FC2ブログ

All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

モデルのお仕事 お靴編

10月の終わりにとある撮影スタジオにお邪魔して来ました。

以前、モデルをやらせていただいたdocdogさんの新しい記事のモデルさんに呼んでいただいたのです。
(このリンク先のトップの写真の両端がニケライです)

今回は「愛犬の毛色に似合う靴・靴下の選び方を知ろう!」がテーマで、黄色の子のコーディネートのモデルに。
スタイリストさんが選んでくれたグッズでバッチリ決めた姿がこのページの真ん中です。

実際にはこんな感じのスクリーンの前での撮影です。
撮影

立ったり、座ったり、伏せてみたり、いろんなポーズをして何十枚と撮った中から、選ばれた1枚です。

そして、1パターン別の写真を撮った後、、、、
今回は黄色の子のコーディネートだった為、本当は出番のなかったニケですが、いつも声を掛けてくださるライターさんや皆さんのご好意でニケバージョンもいくつか撮影してもらえました。

そして、なんと、それが記事のトップになっていて、嬉しかった〜。
2ショットのトップとライのもう1パターンがこちら

さらに、今回はさらにご厚意に甘えたことが、、
前回、撮影の様子を写真に撮れなくて、ちょっと残念だった私。
撮影後に写真を撮りたいとお願いしたら、カメラマンさんが
「だったらちょっとそれっぽくしてみましょうか」
って機材を並べてくれました。

撮影

「見る人が見たら、ちゃんと撮影して無いってバレちゃうね」って笑いながら、撮影してるポーズまでしてくれました。
撮影

白いスクリーンの反対側はこんな感じスタジオです。
普通のマンションの一角がスタジオになっていて、毎回、こんなところにあるんだ!ってびっくりします。
撮影

打ち合わせの時は基本フリーにしてもらっているので、コーディネーターさんに甘えに行くライ。
そして、時々戻って来ては私に飛びつくのですが、、
見ていただいた通り、床がフローリングで少し滑っていたのです。
ところが撮影の時に「マッドモンスターズ」を履かせてもらったら、まぁ、ジャンプにキレがある事!
ちゃんとグリップが効いているんだなぁと実感しました。

お高いけど、、
やっぱり欲しいなぁ。

スポンサーサイト

2on 2offの極み

のっけから汚い写真で申し訳ありませんが、、
2on 2offとは、アジの用語で前脚が地面に後肢がタッチ機材に乗った状態のことを言います。
アジ
アジでは必ず赤い部分を踏まないといけないのでそれを徹底する為にニケライはこの2on 2offの状態で止まって待たせるトレーニングをしてきました。

そのトレーニングの成果か??

先月松田町の七つ星ドッグランに遊びに行った時の事。
アイコン用に綺麗に並んだ写真が撮りたくて、ミニウォークに段々になっているとこを狙ったのですが、、

まず、ライを座らす
アジ 姉弟

ニケ、ウォークだよ〜
アジ 姉弟

なんたって先端まで行かねばならないと教えられているので「ライ、邪魔なんだけど〜」と困るにニケ。
アジ 姉弟

「ね〜ね〜」「なんだよぉ」
アジ 姉弟

ママの「ニケちゃん、そこで座って」で収まったニケ。
アジ 姉弟

お次はニケが下。
アジ 姉弟

先端まで行けなくて困るライ。
アジ 姉弟

困った、行けない。
アジ 姉弟

なんとかスペースをみつけてグイグイ行くライ。
アジ 姉弟

最後はなんとか2on 2offできて笑顔のライ。
アジ 姉弟

こんなところでも、教え込んだことが出るんだなぁってなんだかちょっと嬉しかったママでした。

金色考

1月のオプデスの競技会の話に戻りますが。。。
ダブル1席を取ったのは初めてのことだったので、表彰台で金メダルを二つ首に掛けて写真を撮りたい!
そんな密かな野望(?)があったのですが、ニケはその日の全カテゴリーの最終走者。
走る前からスタッフは撤収モード。
表彰台もさっと片付けられてしまい。。。

ちょっと残念だったので、ひな祭りコスプレのついでにちょっと撮影してみました。
オプデス メダル 表彰
たまたま、菜の花が綺麗に咲いていた花壇が1番区画でした。
これは私の取った写真。
シュッとしてるけど、笑顔のニケ。
当然、お気に入りです。

そして、トレーニングの先生が撮って下さったニケ。
オプデス メダル 表彰
先生はこれがかわいいとおっしゃる。
クールなイメージのニケがでへへ顔をするのがかわいいんだって。

完全にカメラマンの好みの差が出た2枚です。

が!
私には別にどうしても気になることが、、、
確かにゴールドのバリエーションなんだろうけど、、
このメダルの色、ほとんどブロンズじゃん!
確か、以前にもらったときは、もっと黄色だったような・・・・

で、並べて見ました。
オプデス メダル 表彰
上の両端が今回の金。真ん中が以前撮った銅。
下二つが数年前の金です。
光の加減もあるけど、やっぱり、金ぴかの金だったよねぇ。

今回たまたまこの色だったのか、どこかで路線変更してたか、次にもらった時にわかるかもしれないけど、はてさて、いつになることやら。


2人旅が始まる

5月13日。
かねてから闘病中だった実家の母が亡くなりました。

お悔やみに来て下さった初めてお会いする母のお友達の何人かが
「ワンちゃんを飼っているのはあなたね。お母様からよくきいていたのよ」って。
中には「ワンちゃんが、亡くなった時のことも聞いているわよ」って方も。
もちろん、ニケもライもかわいがってもらったけど、やはりアテナとばぁばは本当に仲良しだったもんね。

実家に連れて行くと、お料理を始めたバーバーの横でおすわりするアテナ。
野菜くずをもらってたっけ。。
20070131214132.jpg
調子にのって、三角コーナーの中身をひっくり返したり、油の入ったフライパンをなめ回した事もあったり。
怒って、「つないどく!」という私に「いいよ、いいよ。好きに遊びなさい」って言ってくれた母。

せっかくのお昼寝タイムなのに、孫に邪魔される。
DSC01154_1.jpg

どんなにたくさんの人がいても、アテナはばぁばの近く。
DSC01140.jpg

庭で遊んでいる時にばぁばがやって来て、大喜び。
DSC02060.jpg

「ばぁば、いらっしゃい!」
DSC02062.jpg

実家に行ったときはもとより、うちに来てくれるときも山盛りの野菜がお土産だったね。
DSC02067.jpg

うちに来ると、お昼食べたあとは読書かお昼寝するのがいつものパターン。
もちろんアテナは添い寝です。
DSC02072.jpg


そして、夕方は一緒にお散歩。
暑い日は水遊びをするのにもつき合ってくれたばぁば。
DSC02078.jpg

「ばぁば、ちゅき〜」
誕生会

アテナが亡くなった時、ショックで何も出来なかった私を心配してずっと近くにいてくれた母。

アテナも綺麗な骨だったけど、母も「熱源に近い頭蓋骨がこんなに綺麗に残ってるのは珍しい」と言われました。
そんな所まで似ているのね。
きっと、虹の橋にいるアテナはそろそろばぁばを見つけて、大喜びで駆け寄っているに違いない。
いや、最期の時には既に枕元にいて、一緒に歩き出すのを待っていたかもしれない。
うん、いいよ。ママのことは待ってなくて良いよ。
大好きなばぁばを守ってあげて。

健脚同士の2人旅。
どこまで歩いて行くのやら。

少し形になって来た

ライのアジの話。
JKCの大会ではAGを3回CRすると上のクラスに上がれます。
確か、2歳ちょい前にデビューして、12回かかってやっとこさ2度に上がったのは「2歳で2度」の目標に1ヶ月半遅れた時。次の大会、ハンドラーがコースを忘れなければ1席だった(実際3席)成績で2度デビュー。が、後に先生に「あの時の走りを見たらすぐにあがるかと思ったのに・・」と言われたくらい失格を続け、これまた「3歳で3度」の目標に2週間足りず、でも他の2戦もロゼッタもらって3度に上がり、、

これまた2戦目くらいでCR3席だったけど、その後は1回CRしただけで失格の山。
ニケと同じように丁寧に。。じゃ追いつかない。
かといって焦って先に行く事を考えてばかりいるとハンドリングがいいかげんになっちゃう。
一般的なラブの走りとも違う、かといって決してボーダーと同じではない「Lailaps Way」を模索する日々。
夏の練習でつかめて来たなぁって思ったのに、秋の大会はこれまた失格ばかり。

練習で出来る事を本番できっちり出すって本当に難しい。

でも、日曜日の神奈川訓練士会の大会で「失敗1」を付けてしまったものの、ようやく自分が理想としているものに近い走りができました。

タイムも38.52秒。満足の数字です。

それじゃ、何を理想としているかというと、
1,ちゃんとコースを読んで無理のないハンドリングを考える
2.それをプラン通りに実行する
3.ライが(ニケもそうだけど)全く無駄のない大回りしないラインで走る
ことです。
あ、あと、コース忘れない事(爆)

今回
1.についてはこんな所を考えました。

Aフレームからシーソーの手前のトンネルのところです。
ルール上、赤と青の線のどちらを通ってもいいのです。
赤だと犬がウイングを回って来たとき真っ正面に次のハードルがあって一見良さそうに見えます。
でもその先まっすぐにトンネルの出口が「いらっしゃいませ〜」状態。
一方青はウイングを回って来た時にちょこんと押してあげればそのまままっすぐ入り口に向かえます。
と、すれば青コース選択で〜。(あくまで、私とライペアを考えたときの話です)
こんなことをコース全部について考えます。
今回は「どっちを選んで良いのか分からない〜」がなかった!

2.も「ライがこの場所に来た時には自分はこの場所にいる」と予定していたところに位置取りできました。
特にタッチ障害やスラロームみたいに「ライが勝手に進んでくれるところ」で稼げたところ。

3.はライちゃん、頑張りました。
我が子ながらほれぼれするなぁと思ったのはこの部分。

3番(この動画で最初に跳んだハードル)を飛んでる最中に私はもう次へ向かって走り出してるわけですが、焦らず跳んで着地した次の足でもうわたしの後を追いかけてくれています。(足の早い子は勢いが付くのでオーバーランになりやすい)4番も5番も右端を跳んで、5番の後も着地した足でもう6番に方向転換し、6番も右のウイングすれすれを跳んでくれています。

こういうのを見ると、このライの能力を生かして上げられない自分が不甲斐ない訳ですが、、
でも、絶対に「これぞ、Lailaps Way」と言える走りをしてやる!
何度打ちのめされてもやっぱり、その夢はまだまだ諦めるつもりはない私です。
次のページ>

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター