FC2ブログ

All for WAN

じんわりおかしい黄ラブのアテナ(05年3月31日~09年1月26日)、その跡を継いだ黒ラブニケ(08年7月1日生まれ)と末っ子長男ライラプス(10年4月30日生まれ)  その息子ゼロス(18年1月28日生まれ)の日記

ねぇちゃんズのペンダント

今日、夕飯の時のこと。
いつもなら念入りに食卓のチェックをしているゼロスが突然振り返って盛んに壁の上の方を見上げてクンクン。
尻尾を振ってるから、誰か楽しい事らしい。
もしかして、ニケが来てるのかな?それともアテナかな?二人で連れ立って来てたのかな?

そうね。いつか書きたいと思ってたペンダントの話をしようかな。

我が家にはいまだに二人がいます。
左がアテナ。右がニケ。
ペンダント 祭壇
二人、同じところでお葬式をしました。
アテナの時に一番可愛かった赤いカバー(?)を選びました。
それから10年経って、斎場に行く時にぽつりと「何色のカバーにしようかな」って言ったら、「黄色でしょ」と即答したのはRUNママ。理由はニケはお里では黄色リボンをつけていたから。
ニケ
もちろん異論などあるはずもなく、アテナと色違いにしようと思っていたら、10年の間に仕様変更があったようで、右のような白地に色の刺繍のものしか無くなってました。

そして、ふたりともペンダントをかけてます。
アテナのがこちら。
ペンダント アテナ
天使にも見える四つ葉のクローバーのペンダント。
お友達が作ってくれたもので、石には意味があったんだけど、、、
忘れた。。。

そしてニケのはこちら。
ペンダント ニケ
これはRUNママから貰った、、というか気分的には長期に渡ってお借りしているもの。
これ、ざっくり言うと病気の緩和に効果があるというペンダント。
病気のこまちのためにRUNママが購入したものなんだけど、これが届いたのが、こまちの亡くなった日。
そして、ニケが病気になったと聞いて、わざわざ届けに来てくれたんだけど、それがニケがこまちと同じ病気だと分かった日。
以来、亡くなる日までずっとニケが身に付けていました。
亡くなった時にお返ししようとしたのですが、「アテナちゃんのと同じようにつけてあげて」って言ってもらって今日に至ります。

このペンダントを見るたびに愛されていた娘たちを誇らしく思うのです。

スポンサーサイト



一枚足りない。。。

ずらっと並べた血統書。
血統書
みんなライのです。

1枚1枚、どこが違うねん!?って位一項目ずつ書き換えること8回。
以下、なんの書き換えだったか覚書。

1)所有者をブリーダーさんから私に書き換え
2)CD2合格・DNA登録
3)トレーニングチャンピオン登録
4)アジリティチャンピオン登録
5)マイクロチップ登録
6)グランドトレーニングチャンピオン登録
7)グランドアジリティチャンピオン登録
8)所有者を私からのりさんに書き換え

それぞれ書き換えの料金とか送料、、、さらにタイトルを取得するまでレッスンとか大会参加費にいくらかかったのかを考えると気が遠くなりそうですが、ひとつひとつが大事な思い出です。

1)正式に我が家の子となる所有者書き換えに身が引き締まったなぁ。
2)横須賀で受験したっけ。DNAは綿棒でほっぺたの内側を拭って、、、
3)ハラハラしたっけ。そして20ポイントで良いところ無駄に27ポイント取ったんだよねぇ。
4)これまたハラハラのCRだったなぁ。
5)何かのイベントで無郎で入れてもらったんだった。それでその番号を念のためカルテに貼って貰おうと思って獣医さんに持っていって行ったら、「ちょうど、うちでも始めたところだったのに〜」って言われたっけ。
6)ソテツと一緒にタイトルを取れて嬉しかったなぁ。
7)この頃、ゼロスはママのお腹の中。父としてしてあげられるのはタイトルを取ることかなぁと。獲得した肩書きはゼロスの血統書にも載っています。
8)7回で終わりと思っていた書き換え。まさかのもう一回になりました。我が家は私がJKCの会員でライは私の所有犬でした。ところが、災害救助犬では実際に出動するかもしれないハンドラーが会員である必要があります。そこでのりさんが会員になって我が家は会員2人状態。それはもったいないので、所有者をのりさんにして、私は退会することになりました。

ところで、今回しみじみ見ていたら、最初の1枚が足りません。
所有者がブリーダーさんのやつ。
裏面に新旧の所有者がサインをるるようになているので、そこも含めてちゃんとコピーを取った覚えはあるんですが、、、
無くなったって何にも困ることのないコビーですが、やっぱり揃えておきたい母なのでした。

息が合ってる?

11歳と2ヶ月半のライ。
今でもアジのレッスンに通ってます。
今年の初めはラージのレギュラーな高さの60センチで練習してました。
でも、そうすると2時間のレッスンの後半で「俺、もう良いかなぁ〜」って顔をするようになって、50センチに下げてます。たかが10センチなんだけど、これが全然違うみたいで、実に楽しそうに走ってます。
去年、念願のピンクリボンを取ったのを花道にJKCは引退。オプデスのパフォーマンスクラスで今年いっぱいは頑張る予定です。(このご時世で大会がほとんどないけど。。。)
そのパフォーマンスクラス、ニケの時代は50センチでその頃は「もうちょっと低かったらもう少し走らせたいんだけどなぁ」と思っていたのに、50センチがちょうど良いライの時代には40センチに下がってました。
普段50センチで練習していて40センチに下げると、たかが10センチですけど、当然スピードが早くなるので「ライがこれを跳んでいる間に自分はここまで移動できてるはず」っていうイメージと違って来て結構苦戦します。
かと言って、50センチが楽しく跳べるうちに40センチに下げるのはまだまだ抵抗があって、、、

そんな中でミディアムで参加するスクールの練習会はとても良い勉強になります。
これは3月の練習会のAG2

実は「あ〜」と叫んでいるところで反対側からハードルを跳んで失格になっているのですが、この後、何人かから「ライちゃんと本当に息が合ってるね」って言ってもらえました。
これって一番嬉しい褒め言葉です。
10年一緒にやってきて良かったなぁ〜って。

そして、これが6月27日の練習会
最初はAG2

いきなり2番のバー落下がありました。バー落下は高さじゃなくてタイミングの問題なのね〜。って実感。
でもそれ以外は良しって評価を頂きました。

そしてJP2

元気に走ってCR!
私の声に反応してくれて、気持ちの良い1走でした。

今週の練習では私の指示がダメダメでだったのに、なぜかライが正しいコースを選択してくれて、なんとな〜くできちゃってました。練習としてはNGですがね。。ちょっと嬉しかったです。

爺さん、時々テンションが上がりすぎて、パッパラパ〜!って爆走しちゃうこともあります。
でも、それも嬉しかったりします。

カウントダウンに入って来てているライのとのアジコンビ。
なるべく長く楽しく走ろうね。

ゼロスの痩せてる理由

うちのゼロス。
パピーの頃はお里で「食事制限をした方がよいのか??」って議論にくらいコロコロでした。
ライパピー ゼロス

が、いつの間にか父ライラプスに似た痩せマッチョに。
いや、父より細い。
災害救助犬

よく「食べさせてもらってるの??」って言われるのが嫌でちょっと多めにフードをあげるとたちまちピー。
膵外分泌不全を疑って検査もしたけど、リパーゼの値が低いものの(ライもそうだった)オプション検査では問題なし。
そもそも、規定の量なら本当に良いウンチをするので、疑いは晴れました。

そんな時、ちょうどアニコムの腸内フローラの無料検査のお知らせが来たので、やってみることに。
そしたらその結果がこれ。
ゼロス 腸内フローラ
すご〜く納得。
お腹を整える菌0
痩せ菌43.44%
太らないわけだよ〜。

また、血液検査の結果を見た獣医の先生は
「脂っこいものはすぐ下痢するでしょ」
と。私が、
「あと、骨もダメです。リブとかあげてもすぐ緩くなっちゃう」
って言ったら、
「それはあばらの周りについてる肉の脂身のせいかも」
って。あ〜、確かにちょっとでも肉がついてた方がお得な気がしてわざわざ選んでた!

そして、ゼロス君、お腹に嬉しいレア菌が2種類いたのですが、、
ゼロス 腸内フローラ
和食を食べる日本人に多い菌と〜

ゼロス 腸内フローラ
この働きを持つのは日本人の腸内の菌株だけって菌。

確かによく草を食べようとしてるけど、リブより野菜の日本人だからか!??

アレルギー体質レベルは標準。
ゼロス 腸内フローラ

ライの頃から痩せていることについて「食べさせてもらってないの??」とか虐待してるんじゃないか?って言われるよううなこともあって、(誤解の無いように説明しますと、知り合いの方が心配して病気の疑いは無いかとか、食事のアドバイスをいただけるのはとてもありがたいです。そうじゃなくて、「ラブはデブ」って思い込んでるたまたまドッグランで一緒になった人とか、散歩ですれ違う人に言われることを言ってます)食事とか間違っているのかなぁと心配することもあったのですが、こんなコメントをもらいました。
ゼロス 腸内フローラ
愛情をたっぷり受け、ご飯や運動、睡眠、環境が適切な状態って。
なんかすごく嬉しかったです。

ライは今までやったことがなかったんだけど、やってみようと思います。

ところで、、、
ゼロちゃん、5月と比べて6月は体重が2キロ弱増えてました!
去年の秋位からフードを変えて、野菜酵素をふりかけで取るようになったおかげなのかな。
太ったというより、がちっとしてきた感じです。
獣医さんは
「大人の体型に整ってきたようですね」
って言ってくれましたが、次の瞬間、私が叫んじゃったのが
「あ〜!フィラリアの薬!」
我が家ではイベルメックを使っていて、Lサイズは21.6キロまで(だったはず)
買った時はこれで良かったのですが、今回、超えてしまったぁ!
そんなわけで、Lより500円も高いLLに交換してもらうはめになったのでした。。。

眠りニケ

7月1日はニケの13歳の誕生日でした。
小さかった頃は月末の方が忙しかった私の仕事は、最近は月初の方が忙しくて、お誕生会をやったらバタバタしたんだろうなあ。
残業が確定的で、雨なのもわかっていたし、何より誕生日の朝から花の香りに包まれたかったので、前日に花束を買って帰りました。
誕生日 花束 ニケ
風に煽られないようにしっかりと胸に抱えて歩いていると、まるで、パピーだったニケを抱いているような錯覚を覚えました。
黒い宝物を大事に抱いて帰ってきた日から今日まで、ニケはずっと近くにいる気がします。
この前は隣で寝ている夢を見ました。
夢だったら走るなり食べるなりすれば良いのに、ベッドでくっついて寝ている夢。
っていうか、夢じゃなかったのかも。

そう言えば、いつか載せようと思ったままになっていた眠るニケの写真を。
18年11月の写真です。

まだコロナなんて影もなかった頃の秋ヶ瀬でのオプデスの大会の一コマ。
ニケ 昼寝 オプデス

椅子をバリケードにしてワンズはタープの中をうろうろできるようにしたのですが、その椅子で昼寝を始めたニケ。
ニケ 昼寝 オプデス

秋の日差しが気持ちよさそう。
ニケ 昼寝 オプデス

右の上のベージュの布の上、トンボがとまりました。
ずいぶん長いことこうやってとまってました。一緒にお昼寝だったのかな。
ニケ 昼寝 オプデス

見ていた私は東照宮の眠り猫を思い浮かべてました。
穏やかな世の中で猫が眠り、スズメが遊べる。それの犬とトンボ版。
幸せな秋の日の午後でした。
次のページ>

カレンダー(月別)

07 ≪│2021/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アテナママ

Author:アテナママ
神奈川県在住の主婦。結婚して以来十数年、会社員の「のりさん」と静かな(?)インドア生活を送っていましたが、2005年5月にイエローラブラドールの女の子アテナが加わってから「すべては犬のために(All for WAN)」の生活を送っています。
現在はお星様になったアテナの他に、ニケとライラプスコンビが加わり、All for WAN度がますますアップ中!

お友達のブログ

FC2カウンター