た日のアテナ。
アテナ 昼寝

多分数ヶ月後。ベッドがいっぱいいっぱいです。
アテナ 昼寝

ニケもライも使ったこのベッド、今はおもちゃ箱になってます。
まさか、ベッドより先にアテナがいなくなるとはみじんも思っていなかったな。

甘えん坊のアテナちゃん。
これはパパの足。
アテナ 昼寝

こっちはばぁば。
アテナ 昼寝
今頃は一緒にいるね。

ソファーも大好き。
かわいい寝姿。
アテナ 昼寝

からの、のびのび〜
アテナ 昼寝

更に、落ちる〜
アテナ 昼寝

ニケライが嫌いなリクライニングチェアも平気だったね。
アテナ 昼寝

そして、どこででも寝ちゃうの。。
アテナ 昼寝

お休み、アテナ。
ママは今晩アテナのゆめが見られるといいな。
スポンサーサイト

アテナ、来てるの?

昨日、投稿したつもりが、下書きになってしまっていました。
改めて投稿します。

今日はアテナの誕生日。
11歳になります。

もしアテナが生きていれば、ライはうちの子になることはなく、11歳のアテナともうすぐ8歳になるニケのおばちゃんコンビとアジは半分引退状態でのんびり遊んでいたかもしれないなぁ。
訓練競技はやっていなかっただろうし。。
今とはだいぶ違った生活をしていたのかもなぁ。。

アテナ
(激しい遊びにタイルカーペットは常に吹っ飛び、、)

ず〜っと書こうかどうしようか迷っていた記事ですが、お誕生日記念に書いてみます。

アテナが亡くなって3年後。
ニケが大病から復活した直後ぐらいのことです。
当時、犬のマッサージ師資格を取る為にのお勉強に通っていた私は、レポートを書く為にお友達ワンコに我が家に来てもらっていました。
その子達がリラックスできるように、リビングでマッサージしている間、ニケとライは2階の寝室に入っていてもらっていました。最初は階下に他の子がいる事に気が付いて大騒ぎしていたニケライもそのうち静かになったのに、、
暫くしたら、すりガラスのドア越しに廊下を白いシルエットが歩いていったのです。
「あ、ライ、降りて来ちゃってる」
友達も私もほぼ同時にそう言いました。
連れ戻そうと思ってドアを開けたら、
あれ?いない。

2階に上がってみたら、寝室のドアは閉まっていて、そ〜っと開けてみたらライはベッドで寝てました。。
もちろん、玄関のカギはかかっていたし、突き当たりのお風呂場にも何もいないし。
「アテナだったかな??」
この日、来ていたのはアテナがアジのスクールに入った当初からのお友達だったから、「いらっしゃい」って言いに来たのかも。って結論づけるしかありませんでした。

アテナ
(ママ、ソファーは私の陣地のはずなんだけど??)


そして、おととい。
我が家では半年くらい前にリビングにモニターを付けました。
留守番中のワンコの様子を見るためのものです。
とは言ってもほとんど寝てて動きはないんですがねぇ。。
ただ、感度は低いので夕方になって灯りが付いていないとかなり粗い白黒画像になります。
仕事帰り。
電車の中でスマホで様子を覗いたら、ニケのサークルの中に黄ラブのパピーのような白いシルエットが見えたのです。
パピーはしっぽを振りながら遊ぼうポーズをしていて、それにつられてニケがクレートから出て来てそのパピーの横に寝たのです。(お留守番の時はクレートの前にサークルを置いて出入りできるようにしてます)
って、事はあれはライか。
あいつ、また自分のサークルから脱走したな。
ん?でも頑丈なライのサークルと違って、ニケのサークルはただ立てかけてあるだけなので、ライなら簡単に突破できるはずなのに、そんなにねえちゃんの横がいいのか。
そう思いながら帰宅してみると。。
ライはちゃんと自分のサークルで出迎えてくれました。。
ってことは、あれは幻??
やっぱりアテナだったのかもしれません。

アテナ
(「呼んだ??』)

私が思う限り、アテナはいつまでも近くにいるのかもしれません。
アテナ

愛犬を亡くした友達の間では
「今日来てたみたい」
って良く聞く会話だけど、、
あまり深く考えずに春の夜の小夜話と聞き流してくださいな。

ひまわり忌

今年もアテナの命日がやってきました。
もう、一緒にいた時間よりもお星様になってからの方が長いのに、それでもいまだに絶対女王。

アテナ

この時期になると不思議とアテナゆかりの事柄が出て来るんですよね。。

アテナ

このアテナが大好きだった公園に、きのうライと2人で行ってきました。アテナとボール遊びをした秘密の一角はすっかり地元のワンコたちのたまり場になってました。。

ニケライにはほとんどあげていないホネガムもおとといもらったね。
アテナ

駅は変わらないけど、、
アテナ
走る電車は種類が増えたんだよ。

あなたの大好きなニケは今は7歳。ちょうどアテナが亡くなったときの倍くらいの年だよ。
アテナ

親友ノエちゃんと合流した?
アテナ

ここ数日。ライが盛んに私に背を向けて座ります。
背中からぎゅ〜ってだっこするの、ママが辛いときにあーちゃんにやってたポーズだったね。
アテナの背中に顔を押当てて泣いたとき、あなたが大きくため息をついたのを今でも覚えてる。

今日はひまわり忌。
アテナ

愛しい気持ちって、色あせないんだね。。

月曜日のひまわり忌

今日、1月26日はアテナの命日になります。
6年前のこの日も月曜日。
初めて、同じ曜日の命日が巡って来たわけです。

いつも忙しい最終月曜日。あの日も仕事で先に帰って来ていたのりさんから
「アテナが大変な事になってる」
って電話をもらったのがちょうど帰宅途中のことでした。。
そう言えば、最終月曜日がOFFなのって、今年が初めてかも。。


おてんばで、、
アテナ

いつもの公園に行くと隙を見ては用水路にどぼ〜ん!
アテナ

お腹冷やして涼んでました。
アテナ

この用水路、そこに泥が溜まってることが多くて、ツートンカラーになったアテナにすり寄られそうになった犬友さんたちは必死に逃げてました。。

特徴はこのJしっぽ。
アテナ
いつもしっぽをピンとあげながら歩いてたけど、先っぽがJだったね。

この耳の色が大好きだった。。
アテナ

ほんとうにおおらかなラブらしい性格で、、
アテナ
近所で続いた放火事件の聞き込みに来た刑事さんにまで愛想ふりまいて
「この子は番犬にはならないねぇ。。」って残念がられたんだよね。

当時はまだ出張も多かったのりさん。
帰って来ないと心配して、散歩中に眼鏡を掛けた男の人とすれ違うと欠かさずチェックしてたよね。

ニケの良いお姉さんでもありました。
アテナ
一番可笑しかったのはおもちゃの取り合いの時にアテナが見せたまさに「知恵の女神」の行動。
(こちらからどうぞ)

我が家の知恵の女神は私に
アガペーとはなんぞやということを教えてくれて、
そして当たり前だと思っている幸福も簡単に崩れることを知らせた。
私にとっては、初めての飼い犬で、不慣れな為に苦労もかけたと思う。
犬との暮らしのあらゆる事を教えてくれて、そして、愛犬を亡くしてその辛さを乗り越えて、やっと一人前の飼い主になるんだという事を教えてくれた。
たった3年10ヶ月で詰め込み過ぎだよ。。

ライが来てから、私は犬のマッサージ師の資格をとりました。
その時習ったのは「柔らかい筋肉が良い筋肉」ということでした。
アテナの太ももはいつも堅くて、それがちょっと自慢くらいに思ってた。。
いつか虹の橋で会ったらアテナはきっと、いつも帰宅した私を出迎るときにしていたように、足の間を出たり入ったりするでしょう。いつもニケに邪魔されてたから、気の済むまでつき合ってあげる。
そしたら、そのあとはゆっくりマッサージしてあげるね。

我が家の永遠のQueenへ

ママより


ひまわり忌には

すっかりアップのタイミングがずれてしまいましたが、
1月26日はアテナの命日『ひまわり忌』です。
アテナ

3歳10ヶ月でお星様になったアテナ。
アテナ

アテナと一緒に過ごした時間よりいなくなってからの時間の方が長くなっても、いまだに我が家の絶対女王。
命日は甥っ子りょう君の誕生日の翌日だったので、毎年りょう君のお誕生日とセットで話題に上る。
いまにして思えば、それを計算に入れていたのかもなぁ。。
西丹沢 良介
(2段ベッドのアテナとりょう君)

急逝した夜。
あ、いや、その日は呆然として何もできなかったから、多分次の日の夜。
冷たくなってしまった身体をさすりながら、昔友人が言っていた言葉を思い出してました。
「私、好きな人が亡くなったら剥製にしたいんです。そしたら、いつでもそばで触ってられるでしょ。」
聞いた時には「馬鹿なことを」って笑ったけど、気持ちがよくわかる。。
たとえ冷たくたって、こちらを向いて微笑んでくれなくたって、いつまでもこうしてこの美しい毛並みをなでていたい。
でもそんな気持ちでブラッシングしていて。。
アテナは左側を上に向けてねていたので、下になっている右側をブラッシングしようと、足をつかんで引っ繰り返そうとしたのだけれど、、、
硬直したアテナの身体はどうしても動かない。。
寝ているアテナの足をつかんでコロンとひっくり返すのは得意だった。。
と、いうより、絆の象徴だった。。。
アテナが来て1ヶ月ほど経った時、のりさんと一緒に訓練所にレッスンに行きました。
服従訓練の一環で、犬を横にしてなでる→ひっくり返して反対をなでる、というのがあって、のりさんがやるとおとなしくなでられていたアテナが私がやると暴れて言う事聞く気なし!
「あ〜、これは私自身がアテナとしっかり向き合うことをしなくちゃいけないなぁ」と思い知らされた場面でした。

最初のうちは暴れるアテナを押えつけるなんてことが多かったのですが、そのうちごろ〜んと横になるようになり、「はんた〜い」と言って足をつかむと、アテナも反動をつけて回ってくれるようになったのです。
その「はんた〜い」をやってくれないんだ。その現実を突きつけられた時
「アテナ、アテナ、ママはひとりでは「はんた〜い」できないよ。」
って号泣しました。

。。。去年はどうしても白百合じゃなきゃって思ったんだけど、今年はこのビタミンカラーの花束に釘付けで即買い。
ひまわり忌

亡くなった年にイチロー母さんが贈ってくださった蘭。
毎年株分けする以外はな〜んにも手入れしてないんですが、今年も綺麗に咲いてくれました。
ひまわり忌

アテナ

いつまでもず〜っと一緒だよ。


次のページ>

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター