FC2ブログ

All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

そんな1年

今年も東北のアジ大会に遠征してきました。

最初の遠征は仙台の最後の大会。2度3戦目で2回CRして一気にリーチをかけたニケ。ライは1度のオーラスで投光器が煌々と照らし出されて、スタッフが「さあ、片付けるぞ!」ってスタンバイしてる中でコース忘れて立ち尽くした私。でも、JPは5席で表彰式に出た為、帰宅が深夜だった。
次は山形で3度デビューのライは今度は第1走者。JPはU人先生の仕掛けたトラップ全てにはまり、してやったりと高笑いする先生に配慮したのか、標準時間を大きく超えても何も言われず最後まで走ったっけ。さらにAGは「ライの子供を1頭もらいたい」と仰ってくれたジャッジ先生の前で1・2・ドボン!
次の福島は地元のテレビに走ってる姿が放送されたっけ。(この時は2番走者)

が、去年は大雨で走りもどん底で、何一つ良いことが無かった。
そんな中で唯一来て良かったと思えたのが、お婿さんを探しているお嬢さんと知り合えたこと。
その頃には色々行き詰まってモヤモヤしていた我が家にちょっと光が射した気持ちがしたものです。

結局、このご縁は無かったのですが、、、、
その細い光は、やがてゼロスの誕生という大きな希望の光になりました。
それに合わせて、目標だったグランドアジリティチャンピオンの称号も取れて、変な緊張感からも解放されて、本当にアジリティが楽しいです。

1日目のJP


AG


どちらもバー落下1。
去年の私ならCRで無かったことにがっかりして、失格と同じと考えている走りですが、「できることをのびのび表現しよう」って思いで走った今年はとても満足です。

私にとってはとても大きな変化があった、そんな1年でした。

翌日、パパとゼロはニケと一緒に県内の救助犬の訓練施設にお勉強に行ってしまい、残されたライは分離不安みたいな情けない顔してました。一緒に行ってたあぐり母さんが「ライちゃん、甘えんぼやね〜」って笑ってました。
私と言えば、またもや東北ブロックの洗礼を受けて170頭近くの最後から2番目だった為、完全に集中力が切れてしまってこの日は2失格。あぐりかあさんに「父さんがいないとだめなのは母さんの方か!」って笑われました。

そしてこの日の帰り。。。
ライとは赤い糸で繋がっていなかったお嬢さんもその後良縁に恵まれて生まれたパピーに会うことが出来ました。
うちもお嬢さんのお宅も良かった、本当に良かった!

そして、この日、もう一つ嬉しかったこと。ゼロのお里の所長先生が声を掛けてくださって、「子供たち、性能がいいね。父親が良いんだね」って。
去年の今頃には想像もできなかったことです。
そんな1年。

今回のおまけ。
土曜日の夜、郷土料理の居酒屋さんで食べた饅頭の天ぷら。
食べ物
のりさんは「責任食いだからな!」って言ったけど、美味かったよ〜。
大人だから「どうぞ!って言ったけど、一人でペロッと食べられます。
同じものを注文したそてつママも同意見でした。
チャンスがありましたら、ぜひ!
スポンサーサイト

再走どうする?

長岡のライのお話。
ライはスティープルチェイス というJKCにはない競技とAGに出陳。

通常の競技は単純にいうと「45秒でノーミスで走ったニケ」と「40秒でスラロームのエントリーを失敗(拒絶)をしたライ」だとニケの方が上位になりますが、スティープルチェイス は拒絶はカウントされないのでライは純粋に「40秒で走った」ことになり、ライが上位。これがバーを落としたのだと5秒加算されるので「45秒で同位」ということになります。(多分、細かい順位づけのルールがあるのかな。)
そして、もう一つ特徴的なルールはこの競技がそのままUSDAAワールドチャンピオンシップの日本代表選考会の一次予選となること。一次予選通過基準は、上位3頭の平均タイムx1.25となっているので、上位のモンスターボーダーの出来如何で、通過者が3頭ってこともあるし、ほとんどがOKってこともある博打みたいなゲームです。

この日のライの目標は予選突破すること。
9組中、最後の出走。ここまで大荒れでバタバタバー落下をするチームは多数。
できればノーミスで行きたいところ。
(スーパーがAG3になってますが、STPです)

う〜ん、バー落下2ね〜。
これなら予選突破はできるんじゃないかな。
と思って、引き上げようとしたら、前に走ったチームがコントロールテントに集まってる!
ん??何事??

そしたら、見ていた前のクラスの人が「バーの高さが違ったからやり直しらしいよ」と教えてくれました。

マジか!?

まだゼーゼー言いながら私もテントに寄って、改めて説明を受けたところ。。。。
ライが落とした2本目のダブルバーの間隔が規定より広かったそう。
走り直しを希望するチームはもう一度走れるけれど、前より成績が悪くても2回目の成績が採用される。
そのまま1走だけにして、この記録を残すのもOK.

さあ、悩みどころ。

他のチームで2走目を回避したのはノーミスで走ったシェパードちゃんだけ。
当然2走目は慣れている分、成績が上がりやすいはず。ってことは予選ラインも上がるってこと。
う〜ん。
でもスタッフさんが「ライ君、どうします?」って聞かれて反射的に「やります」って答えちゃった。
さっき落としたバー、トンネルの前で走りすぎたって気持ちがあったので、今度はゆっくりハンドリングすることを心掛けて。。

なのに〜。結局、同じところと、もう一つ。
さっきと同じ2本のバー落下。
あそこ、なんだったんだろうなぁ。
でも、タイムはちょっと早くなってたので、やり直し成功ってところかな。

結果、ライは3席。2席までだった表彰台には上れなかったものの、タイムを操作する方の3席に入れたことで、無事予選突破。


波に乗りたいAG3。こちらの目標はCRしてセミファイナル権を取ること。

最後、脚が反対に向いて危ないところがありましたが、なんとかCR!
ご褒美に表彰台に上げらせてもらいました。
オプ 表彰台

ニケはしっかりポイントを重ねること。
ライは一次予選通過とセミファイナル権を取ること。
目標をクリアして、どちらも表彰台に上がって、上々のスタートになりました。

長岡まで行って良かったな。

残存者利益??

ざんぞんしゃ‐りえき【残存者利益】
過当競争や収縮傾向にある市場において、競争相手が撤退したあと、生き残った企業のみが市場を独占することで得られる利益。   大辞泉

9月。
長野、福島に続いて、新潟の長岡まで長旅してきました。
オプデスの大会でこの日が我が家のシーズン開幕戦になりました。
今年いっぱいで公式戦のアジを引退する予定のニケ。
できればランキング3位までが貰える盾を記念にもらって花道にしたい。
この日の目標はちょっとでもポイントを上乗せすること。

実は長野でのキャンプで爪を痛めてしまい(どうもロープに引っ掛けたらしいです)、アジ練どころか走ることもセーブして、回復に努めてきました。
だから、どの程度走れるのかも、アジリティに対する感覚みたいなものとかが戻っているのかも分からないまま、ちょっとでもビッコを引くようなら即やめようと決意して、負担にならないように立ったままスタート。


折り返しでちょっと脚がばたつくところがありましたが、幸先よくCR。
1席を頂きました。

この日の長岡はちょっと暑くて、クレートより地面が冷たくて良かったらしい。
いつの間にかこんなことに。
アジ タープ

アジ タープ
お尻、はみ出てますよ。

2走目になるAGはライと被ってしまったので、自分の順番に走れず、そのリングの一番最後の出走になりました。
もう、すっかりダレダレでやる気のないニケ。


まさかの、4番拒絶。
なんとか跳ばしたらそのあとは波に乗って来たのでやれやれと思ったら、スラの前でパパを見つけてフラ〜っとな。
何としても生還してポイントを稼ぎたい私はもう必死。
まさに這々の態でゴールした時は「は〜、ホッとした〜」
とりあえずは、最低目標達成。

ニケを労いながらタープに戻ろうとした途中、
「只今、 AG3を走り終わりましたニケちゃん、表彰台までお越しください」
とアナウンスが。。
ん?
あの走りではとても1席って訳にはいかないだろうし、万が一1席だったとしても、AGの表彰は全カテゴリーまとめての筈なので、なんでこのタイミングで呼ばれるんだ??
なんかドラブルがあったかなぁ?と思いながら(実はライの時にあったのですが、その話は次回)、放送席まで行ってみたら
「ニケちゃん、ベストジャンピング賞です!」

ベストジャンピング賞はJP31席のペア(この日は10ペア)の中から選ばれる賞。
なんで唐突に今ごろ??って思いながらも、不安を抱えながら走った1走を認めてもらえたことが嬉しくて「やった〜」
アジ 表彰台

春にベストアジリティ賞をいただいたので2本揃いました!
表彰

この日はライも目標達成したんので、良い心地で関越道戻ってくる途中、ハッと思い至りました。
普通、ベストジャンピング賞はジャンピングの表彰の時に発表されるもの。
なのに、この日は発表されてなかったらしい。
推測ですが、多分、忘れていたんじゃないかと。。。
で、最後のAG3の表彰段階になって「あ〜!」ってなったところに、たまたまニケが走ってて、「そういえば、ニケちゃん、JPで1席でしたよね。」「じゃあ、決定!」みたいなことだったんじゃないかなぁ。

みんなが帰り支度を始めて、タープが半分くらい撤収している状態で、残っていたニケの一種の「残存者利益」だったのかもなぁ。



最後はサボった!

お友達が久しぶりにアジのレッスンを撮ってくれました。

いつもアップする大会の様子とはちょっと違ってこれはこれで面白いと思うので、ノーカットでアップします!
本当なら字幕をつけてアップしたかったけど、使ってたYouTubeの字幕機能が無くなってた〜。
新しいのを勉強するのも時間がかかりそうなので、とりあえすど〜ぞ!



スタートから12秒後、バー落下。
大会ではそのまま進まなくてはいけませんが、練習ではライはバー落下させたときは戻って、指摘してます。
「落とさないように気をつけて飛ぶ」って意識づけのためです。

なのでこんな場面は・・
アジ ライ
完全に進路妨害なので、たとえ練習でも指摘はしません。
が、これがどっちが悪いのか判断するのはなかなか難しい〜。

バーを戻して、一つ前からやり直してドッグウォークの先端までが50秒。
折り返してハードルを3つ飛んでトンネルに入れるコース。
確実にライを掴まえて、トンネルにぐいっと押し込まなければならないのですが。。
2時間のレッスンの最後の走り。しかも暑い日でいつもよりバテバテ。
1回目は3番目を飛ばした後自分が半回転するのが精一杯でトンネル方向への最後の1歩が出ない。
2回目はバー落下したので指摘するべきか??なんて思っててこれまた押し込めず。
・・・いや、そう自分に言い訳したけど、もうよろよろで最後の一歩が踏み込めない!
2回同じ失敗をしたのでそこだけ動きを確認。
そしてはっきり「足が思うように動かない!」って気がついたので足踏みしてみた。
そして3回目。
2回目の時は指摘するべきか、、って思ったけど、もうヨレヨレだったので「バーを落としても戻らない!」って確信犯でトンネルに押し込むことだけに専念。

トンネルの後、そもそもヨレヨレなのに押し込んだ分次に向かうタイミングも遅くなり完全に後追い状態。
最後はハードル1本とんでAフレームの奥のトンネルから入るところだけど、
「やり直したくないから、お願いい、行って〜!!」
と言う、ハンドリングじゃなくて祈りでなんとかしたハンドラーなのでした。

ニケライがシニアになって、、、って色々考えることが多かったけど、自分のことも考えなきゃいかん!と改めて思った次第です。

最後にさっき出した写真と同じ時に撮っていただいたかっこいいやつも載せときま〜す。
お口直しにどうぞ!
アジ

アジ

アジ

羽を掴む

パピー達が大騒ぎだったアジ大会。

ライは3度に、ニケはシニアにエントリーしました。

7月に10歳になるニケ。今年いっぱいはオプデスで走りたいと思っているけれど、毎回、「これが最後かもしれない」と思いながらスタートラインに立ちます。
でも、この日のシニアはラージでもほとんどが2桁年齢。
9歳のニケはまだまだ、資格がないくらい。
なので、当然、ハンドラーも全員が熟練ハンドラーなわけで、、
「シニアなのに距離が長い」「コースが難しい」「全員楽しくCRさせて!」「そもそも、なんでこんな暑い時間帯にやるんだ!?」等々、賑やかで楽しいリンクサイドでした。




私はニケをよく見て励ましながら導けたし、ニケはよく応えて走ってくれました。
人馬一体ならぬ、人犬一体の満足の1走となりました。
先週のオプデスの2走もそうだったけど、ずっと追い求めていたダンスを踊るような一体感。
掴んだかと思ったらすぐにふわふわ飛び去ってしまう羽のようなものだと思ったけど、なんだか掴めたような気持ちになりました。

おそらくJKC最後になるであろう表彰台に乗せてもらいました。。
JKC 表彰台

そして、ライ。
JP3はトンネルに入れるところを寄ってきてしまい拒絶1。


AG3はバー落下2


どちらも流れは悪くなかったのに、ポロリと取りこぼしてししまう。。
ライももう8歳。
最初に練習したのは8ヶ月くらいの時だったかな。
そろそろ積み上げてきた長い年月を体現しないとライに申し訳ない、と気持ちが焦ります。
この冬のオリンピックのNHKのテーマ曲の一節
「ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと君は泣いた」
が胸に沁みます。

いつか、願わくばバリバリの現役のうちに、ライの羽も掴めますように。
次のページ>

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター