All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)の跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)の奮闘記

選択肢は4つ

アジリティーシーズンが開幕しました。
今シーズンの最大の目標はあと8ポイントに迫ったライのグランドアジリティーチャンピオンタイトルの完成。
なので開幕戦は2度に下げて5ポイント取ってしまおう。
そしたらあとはどの大会にでてもリーチだし。
と、思ったのに、バー落下1でポイントゲットならず〜。

それがこれ。

最初の2番から3番の旋回は実はもっとタイトに回る技はもっているのですが、バー落下が怖くて大回りさせました。
なのに6番で落ちてしまったので、そこからはもう、「ガンガン行くわよ!」に切り替わって、前半と全く違うスピードになってて自分でも笑った〜。

実はバー落下をしてしまったところは最後の最後までどうしようか悩んでいたところでした。

今回はアジラーじゃない方に向けて、ちょこっと解説を。
アジリティーの最大の魅力はもちろんかわいい我が子と息を合わせて走るところなんですが、ハマる理由として大きいのはハンドリングを考える頭脳戦の一面もあるからなんです。

今回迷った箇所。ざっくり書くとこんなコースでした。
5番から6番の犬の走行を考えるといま下りて来たDW(ドッグウォーク)に乗るのが自然なライン。
それをトンネルの方に向かわせるにはどうしたらいいのかを考えるのが一番の肝。
コース図
ライはタッチものは先端で止まって待っていてくれるという前提条件で、選択肢は4つ。

そのうち二つはライが6番ハードルからトンネルに向かう時に人間はトンネルの右側にいる作戦。
人間がこのポジションにいることで、犬はDWではないことを察知でき、さらに必ずしもトンネルの正面ではないシーソーに誘導するのがスムーズになります。
ここで別れるのが5番で画面の右を向いていた人間が左に方向転換する時のターンの仕方。
犬に背を向けて回る(エアプレイン)か犬の方向を向いて回る(フロント)にするか。
エアプアレインの方が人間の動きはスムーズだけれども、飛び終わった犬が人間のどちらに付くのか伝わりにくく膨らみやすい(大回りする)。
フロントはライの場合、私の動きを見てしまい、バー落下することが多い。
このどちらかと言われたら多少のリスクはあっても迷いなくフロントを選択。

選んだもののバー落下は怖い。
だったら、トンネルの左側に立ってるのはどうなのかしら?と考えます。
その方がDWは遠くにあるので間違えて乗りにくいし、着地地点にスペースができるので、バーを落とし難い。
でも今度はトンネルの先への誘導に難ありってことになっちゃいます。
こちらも先に進む2通りの方法があって、、
コース図
赤コースは人がトンネルの外側を走ります。
犬は人のいる方に寄って来る習性があるので、人間が出遅れてしまうと左側にあるスラロームに突っ込んでしまう危険増。といって、早めにスタートを切ると焦った犬がバーを落とす本末転倒な事態や、トンネルに入らない危険も。

青コースは犬をトンネルに入れた後、人間が左から右に移動する「送り出し」という方法。当然、犬が先にトンネルを出てしまうので完全にぶれぶれ走行になってしまいます。先に進めずうろうろした場合、拒絶というミスを取られる危険も。しかも、トンネルでの送り出しはチームライでは禁じ手。スムーズな走行の為にライは必ずママはトンネルに入った時にいた方向にいると信じて出て来るようにトレーニングしてます。結果的にそうなってしまったのならまだしも、はじめから禁じ手ありきで組み立てるのはちょっとあり得ないでしよ〜。

そんなことを、考えてどのリスクを取るか悩んで選択したのが、フロント作戦。
でも懸念した通り、バー落下。
こうなると、他の選択肢を選んでおけば良かった〜と悔やむ訳です。

後日、スクールの先生にビデオを見て頂きましたが、私の選択も動き方も悪いところはないとお墨付きをもらいました。
ライのミスなら仕方ないんだけどねぇ。。
この日のジャッジ先生、この前の大当たりDAYで唯一バー落下した時のジャッジ。しかも思い返せば、あの時もこの時もバー落下1だった!って次々出て来るんですよねぇ。
もう、私としてはこの先生がジャッジのときは何か魔物でもすんでるんじゃないか??って疑ってみちゃったりして。。

こんな感じのシーズン初め。
万歳!って結果にはならなかったけど、ここから上げて行きましょう!
スポンサーサイト

夏のお楽しみ

最近はアジのレッスンは月1ペースのニケ。
だけど必ずライのレッスンには付いていって、レッスン後に遊ぶのが楽しみみたいです。
レッスン中は車待機で、その後ライを車に戻しにいくと、ふがふが鼻息荒くアピールします。

夏の間の最大のお楽しみはこれ。
ちっちゃな桶ですが、、
DSC_3119.jpg

まず、フィールドに入るとこのプールを確認しに行きます。
そして数回ボール投げをしたあと、ぽっちゃ〜ん!

数年前、バリバリだった夏の練習で、、
スラロームの後、右側に旋回していくコースで、私はニケが付いて来ると信じて振り返らずに右にダッシュしたのですが、来ない!
「ん?」って思って振り返ったらスラロームの正面にあったこのプールに浸かって、すご〜く嬉しそうに必死に走る私を見つめていたこともあったっけ・・

本当にあついとこの水でも伏せします。
DSC_3120.jpg

砂のフィールドを走り回って、水に浸かって、さらにまた走るので、お顔が砂だらけ。
DSC_3121.jpg

そして当然、プールも砂だらけなのでありました。
DSC_0551.jpg

夏の宿題・アジ写真編

先シーズン終わりに、OFF中にアップしま〜すって言ったHiroさんのアジ写真。
なんだかんだのびのびになっていたうちに、気付けば来週から新しいシーズンが始まります。
そんな訳でちょっと慌ててライの写真を一気にどうぞ!

2月の大会から。
アジ

かおなし??
アジ

タッチでべろんちよ
アジ

このピタッとついて来てくれるところが本当に愛おしい
アジ

頑張ったご褒美はママとちゅ〜ってすること
アジ


こちらは6月の大会。
アジ

多分トンネルに誘導中
アジ

2月と比べて写真が明るい!
アジ

薄い角度は得意です
アジ

タッチも得意だよ
アジ

かわいいお尻!
アジ


進め〜
アジ

ウォークだよ!
アジ

脚、踏み外してますよっ!
よく見ると右後脚だけがついてる状態。
アジ

あと1基
アジ

グランドアジリティーチャンピオンまであと8ポイント。
今年中に取れるといいなぁ。

生き生き走ってる!

アジリティ雑誌を発行しているJAMさんから本部のお写真を頂きました。
ニケもライも生き生きした顔して走ってます。

まずはニケ。
この距離でも黒いに毛の生き生きした表情がばっちり!
アジ

スルー!
アジ

進め〜
アジ

シーソー!
アジ

飛んでるとこ1
アジ

と、そのコンマ何秒後。
アジ

これで引退しようかと思っていたけど、もう少し楽しんでみようか。

そしてライ。
団体戦のJPの山場、がっちり塞いだトンネルの出口の写真です。

こっちだよ〜
アジ

おいおい、トンネル狙ってる!?
アジ

あっちだよ〜
アジ

ここからくるりと回転していくのですが、よくこの踏切からまわれるなぁと感心。
アジ

頑張ってくれてありがとう!

JAMさん、素敵な写真をありがとうございました。

写真を言えば、スクールのお友達のひろちゃんが撮ってくれるのだけれど、枚数が多い上に素敵な写真が多くて選ぶのが難航。オフシーズンにゆっくり整理してご紹介します!

究極の選択?

昨日、アジリティの世界大会への選考会があって、その話題で持ち切りなのですが、我が家のブログではまだ本部の話の続きです。今日はライの個人戦のお話。

この日の2頭出しはライが1番出走のゼッケン218で、ニケが後ろから3番目。
2回検分をするので、2回目の検分が終わった直後の1番手は無理!
よく判っている主催者だと、10番手くらいにしてくれることも多いのだけれど。。。

順番を変えてもらうにはスチュワートに申告をしなければならないのだけれど、朝のスチュワートのお仕事はコース設営から要員への説明まであって、まぁ、捕まらない。
やっとこさ申告をして、直前に割り込む形になる230番さんにもご挨拶してから、検分をしていたら、、、
2回目の検分が終わって退場する時に
「ゼッケンナンバー218番から番号の早い方は至急スタート地点にお集まり下さい」
って、お〜い!
そのまま、放送席に乗り込んで事情説明。
「スチュワートの先生とこういう風にお話がついてます」
と言ったら、一緒に話を聞いていた大先生の顔がムッと。。
直後、反対側のリンクのお仕事をしていたスチュワートが
「すみません!私です!」
と平謝り。
うしろからジャッジ先生が
「もめてるね〜」
とちゃちゃをいれるし〜。

この時はニケはもう引退するつもりでいたので、「こんなバタバタももう最後なんだなぁ」とちょっとしんみりしましたが、、

で、JP2

バー落下したのは、このところ、ず〜っと同じパターン。
向こう側から飛んで来るライの先に私が位置している時。邪魔なんだろうなぁ。。。

そして一番の見所は落としたバーを直そうとしている要員さん。
ライがトンネルに入った時にジャッジから「早く!」とせかされる彼女。
必死に戻る姿がなんともかわいい。

そのバタバタのおかげなのか、もたついたスラ入りは拒絶を取られず、1ミスでゴール。
奇跡的に10席のレアロゼッタを頂きました。


そしてAG2
出来れば、ここで10ポイント取っておきたいところ。

バー落下させたくなくて大回りさせたらシーソーに向かおうとしてちょっと焦りましたが、後はプラン通りに走れました。
苦手なオーバーエアも今回は綺麗に決まって、これは(もはや隠されてない)裏テーマの7席いけるかも!
と、期待したら、なんと2席。
もちろん、嬉しいです。
嬉しいけど、チャンスだったのになぁ。。
なんとなく諦めきれなくてたらればのシュミレーションをいろいろやったけど、どれもヒットせず。
そしたらのりさんが言った。
「じゃあ、AG2でライがバー落下1だったらどうなのよ?」
成績表を見ながら私が
「う〜ん、そうすると8席だわ。届かない」
と答えると、一緒にいたそてつママが
「違うよ、2席のライがいなくなるからひとつずつ繰り上がるでしょ」
「うわ〜、そうか!そしたら7席で念願のピンクリボンだったんだぁ」
叫ぶ私に迫るのりさん
「10ポイントとピンクリボン、さあ、どっち!?」
う〜ん、私にとっては究極の選択である。。
数分悩んだ結果、やっとの思いでだした答え
「とりあえず、今回は10ポイント貰っとく〜」
(注:仮定の話を延々悩んでいるだけで、当然、選べません!)

ココ&そてつ家は今回の団体戦の2席で10色コンプリート!
お友達のシェルティ君も8席ゲットで今回でコンプリート!
もう、羨ましくて仕方がない私なのでした。。
次のページ>

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター