All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

母のアテちゃん

母の話をもう少し。

母は大腸がんでした。
最初に入院した時、私はアテナの写真入りのキーホルダーを持って行きました。
「アテナが守ってくれるから。これ、ベッドの柵に付けておくよ」と言ってヘッドボード部分に付けたのですが、母は「アテナの顔がいつでも見られるところに移して」と希望。サイドにぶら下げた写真に向かって、よく話しかけていました。

手術前「人工肛門になったらいやだなぁ」と言っていたので、実際にそうなってしまった時に母がどんな反応をするのか、家族は大変心配していました。
母の最初の一言は「なってしまったものは仕方がない」
意外にサバサバと答えたのでちょっとほっとしました。
ただ、まだまだ手術後の生々しいストーマに使い方もわからない装置。
緊張しながら使い方のレクチャーを受けました。。。

そして、数日後。
母がニコニコしながら言うのです。
「あのね、ストーマに『アテちゃん』って名前をつけたのよ」

そのニックネームは病棟の看護師さんはもちろん、ストーマ専門の看護師さんや、主治医の先生の先生にまで広がって、みんなが当たり前のように
「今日のアテちゃんの様子はどうですか?」
って聞いてくれていました。
母にずっとついてくれていた研修中の看護学生が
『アテちゃんのお手入れの仕方』
っていうかわいいイラスト入りの小冊子まで作ってくれました。

やがて、ストーマも落ち着いてきて、装具も自分にあったものを見つけた頃には、
「アテちゃんは自分の新しい個性」
と思うようになったようで、孫たちはもとより、近所の親しい人たちにも見せたんだそうです。

「一生懸命頑張ってくれているアテちゃんが愛おしい」
とまで言うようになっていました。


抗がん剤の闘病生活をしながら、美味しいを食べて、大好きな編み物をして、そして温泉旅行にまで行った母ですが、やがて肺に転移してそれが体力を奪っていきました。

約1年前に入院した同じ外科病棟に再入院し、GW明けには末期の患者が入る緩和病棟に移りました。
そこはとても気持ちの良い静かな所でしたが、移った当日は見知らぬ看護師さんばかりで不安になったらしく、10分おきに「パウチ(装具)はまだあるの?」「パウチ、注文しておいてね」を繰り返しました。充分在庫があるって言っても暫くするとまた同じ事を聞くのです。。

緩和病棟では患者さんが穏やかに過ごすために必要なことはなんでも出来ます。
家族は24時間で入り自由、病室に簡易ベッドを入れたり畳部屋で寝たり、キッチンでお料理を作ったり、家族と入れる大きなお風呂と寝たまま入れる病人用のお風呂、音楽を聞いたりピアノもあります、、
患者の性格や好みなどの聞き取りもして、合わせてくれるのです。
一通りの説明をした後、私は大事な情報を付け加えました。
「母は自分のストーマに『アテちゃん』って名前をつけて呼んでます。元々は私の亡くなった犬なんですけど、、外科の病棟では看護師さんも皆さんそう呼んでくれていました。」

翌日、お見舞いに行った妹から連絡がありました。
「看護師さんが、パウチの処置をしながらアテちゃんって名前だって聞いたって話を振ったら盛り上がってた。看護師さんもラブを飼ってると聞いたら、アテナが誤飲したことまでしゃべっていたよ」
亡くなる3日前のこと。
アテナ、あんたは本当にたいした子だよ。。


緩和病棟だから、、なのか、よくわからないけど、死亡が確認された後、看護師さん2人プラス新人看護師4人、更には家族も加わってシャワーで全身を洗いました。その時、「もう、ストーマのパウチも取って、楽になりましょうね」って言われて、パウチをはがしてもらいました。(その後、自宅から持って来たお気に入りの服を着せてもらって、お化粧までしてもらって病院を出る事になったのです。)

「お母さん、パウチ付けなくて良くなって楽になったでしょ」
って母に語りかけた後、ちょっと引っかかって、妹につぶやきました。
「ねぇ、あの世で自分の好みの姿になれるとして、ストーマの無い姿を希望するのかな?」
妹は迷わず答えました。
「いや、今頃、迎えに来たアテナにアテちゃん見せてると思うよ〜」

あ〜、なるほど、だから、あんなに、パウチを買い足せって言ったんだ〜。
姉妹で納得したのでした。。


母とアテナ、確実に虹の橋で出会って出かけちゃってるなぁ。
そう思っていたら、「うちも、絶対そう!」って言う友達が数人。
どこのおうちも幸せだったんだろうなぁ。そう思うと胸が熱くなります。。
スポンサーサイト

夏休みの思い出

夏休みの後半、妹の子供たちが遊びに来ました。
いつもはママと3人だけど、今年は頑張って兄妹二人で電車に乗ってお泊り。

駅で待ち合わせして、そのままハンバーガーショップでお昼にしようともくろんでた私。
ところが、子供達に聞いてみたら、喜ぶかと思いきや、
「ぼく、ハンバーガーはあんまり好きじゃないんだ。」
え〜っ!

仕方なく(?)自宅で焼きそばを作る事にして入った大型スーパーの入り口に自家製パン屋さんがありました。
そしたら、くだんの甥っ子の顔がぱ〜っと輝いて
「おばちゃん、ぼく、パン屋さんのパンが大好きなんだ!見てもいい??」
見ても、、って甥っ子よ。。

まず、姪が揚げパンをチョイス。続いて甥がアップルパイをチョイス。
それを見た姪が「あたしもそれがいいなぁ。」
すると兄である甥が「甘いパンはひとつしか選んじゃいけないんだよ!」
甥っ子よ。。
普段、ママからそう言われてるんだね。ぷぷ。。
「いや〜、おばちゃん的には甘いのふたつでもいいよ〜」
こう告げたときの甥っ子のテンションのあがり方がかわいかった〜。

うちに着いたときこそ、お留守番だったニケライにわんわん吠えられてびっくりしてたけど、遊び出したらすぐに仲良し。
お互い、飽きない女子チーム。
親戚
そりゃそうだよねぇ。こんな時から仲良しだもの。

そして、恒例「ハウス!」
親戚

でもね、しっかり成長した証。
親戚
ちゃんとリードを持ってお散歩できてます。
去年だったかな、、初めてリードを持たせてみた時、念を押しました。
「いい、リードは命綱と一緒なの。これを離したらニケライは道路に飛び出して車に引かれて死んじゃうかもしれない。ニケとライの命を守るのはりょう君とマコちゃんなんだよ。」
その言葉をしっかり守って、ニケに引っぱられて転んだときも必死に起き上がって、冷静に脚に絡まったリードをもどしたマコちゃん。今年は余裕で導いてます。

でもちょっと道草したくなったライにはちょっと負けました。
親戚

翌日、、
雨だったので、ニケライには留守番をしてもらって、コストコに出かけました。
「1000円以下なら好きなものを買ってあげる。この店中回って、最後に選びなさい。」
さあ、この子達が選ぶのはいつも争奪戦を繰り広げるラムネか、チョコか、文房具もあるし、服もありか??
そう思ってたら、店内の試食コーナーでドライクランベリーを食べた姪は次の瞬間叫んだ。
「あたし、これにする!」
ドライクランベリーって、、姪よ、酸っぱくないのか??

そして、本当にぐるりと一周したあと甥が発した言葉。
「ぼくね、(1袋6個入xお好きな味を3袋の)ベーグルと(コストコサイズの)アップルタルトで悩んでるんだ。もう一度じっくり見ていい??」
甥よ、ベーグルとタルトの2択は渋すぎる、、、

妹よ、あなたの食育は成功だよ。。。
そう心で叫んだ私なのでした。。

銀婚式に見た夢

9月9日は我が家の結婚記念日でありまして。
今年は銀婚式になります。

25年前。
結婚


そして、今年の4月。
家族

ぶっちゃけ、別の人と結婚してもそれなりに幸せになれたとは思うのですが、これほど面白くはなかったんじゃないかなぁとは思ったりもしてます。


そんな私ではありますが、おととい、変な夢を見ましてね〜。

なぜか実家が自宅になってまして。。
トイレに入ってたらのりさんの部屋(って設定になってる父の部屋)からのりさんの声が聞こえてきたんです。
あれ?ライを連れて車で出かけたはずなのに??
そう思って「帰ってたの?」って言いながらふすまを開けたら、、、
のりさんが3〜4歳の男の子と遊んでた!
「ん?どこの子?」
「いや〜、オレの子」
なんだか言い訳してるのりさんの声は全く聞こえず、隠し子には全く感心がなく、私が気になった事は
「で、ライどこ?」
「この子の母親の所に置いて来た」
私がぶち切れたのはこの瞬間!
「ライを返せ〜〜!」
で、浮気相手(?)の家に乗り込んでやる〜と息巻いて対面するシュミレーションしてるんだけど、それが「のりさん返せ」じゃなく「ライはどこ!?」
でも探しても住所が判らない。
焦る。。
というところで目が覚めて、、
横で寝ているライを確認して「あ〜、良かった」

ニケライにとってはどっちが欠けても困るパパとママ。
とりあえずこの先の元気で仲良くしようと思います。

春休みの子供達

3人姉妹の長女の私。
妹たちにはそれぞれ一男一女がいて、、、
あら、うちも一男一女だったわ。。

春休みだったので、水曜〜木曜にりょう君とまこちゃん、木〜金曜日にみいちゃんとひろ君が遊びに来てくれました。

昨日がお誕生日で4歳になり、今日入園式を迎えたまこちゃん。
親戚

まこちゃんがニケと初めてあったのはまだ、こんな時
犬が怖くて近寄るだけで泣いたときもあったし、今回も最初の数時間は近寄ると「ママ、だっこ〜」でした。
でも、まこちゃん、ニケがボール遊びを始めると自分で投げてみたいと言い出して、、、
最初は私やまこちゃんのママにボールを持って帰って来たニケですが、そのうち、まこちゃんのことを投げ手として認めたみたいで、まこちゃんの前でボールをぽとり。
そうなるとさらに楽しくなっちゃったまこちゃんとボール大好きなニケの遊びは延々と繰り返されたのでした。。

そのうち、疲れて休憩していたニケでしたが、りょう君がおもちゃをピーピーならしながら
「ニケ〜、二階であそぼ〜」
って言うとついて行くニケ。
まこちゃんのママと
「カーメルンの笛吹き隊かっ??」
って大爆笑。
まこちゃんと3人、ベッドの上でドタバタ遊んでおりました。
そんな時、ライは1階でひたすら大人2人に甘えて満足気でした。。

翌朝、兄りょう君がライの、まこちゃんがニケのリードを持ってお散歩に行きました。
途中でりょう君がリードを離してしまった時、私はきつく注意しました。
「リードはね、絶対に離したらダメなの。離しちゃったら道路に飛び出して車に引かれちゃうかも知れないでしょ。ライの命はりょう君が守ってるんだからね。」
・・・実際にはあまり人も来ない時間帯の遊歩道で、ニケライは私の方を振り返って指示を聞いているので、そんなに危ないことはないんですが、子供達にただ楽しいだけじゃなくて責任があるんだってことを知って欲しかった。。。そして、それをまっすぐに受け止めてくれたりょう君とまこちゃん。
半日前にはニケが近寄ると怖がっていたまこちゃんはリードがたるんでニケがそれを跨いでしまうと、
「あら、また足がからまっちゃう」
っていいながらニケの正面に周り軽く首輪を抑えてからリードを離して、たぐり寄せてました。
私は最初に1回だけやってみせたんですが、覚えたみたいです。
そして、自分がやるべきことなんだって思ったみたいです。
子供たちが上手にリードしているので、思い切ってうちまでリードを持たせてみることにしました。
遊歩道を出たすぐの道路で20m先の交差点からトラックがこちらにやって来ました。
「車が来たから端に寄って〜」
と私が声をかけると、りょう君はニケを連れて左に。まこちゃんはライを連れて右に。。
少々焦りましたが、二人ともちゃんと犬を壁側に寄せて、自分が道路側に立って、リード短く持って立ってました。なんか、子供ってすごいなぁ。。って感動しました。

そして、公園でみいちゃん達と合流。
早速またボール遊びです。
「いくよ〜」なみいちゃんと「おう!」なニケライ。
親戚

「ナイススロー!!」でダッシュです。
親戚

みいちゃんとはちゃんと手に渡すことが出来ます。
親戚

今回あまり写真が無かった男の子チーム。
親戚
もちろん、まったりしてたわけじゃありません。
裸足で公園を走り回って、木登りして、ワイルドに楽しんでましたよ。

その日の夜。
みいちゃんとひろ君は二人でお風呂に入りました。
お風呂場からきこえてくるおもちゃのピーピー音にドアの前で悶絶寸前のニケ。
「入れないからね、我慢よ〜」って言い聞かせたんですが、、
でも。。

リモコンの「お風呂で呼んでいます」で呼び出されて行ってみたら、お風呂のフタは大きくて子供が動かすのは大変だったみたいで、2枚を重ねて半分だけフタがしまった状態で入ってました。
そこで、私がフタを持ち上げて縦にした途端、、
黒い影がどぼ〜ん!!
ニケがしてやったりって顔で湯船につかってました。。
みいちゃん、ひろ君大喜び。
なので、
「このまま、ニケも一緒にお風呂に入っててもいいかなぁ?」
「うん!いいよ〜」
「でもね、さっきご飯食べたばっかりだからボールやりたいって言っても『だめよ』って言ってね。」
実はこの直前に伊捻転について子供達に話してたんです。
食後に運動したら死んじゃうかもしれないって、、、
ここでもちゃんと命を守るために約束を守ってくれた子供達。
もちろん、お風呂場で見てた訳じゃありませんが、ニケの不満そうな顔みればわかります。
本当に、子供達の責任感ってすごい!

翌朝。
前々日から子守りしてたニケはへろへろ。
子供達が近寄ろうとすると「遊びたくないの」オーラ全開。
そしたらまぁ意外なことにライが「オレ遊んでもいいぜ〜」ってお相手してました。
うまい具合に距離とってテーブルの周りを追いかけっこしたり、おとなしくなでられたり。。
へぇぇぇ、ライもニケの代わりに頑張ろうって思ったんだぁ。
うちの子達の成長も感じた3日間でした。

今度は夏休みかな。
一男一女×3の成長が楽しみです。

家族キャンプ

週末、毎年恒例のキャンプに行ってきました。
私の2人の妹とその家族達、大人6+子供4+犬2の編成です。

去年より、ぐ〜んと背が伸びた子供達。
神之川 キャンプ
今年はすかっと晴れたので川遊びは楽しいね!

みいちゃんと一緒に泳ぐ。
神之川 キャンプ

一応、子供達とは離れたところで遊んでいるのですが、いつの間にか子供達に囲まれてるニケライ。
神之川 キャンプ
この子はワンコが泳ぐのが相当珍しかったみたいで近くでガン見でした。


川遊びのあとはおやつタイム。

「パパ、そのトウモロコシ貰えましゅか??」
神之川 キャンプ

子供達はスイカ割り。
神之川 キャンプ
一番ちっちゃいまこちゃんも頑張る。

割れたスイカからど〜んとかけらを取り出したりょう君。
神之川 キャンプ


そんなスイカパーティーを羨ましそうにのぞく二つのお顔。
神之川 キャンプ

もちろん、ちゃんとおすそ分けはありましたよ。
神之川 キャンプ
ひろ君、ちょっとへっぴり腰だけど、でも食べさせてあげようって気持ちがうれしいね。


1泊して2日目は5時まで遊びつくしました。
ニケライは2日目は1時間半の散歩、川遊びを3回やって楽しんだ筈なんですけど、、
ニケ、家に帰って来たら迷わずお風呂場にどぼ〜ん!
神之川 キャンプ

この日、4回目の水遊びができて嬉しそうなニケとは反対にがっくり肩を落とした母でした。。
次のページ>

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター